2009年04月11日

とっとパーク小島2009年

前回【淡路島翼港】をエントリーして頂いたすたりんさんから【とっとパーク小島】の最新レポートを寄稿してくれましたので急遽それを掲載したいと思います、前回公開した未整備の駐車場の完成や公園内のリフォームされた箇所なども細かに写真で紹介しているので釣行の際のお役にたてるかと思います。尚、添付画像が70カットあったので全部表示すると普段でも開きにくいページがさらに重たくなり、最悪開かなくなったりするので類似画像を勝手ながらカットいたしました。
すたりんさん、有難うございました。

シリーズ【根魚ランガン3.0】は次回に掲載いたします。

とっとパーク小島

entry by すたりん

kojima018.jpg
またやってきましたとっとパーク。釣れる魚種がめっきり減った冬のシーズンでも釣りに行きたい衝動が抑えきれない時。そんな時はドコに行こうかよく悩む私。北に行こうか南に行こうか。西に行こうか東に行こうか。こういう時に大阪に住んでいるメリットを実感したりもする。北は舞鶴・小浜、西は瀬戸内海・淡路島、東に伊勢・尾鷲、南に和歌山。車で2〜3時間の範囲で行ける釣り場は無尽蔵なのだ。
陸側先端部
kojima016.jpg
しかしどこにいっても冬はあまり釣れない訳で。少しでも魚が居る場所となるとやっぱり南に足が向く。そして数少ないお魚を確実に釣るにはより詳細な釣果報告が必要になる。「うーん、ココは割と釣れてるなぁ」なんて風に調査していくとついついいつもとっとパークに来てしまう。数百人の釣り人でメバル数十匹の釣果なんだから半数以上はボウズ食らってるハズなのに、毎回そんな現実は忘れてありもしない爆釣の夢に取り付かれてハンドルを握っちゃうのだ。ああ。
 そんなこんなで今年は6回目のとっとパーク。最近ますます釣果報告がシブいけどメバルの1匹でも釣れればいいかな。根魚コンペでもらった無料入場券があるので今回はタダ釣りだ。
和歌山側階段下付近
kojima015.jpg
3月から開場時刻が朝6時になったので5時半に到着。今日は水曜日なのでほとんど人なんて居ないだろう。と、思っていたら整理券番号は73番。みんな一体何を狙ってきてるんだろう?周りを見回すと意外に子供連れの家族が多い。子供が春休みだから釣りにでもという人も多かったんだろうか。
 以前は100人も居たら入場するのに1時間は待たされたように思ったのだけど、2月頃に釣り場へ降りる緩やかなスロープが設けられたため、入場時の混雑がかなり緩和されたようだ。73番の割にはすぐに中に入れて、6時20分頃には釣り場を確保して早速竿を出す。何か連れたらいいな。
kojima001.jpg
 一応メバル狙いという事でサビキを落とし、もう1本の竿でキス天秤でアオイソメを放り込んでのんびり待つが全く魚信がない。一通りサビキをさびいたり天秤仕掛けをひきずったりするもびっくりするぐらい何も反応が無い。うーん。これは完璧に駄目パターンだと思う。
 あまりの手ごたえの無さに「まー、今日は釣り場写真の撮影に専念すっぺ!」と決心したのが7時30分。貧乏性なのでエサがある内は釣りをしようかとせっせとサビキを落とし、魚を誘うというよりはカゴのエビを海水で洗い流すかのように竿をさびく。そんな雑な作業をするならボチャンと捨てちゃってもいいのに。解っちゃいるけどできないんです。貧乏性だから。
大阪側にも結構人は居るようだ
kojima002.jpg
 釣れないと解ったつもりでせっせと仕掛けを入れるこの矛盾。ああ情けない。周りを見てみるがいいよ。周りもほとんど誰も何も釣ってない。さっき書いた通りここに来た釣り人の半数はボウズを喰らうのだ。
 そんな自虐的な気分で他の釣り人にもボウズだ何だと心中で呪いを掛けていると、そんなドス黒いものとは対照的な拍手喝采が遠くから聞こえてくる。見ると和歌山側の先端近くに人だかりが。あきらかに大物が釣れた気配だ。もはや自分の釣りはどうでもよくなっていたので野次馬根性丸出しで覗きに行くと、何と79cmの真鯛!自分の釣果でもないのにテンションが上がりまくるお調子者!よーし!俺も今からカゴ天秤で真鯛狙うぞ!と決心して釣り座に戻ったが、自分の居るのは大阪側で、今日は大潮の和歌山向き激流。もちろん和歌山側の釣り座はほぼ満席。とてもじゃないがカゴ天秤は無理。
階段より手前側はガラガラ
kojima003.jpg
やめたやめた。はいボウズボウズぅーっと。じゃぁこれからとっとととっとパークを一周回ってみますか。へぇへ。
内側へ竿を出している人もほとんど居ない。いつもは結構居るんだけど。
kojima004.jpg
清掃用の水道
釣り場のそこかしこにまんべんなく設置されてる。
真水が出るので手洗い等に便利です。

kojima005.jpg
ごみ箱。
収集の時刻制限があるのでごみは閉園時刻より早めに出しましょう。

kojima006.jpg
据付の玉網。2月頃までは無かった気がするので最近設置されたみたいだ
kojima007.jpg
先頭近く。空いてるように見えるけどそうでもないkojima008.jpg
最先端部。ここにも玉網が
kojima009.jpg
さっき79cmの真鯛がつれていた場所でまだ真鯛。40cmだそうです。
kojima0010.jpg
ちょうどこの柱の前の釣座がとっとパーク最長記録の真鯛が上がった場所いつか前日から泊り込んで並んでここに座ってみたい。
kojima011.jpg
ここにも玉網。
kojima013.jpg
大阪側桟橋下。完全にガラガラ。
どうしてもボウズが嫌な時はここで虫えさを落とすとフグが釣れる。
まぁそれで嬉しいかどうかは別として。

