2019年09月27日

南港シーサイドコスモ・おまいらの好きな太刀魚やで\(;^0^)/

1.JPG
これまで落とし込みの記事ばかりで興味ない人にはそっぽ向かれているに違いないと総体的に皆様の好みに擦り寄り、適宜それに合う釣行をこの先続けて逝きたいと思いますのでよろぴくぴく💕スリスリ(;^0^))))💕
9げつ26にちの釣行やで。
先週から首を寝違えた後PC見る為椅子に長い間座りこんだため、肩がこり、便所にばばたれようと歩き出すと今度は腰が固まったようで痛くなり、神経系統がやられていると妄想錯覚。日常から愛用しているロイヒつぼ骨貼るも一向に改善しない。おまけに連休だし診療所も休みなのでがまんするしかない。鏡で顔を見るとげんなりした「しどいね、これは」とタレ気味の眼が充血しとります。「しどいね、これわ人間の様相ではねいねこれわ」とうとう年貢の納め時が来たのかと死ぬ夢を見て、そのまま真っ逆さまに地獄へ落ちようと午前中にもかかわらず再度寝床へ。
roihi tubokou.JPG
15時あろうことか眼を開けて起きてしまった。起きてしまったという事は生きていると言うことだ。「これはいけませぬ」と再度クソ閻魔の待つ地獄へ逝くため眠ろうとするがいかんせん、寝すぎてドタマがずきずきするわ。やる事がないので仕方なくPCに向かってあれこれ波乗りしていると「ずきずきするのよね💋肩がさ」PC飽きたので再度便所へ。大腸が10せんちほどケツからでるほど気張っても血ぃも出ぬ始末、それもそのはず、さっきばばたれたばかりなのだ。ばばが微塵もタレないので仕方なく再度PCへ向かおうとするも腰が・腰が・・「ずきずきするのよね💋腰がさ」寝違え首がきんきん、ドタマずきずき、肩がこりこり、腰がみしみし、まるで神経痛のお祭るりぢゃぁ祭るりぢゃぁ\(^0^;)/
そんなこんなで何日か神経系統にうずきモンモンとしながらPCで釣り情報を見るとワイの大好きなタッチー情報が。主に泉南方面が釣れているが湾奥の南港でも廻ってきているらしいわ。しかも南港海釣り園でも今月早々から早朝に釣れていたとの事ぢゃ。南港海釣り園で釣れていると言ふ事はかもめ大橋など南港の各所で釣れていると言う事になる。以前から盛んのワインドではなくタッチーの浮き釣りフリークのワイにとって、これは見逃すにはいかない、と言う事でこの更新の前日に神経系統のイタミにあえぎながらシーサイドコスモに逝く事にしたわ。しかもチャリでね🎵カダラガタガタで地獄一歩手前やのにアホやでワイ。
👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠
朝起きると神経系統の腰の痛みがすこしだけ和らいでいた、あの強烈な痛みは一体何だったのか、タッチー襲来の喜びで痛みがちょっとだけ退散したのかさっぱりわからん、しかし首の傷みと肩の痛みは少し残っているが我慢すれば何とかチャリ漕げる状態ではある。平日とは言えシーサイドコスモにはタッチーフリークが大挙押し寄せていると思うので場所取り兼ねて15時から出発。久しぶりのタッチーなので16時から翌日未明までの釣行とした、しかし大正区から渡し船乗った15時の時点で強烈な爆風がワイのカダラ全体を襲った。海を見ると好天とは裏腹に風波がおもくそ立っている、帽子が飛ばされそうになるので紐で首を絞めるぐらいに〆た「これはあかんやろ」と思い一応対岸の住之江に渡った。実はここへ来るまでにキビナゴをスーパーで調達しょうとしたが先の台風で漁が出来ず入荷していなかった。だからTポートでキビナゴを調達するしかなかったのだ、とりあえずキビナゴを確保したがこの風では釣りにならんと思ったので出直そうと一旦帰る事にした。スーパーでキビナゴ調達を断念せざるを得なかった為代替のために何かないかと探していたらこう言う物を発見どうにかなるやろと思い購入したワ。一応人間の酔いどれ向けの定番エサなのだが硬いため喰いこみに問題が生じると思い現地で魔改造しなければいけないだろうと思た。
5.JPG
家を出る出直しの時間を未明2時としたが何故かと言えばとりあえず人の少ない時間帯だけで釣り座はどこでも空いているに違いないと思っただけで肝心の暴風に関しては止むに違いないと勝手に想像しただけである、止まなければ強行にやるしかないわさ。寝違えの首と肩こりの痛みは依然どうしょうもないが腰の方は相変らず少し和らいで来ているように感じた。AM2時出発、風のほうは日中よりましになっているようだが少し肌寒い、無料の渡し船の時間外のため螺旋上の構造した橋を自転車押して渡るのはもの凄くしんどかった、神経系統の痛みが飛ぶぐらいしんどかったわ。2:40分頃コスモに到着、風は強いものの時折微風になるので昼間より少しましだろうと思った。
