2008年07月26日

鳴尾浜周辺【動画あり】

鳴尾浜貯木場
naruo1.jpg

鳴尾新波止
naruosinbato9.jpg

鳴尾川河口
naruogawakakou1.jpg
うだるような今夏の凶器とも言える暑さは体内のポンコツラジエーターが疲弊しきり、頻繁に水分を要求する。車から降りようと灼熱の外界に右足を踏み出した瞬間からカダラのどこかに潜んでいたホームシック症候群が「チース♪(^o^)/」と悪びれなく高速速攻で現れ始めた。私も「久しぶり、どこにいたの?」とホームシック症候群に数十年来の友人のように語りかける始末。「帰ろっと」釣り場に着いてものの数秒と経っていない。この果てしない原油高騰の渦中に身をさらしておきながらエンゲル係数突き破って「帰ろっと」とは我ながら今更ながらどーしたものか。大阪からこの西宮にくる途中、なけなしの銭はたいて入れたガソリンは糞の役にも立たぬどころか我が身の財政を限界まで圧迫していると言うのに、いともたやすく「帰ろっと」と言う軽薄な言葉はどの憎たらしい口が吐いているのだろーか。経済観念など過酷な現場に立てば諸刃の何とかなのか。わしにまとまった銭を持たせれば持たせるほどろくな事はまずないと言う明石ぢゃ。
しかし、このままおめおめと「おめ、かえるのか?」と問われればさすがに「さすがにさすがに」という他ない。精神的にも体力的にも車内でクールダウンした身体は強烈にヒートアイランド化した車外に出、凶器とも言える容赦のない夏の陽射しを浴び、脆弱体質の私の身体をじわじわ弄ぶように蹂躙し始めた。「ほんま強姦やね」その容赦ない陽射しは「ほんま強姦やね」足元のコンクリも溶岩のように沸騰熱を発していた。安物のゴム製ビーサン底が溶けるようだ。まさに「ほんま強姦やね」数歩進むほどに10km進んだ錯覚におちいり汗が梅田のどこかで見た噴水の如く湯水の如く排出されていく、「灼熱地獄やね」モウロウとする意識の中ぶつぶつノタこきながら「の、喉が渇いた」とよた足にまかせるまま自販機求めてさまよい始めた。大手メーカーの賑やかな配色の自販機に混じって元は白かったであろう所々錆の入ったくたびれ黄ばんだおっとろしく古くすっとぼけたマシンが目に入った。ロゴをみると聞いたことのない怪しいげな零細メーカー。「やめれやめれ」と背後霊がノタコキ始めた「まだ可動しているのだろうか」びんぼたれのくせして好奇心旺盛な私はこういったクタビレチープマシンにことのほか目がない。「やめれやめれ」とまた背後霊がノタっている。くすんだガラス越しの陳列商品を見ると馴染みの大手メーカーのお茶や清涼飲料に混じって「冷やしあめ」なるものが目に付いた。血糖値に怯える人種にこの種のブツはまさに麻薬か媚薬。「やめれやめれ」と背後霊がまだノタこきまくっている。100円の提示価格に魅せられ、有無を言わさず左手が無意識に「冷やしあめ」のボタンに吸い込まれていったと同時に「ケッ!」と背後霊がブベツとタンをこめたツバを吐きながら瞬時にフェイドアウトした。「ころん」と乳児のうんこみたいな音をたてながら出てきたそやつはガラスの小瓶。「ち、ちさい」思わずその量の少なさにげんなりし始めた。「ちさいうえにあ、あまいのか?」喉の渇きを癒しきれないその内容量に今更ながら後悔し始めた、30秒間そやつをプチ呪いの言葉を投げかけながら見つめていた。聞いた事のない零細メーカー製。しかたがないのでおそるおそる軽く飲んでみた「あま!!」周囲に誰もいないことを確認して思わず叫んでしまった。「しまった、のののんでしまった」試しに軽くのんだつもりがもうカラになってやがんの。「あまいうえにすくない」「あまいうえにすくない」「あまいうえにすくない」。後悔の念をを打ち消そうとあてつけに何度も小声で雄叫んだ。喉の渇きをいやすどころか焼けた石に水を差してしまったようだ。喉が公衆浴場のサウナ見たいに煮え始めた。口直しに新たに水分補給を余儀なくされ、量の多いお茶を追加した。これもふところにやさしい100円のバリュー価格。「ごろん」今度は「ころん」といった軽薄な音ではない「こ」に濁点が付いた大人のばば(うんこ)サイズの「ごろん」である。重みのある何とも頼もしい音ではないか。「抹茶スイートティー」その商品名に多少違和感を覚えながら試しに飲んでみた。「あま!!」しまった、まさか本当に甘いとは思わなかった。お茶独特の風味からくる自然な甘さだと思っていたら正味砂糖が入っとるやんけ。「あまいうえに量が多い」「あまいうえに量が多い」「あまいうえに量が多い」後悔の念をを打ち消そうとあてつけに何度も小声で雄叫んだ。血糖値に怯える私は30秒間、そやつを呪いの言葉を投げかけながら見つめていた。「伊藤園!」大手お茶メーカーやないの、あまりにも人気がないので問屋に安売りしとるのか?しかし、これはカダラに極めて遺憾な毒に違いないと今カダラの中に入った毒を薄めなければと大手メーカー自販機のお茶を追加してしまった、「定価150円也、タカ!」この間約3分、3分でまたたくまに350円消費しまったわ。わしにまとまった銭を持たせれば持たせるほどろくな事はまずないと言う明石ぢゃ。


鳴尾浜貯木場

日本物流センターすぐ横からアクセス可能のポイント。
naruo2.jpg
貯木場といっても岸和田木材コンビナートや平林貯木場見たいに海面に木材が浮かんでいるわけではない。神戸のカルモ木材団地のように荷捌き用の台船が北波止に停泊している。
日本物流センターの建物が目印でその裏周辺が釣り場。場内足場の良い所があればそこをポイントにすればよい。ルアーのシーバスやエビ巻きのハネやキビレなどがメインターゲットになる。夜釣りのアオイソメもいいだろう。台船の付く波止は落とし込みで人気がある。車は路上駐車がメインになる。武庫川からの竿出しも容易。

naruo4.jpg

日本物流センター裏の波止。
naruo5.jpg

足場がいい為腰を据えた餌釣りにいいだろう。
naruo7.jpg

場内北付近にある台船が付く波止。
naruo12.jpg

落とし込みに人気がる。
naruo13.jpg

naruo16.jpg

naruo17.jpg

naruo18.jpg

武庫川の西裏付近の波止。干潮の為捨石が露出している。
naruo15.jpg

武庫川河口
naruo20.jpg

naruo21.jpg

鳴尾新波止

naruosinbato8.jpg
西宮をフィールドとしている釣り人には馴染みの釣り場。潮通しが良い為各釣り場で季節を賑わせる魚が例外なく釣れる。この波止のメリットは海面から近い為釣りやすい事。デメリットは海面から近い為、海が荒れると波止が波をかぶる事だ。この波止の付け根にあるテトラ帯も見逃せない。根魚中心に面白い釣りができるが足元にご注意を。汽水の武庫川の恩恵でチヌ、ハネが豊富で餌、ルアーともに楽しめる。夏場のタコ釣りも盛況で訪れた日はほとんどの釣り人がタコ狙いだった。ハゼの魚影も濃い。
このハシゴからアクセスする。
naruosinbato1.jpg

naruosinbato2.jpg

naruosinbato3.jpg

日昼はまともに陽射しを浴びるので人は少ない。
naruosinbato5.jpg

今の時期ほとんどがタコ狙い。
naruosinbato6.jpg

この日は本当に暑かった。猛暑対策は必須。
naruosinbato7.jpg

高確率で写真のようなタコが上がってくる。
naruosinbato11.jpg

naruosinbato10.jpg

鳴尾川河口

ここからアクセス。
naruogawakakou2.jpg
短い流域の河口であるがシーバスアングラーには人気の釣り場である。テトラや浜からの前打ちのキビレも良い。餌釣りでは夜の虫餌のブッコミでキビレ、ハネが狙える。
シーバスなら河口から行き止まりになる水門までチェックするとよいだろう。西宮一文字へ渡す西野渡船の乗船場がある。


キビレなど濃そうだ。
naruogawakakou4.jpg

シーバスに人気がある。
naruogawakakou5.jpg

naruogawakakou6.jpg

ここからブッコミもよさそう。
naruogawakakou7.jpg

対岸の水門。
naruogawakakou8.jpg

自転車が捨てられた浜。景観台無し。
naruogawakakou9.jpg

船が係留されているシーバスの上流ポイント。
naruogawakakou10.jpg

naruogawakakou11.jpg

鳴尾周辺の釣り場の動画です。
画像がきたないときはプレイヤー右下のHQボタンをクリックして下さい。


アクセス

大きな地図で見る
posted by マッK at 21:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103631427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。