kojima016.jpg
テトラが見えるが屋根が低いのであそこに投げ込むのは困難。しかも水深は浅い
kojima017.jpg
陸側から沖側を向いて1枚
kojima018.jpg
2階にも屋根を作るようだ。本当にこの釣り公園はすぐに色々と変わる
kojima021.jpg
上から見ると盛況っぷりが良く判る
kojima023.jpg
トイレは男女の配置が逆になった
kojima025.jpg
入り口側へ向かう。チャリンコを借りると楽。
kojima026.jpg
大阪側の磯。いつも思うがあそこは色々釣れそうだ。
しかし釣り人の居るのを見た試しが無いので釣れないか行けないか釣り禁止かのどれかなんだろう。

kojima027.jpg
入り口からのびるゆるやかなスロープ
kojima028.jpg
もっとも大きな洗面台。石鹸完備でエビ臭い手を洗うのに非常に重宝する
kojima031.jpg
マナーを守って使おう。魚を捌くのは専用の場所があるのでそこで。
kojima032.jpg
活きエサのアジ…かな?アジじゃなかったかも。
kojima043.jpg
真鯛が売られていた。養殖だけどおいしそうな型だ。
kojima044.jpg
今回行った日の前日からオープンした屋台
この時点ではまだ準備中だけど、オープン中もほぼこんな外観です。

kojima046.jpg
駐車場からの入り口。数日前の道の駅オープンの際にえらく立派な看板が付いたようだ。

kojima048.jpg
道の駅のオープンに伴い、入場待ちの方法が変更になった
kojima049.jpg
駐車場出口側の道も綺麗になった
kojima050.jpg
黄色い文字の駐車スペースが入場待ちで停める所
kojima051.jpg
山間には桜がかなり咲いていた
kojima054.jpg
バイク専用駐車スペース。こっちに停めたら順番解らないと思うんだけどなぁ。バイクで前日から宿泊して待つ人は居ないだろうって判断なのかな?
kojima055.jpg
アオイソメやシラサはここにあるみたいだ。購入は中のカウンターで。
kojima059.jpg
真夏は過ごしやすくなりそうだ
kojima064.jpg
階段真下の魚裁き用流し台
kojima065.jpg
という風にぐるっととっとパークを一周してきた。一仕事終えたのでチャッチャと片付けをする。時間は10:00ぐらい。さっきからやや風が出てきたと思ったら、この時点ではかなりの強風になっていた。柱の影に隠れる人や、桟橋の下に避難してくる人が多数。もうここらが完全に潮時でしょう。結局釣果はアメフラシが一匹だけ。とはいえまぁまぁ楽しめた。
帰りにとっとパークを出てから数枚
kojima066.jpg
まだまだ多くの人が釣りを楽しんでいる最中kojima068.jpg
さらばとっとパーク。また来る日まで
kojima070.jpg
という訳でとっとパークの今を伝える調査レポートでした。この日は3月25日だったんですがこの日以降からいきなり真鯛の釣果が増えてきたようです。ようやくとっとパークの本命魚が釣れだしたという事で、休日はもちろん平日でも相当混雑するようになるでしょうね。

アクセス

マイカー以外の交通機関利用は公式HPを参照願います、こちら

拡大地図を表示
posted by マッK at 01:14| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!
とっとのレポートおつかれさんでした。
釣りよりも 取材に重きを置かれたのですねぇ!
なんか 親近感を覚えます!(WW)
Posted by ぶるぱぱ at 2009年04月12日 02:21
ぶるぱぱさん、おはようございます!
やはり、さすがに朝はお早いですね。
今回のとットパークのレポートは冒頭のキャプションにあるとおり私ではありません、
このブログの熱心なリピーターであるすたりんさんの寄稿によるものです。

>釣りよりも 取材に重きを置かれたのですねぇ!

おはずかし〜!釣りに行っているのですが
釣り竿よりSANYOのザクティの方が軽いので、つい(^^;)。
昨日姉が喉頭がんで入院してからそれもこれから不安材料となっていっそう釣行回数もへりそうですが何とかニッチをかいくぐりコソコソ釣行にはげみたいと思っております(そんな場合ではないですが・・・)
ぶるぱぱさんも釣り場のお掃除やらメインのエビ巻きやらで大変でしょうがお体に気をつけてがんばって下さい。
ちなみに私も以前は家から数分のたまや渡船をひいきに北港へ上がっておりましたが今では金のかからない地方の釣り場しか行っておりません。近々3番ケーソンか舞洲テトラにソフトルアー持ってアコウでも狙いに行きたいと思っておりますです。
Posted by マッK at 2009年04月12日 03:15
遅まきのコメント失礼いたします。私も先日、こちらの道の駅に立ち寄りました。夕焼け時だったのでとても綺麗でした。釣りは残念ながらやらないのですが、かなり惹かれました。

貴ブログを当方記事で紹介させて頂きました。またお暇な時にでも覗きに来ていただけると幸いです。では〜
Posted by MANTA at 2009年08月07日 18:20
MANTAさん、ご訪問、当ブロ愚のご紹介有難うございます。貴ブログを拝見しましたが真面目で高尚な記事内容にウジムシのような下品このうえない当ブロ愚ははたして貴ブログの御訪問者にどう映りこむのか只今私おろおろしとりますです。何はともあれ有難う御座います、また遊びにいきますのでこちらこそお願いいたします。
Posted by マッK at 2009年08月07日 19:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117093923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。