対岸の夢洲。
7.JPG
人は思った通り少ないが浮き釣りの仕掛けを作っている最中にぽつぽつ増えて来ている感じがしたわ。セッティングが終わる3時頃には作業服の人もいるので出勤前に釣りをする人間が多くなってくるのが見えた、太刀魚はそれほど人気があるのだ、やっぱりこの時間に来て正解だったと確信した。一発目投入。塩が右から左に流れているし風が夢洲より若干コスモと平行に吹いているので塩の流れに乗せるためあっと言う間に左に流されるのでやりにくいことこのうえない、しかし何度かやっているうち状況に対応するスキルが付いたみたいで無問題(モーマンタイ)になった。そして最初のアタリはリズムに乗り始めた投入30分後位にきた。
流されてピタっと止まった瞬間、
滲みながら沈んで逝く電子浮き!この瞬間がたまらんわ。
a.JPG
いつものように浮き沈みを繰り返しながら喰いこみを待つが浮いてきたウキがむなしく流されていったわ💢仕掛け上げると下半分だけ喰いちぎられていた。見事に針が刺さっている部分だけを残すのでこいつらはわかっているんじゃないかといつも感心するわ(^^;)
6.JPG
何回かそんな感じのアタリが続きウキが水面上を素早く右往左往する挙動不審な動きを見せた、多分き奴(サバトン)だろうと合わせそこそこに強引に竿を上げるとやはりサイズ25せんのき奴だつたわ。時間を置いて同じようなアタリでもう一匹サイズ22せんぐらいのき奴を追加、世話になっている魚好きのご近所のおみやげで持ち帰る。
現地で釣り上げた写真撮っていなかったので持ち帰って撮った画像。
saba ton.JPG
アタリ、素バリを繰り返しているうちやっと本命を掛けた。あがってきたのはガタイF3のブツだわさ。
久しぶりのタッチーとのご対面でうでしいのなんのって。
1.JPG
それから時間を置いてF2.5せん、針を飲み込んでいたのでキープしてもた。
2.JPG
そろそろカダラがしんどくなってきて腰の痛みはほぼ消えていて首の痛みは少しだけ和らいでいたのだが(それでも普通より痛い)肩の痛みが変わらないので(この記事書いている最中も苦痛でありんす)次ぎのタッチーが釣れたら最後にしょうと思った。そして色もんカテに近い「干しうるめいわし」の出番でこの場にてカスタム化する事に。眼通しするサブ針は伊勢尼12号にしてその伊勢尼のふところに掛け針のトレブルフック(#何番かはわからん)を換置、ようするにワームの要領でカスタムしたのよん。
サブ針の伊勢尼12号を目から通し腹に刺す。ワイヤーハリスに付けている蛍光ゴムはタッチーが噛んだらワイヤーがぐちゃぐちゃになるので保護のために付けている。
10.JPG
こんな形
makaizou1.JPG
トレブルを腹より若干下にぶっ刺し完成
11.JPG
これで何回かアタリを掴むもバラシが頻発、やはりゴテゴテした仕掛け及びブツ自体のその硬さゆえ針を食い込むまでにいたらないと判断、食い込むのを待たないでウキが沈んだと同時に即合わせを強行、結果F2.5とF3の間のブツを掛けたわ(^_^)
3.JPG
しかしさすがタッチー、予想外の摩訶不思議極まる針がかりドス。トレブルフックがクチに掛からず、あろうことかおめめ付近にサブ針の伊勢尼がゴムカバーがずれてフックオンしとります。そして硬いうるめいわし本体が見当たらない、フッキングした勢いで外れてしまったのかどうかどうなってんのかさっぱりわかりまひんwまぁスレ掛かりだがこれはこれで掛けたのでよしとしたわさ。
4.JPG
6時頃とうとう体力が尽きた為釣りやんぴにしたわ。今回釣果的にたいした事ないが太刀シーズンしょっぱなと自身の神経系統ガタガタのカダラ及び強風の中での強行を考慮するとこんなもんでええんじゃないかと思うとりマスばってん、そう言う事で本日の久しぶりのタッチー釣行完了!!
12.JPG

これからも皆様の嗜好にネチネチと擦り寄り、色々な釣りカテに挑戦しょうと孤軍奮闘いたしますのでよろちくびお願い申し上げ早漏チュッ💋(神経痛によりまた気分によって更新サボるかも)
13.JPG
シーサイドコスモ

posted by マッK at 04:11| 大阪 ☀| Comment(4) | 太刀魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする