2009年06月06日

なみはや大橋下2009年シーバス&キビレゲーム

namihaya2009-4.jpg
毎年バチ抜けシーズンになると決まった時間にハネが餌釣り、ルアーに関係なく入れ食いになる時期時間帯がある、もちろん餌釣りの場合虫餌などに限定され、ルアーに関して言えばミノー以外のバチ対策ルアーに限定されるが。決まった時期時間帯とは夜の19:00以降から一時間前後の短時間(それより長く釣れ続く時もある)で、時期は入梅の雨の多い湿気むんむんの不快指数100%に近い時だが夜釣りを主とする釣り師なら経験があると思う。ハネが海面に浮いているバチ(水ゴカイ)を荒食いするのだ、その時期を睨んで出来るだけ釣行回数を増やしている今日この頃のボクチン。
なみはや大橋下だっちゅ〜の(ふる!)
namihaya2009-1.jpg
バチに関してはあれやこれや諸説入り乱れてはいるが通説に捉われる事はナンセンス、現場主義に徹してこの目で確認したほうが無難なのだ。このサイトのリピーターでよく釣行時の模様などをコメントしてくれる生粋のルアーマンjyukeiさんから「弟が今、なみはや大橋でアオイソメでハネを入れ食っている」とのメールが入った。もしかして待ちに待ったあのい入れ食い血祭りが始まったのかと思ったが気象庁はまだ梅雨入り宣言をしていない。しかし、ミズモンの魚のこと、捕食メカニズムなど人知を超えた向こう側にある事を捺して知るべし、ようするに魚に聞いて見なけりゃわからぬという事だ。メールが入ったのが21:00頃だったので今からなみはや大橋へ向かっても時合いが終息に向かっていることだろうと思って明日の夜私のここ最近の定番アイテム「GUlP!サンドワーム」を持参して押し寄せているであろうハネ群を血祭りにあげてやろうという趣旨のメールを返信した。
namihaya2009-14.jpg
しかし、居ても立ってもいられなくなりメールを返した後に確認の為すぐ向かってしまったわ、なみはやへ。西側奥にいるjyukeiさんの弟さんが繋留されている船際近くに電気ウキを浮かべていた、「たった今アタリが止まったばかり」と予想通りの答えが帰ってきた。ハネの群れが船際に止まっていて仕掛けを入れる都度に喰ってきたと言う、そして船から仕掛けが離れるとアタリが遠のくとも言っている。それを聞いて「?」おかしいと私は思った。私の経験した過去のこの時期の入れ食いシーンとはストラクチャーなど無関係でルアーや仕掛け放り込むとどこでも食ってきた、つまりハンパではない欠食気味のハネの群れがここだけではなく大阪湾の各波止に押し寄せてきていなければならないと言うことだ、どうもその次元とは違う状況がこの夜に発生していたようだ、単なるたまに遭遇する通常の時合いかそれとも・・・・どっちにしても確認の為明晩ロッドを振ってみないことには分からない。
「明日の夜やね」とめずらしく静かな闇師の闘志にわずかながら火が点いていた。
家に帰ると「弟と18:00頃現場入りします」とjyukeiさんからReメールが届いていた。

際狙いに徹したがルアーをやっていると言うよりアオイソメののコスリ釣りという様相だった。
namihaya2009-2.jpg
当日19:00過ぎ
私も今日18:00頃現地入りしょうとしたが残り少なくなってきたGULPを補充しょうと堺にある釣具屋へ向かった為遅れてしまった。
購入したのはスズキ一発の太めの6inサンドと食い込み重視で2inの5cmカットのサンド、それと保険にチヌによい甲殻系のサンドクラブフリーだ、ハネとなみはやに多く棲息するキビレの両刀狙いを目論んでおるのだ。私の携帯にjyukeiさんから現場入りしたとの連絡が入った。気になるのは不安定な天候だ、どうやら夜から雨を見そうだ。

namihaya2009-5.jpg
現場に着いて気づいた、リーダーを結んでいない。ベストを探しても見当たらなかったので車に常備している徳用ホビンのイエローカラーのナイロンの道糸用3号を代替にメインラインPE0.8号に結束した、イエローのリーダーなんてみっともないと思ったがどうせ誰も見ていないし、夜だから関係ないわ。
jyukeiさん達のいる西面に行くまで階段を降りてすぐの北面から攻める事に決め、早速ジグヘッドに6inサンドをセットし、波止際をアオイソメのコスリ釣りの要領でテクトロした。

今回のタックル ロッドはDAIKO SOLKA ML リールはバイオマスター2500
ラインPE11Lb(0.8号)リーダーナイロン16Lb

namihaya2009-17.jpg
アタリのないまま西側にいるjyukeiさん達と合流、jyukeiさん達もアタリを拾えていないと言う、携帯の時刻を見ると19:30をとうに廻っている、経験上この時間、この時点であの血祭り入れ食いタイムはないと勝手に判断、居着きの魚に狙いを絞ることにする(たいして技術的変更はないが)際、沖と探っても全く反応がないまま21:30過ぎ、弟さんがアオイソメで30cm前後のセイゴを血祭り(勘違いのないように、釣ったと言う意味)にした。しばらくjyukeiさんとダベリながら釣りをしていたがこの西面での釣りに飽きが来てまた単独で北面に移動。北面の西から東を行ったり来たりしているうち、ポツリと水滴らしきものが落ちてきた。
namihaya2009-16.jpg
22:00パラパラと雨がちらつき始めた、こうなって来ると雨が嫌いな私はホームシックになってしまう、「かえろかな」と思った瞬間コツッという微細なアタリをPEが拾った。「!」食い込みを確認し、手首を軽く返し合わせた、小気味よいエラ洗いが手元に伝わりハネと確信、抜き上げようかどうか悩んだ末バラすと後々ここでの魚信が途絶えると判断し、玉網に収めた。
魚を波止上に上げたと同時に猛烈な風雨が私の体を蹂躙し始めた。「きっつう!」叩きつけられる雨と風に打算的な私に魚を釣り上げた喜びなぞ到底湧き上がってこぬわ。
ビデオと写真に収めた後jyukeiさんに釣り上げた事を携帯で知らせた。
ハネだっちゅ〜の
namihaya2009-3.jpg
だっちゅ〜ので思い出したがパイレーツの太めの子がタイプだった。
雨をよける為クレーン台座下に待機しているとjyukeiさん達がやって来た。西側ではアタリがサッパリらしいので平林貯木場への移動を考えているらしい。この雨風の中まだ釣りを続けるとは懲りない人達である。
ここでもアタリ出した事を告げると暫くこの北面でやって見ようと言う事になった、潮は今から上げに入った模様。
namihaya2009-6.jpg
しかし、場合によっては細めでちちの大きいもう一人の子もタイプになる事もあった。

それから10分もしない内に弟さんが際狙いで大高のある40cmのキビレを上げた、やけに白いきれいなキビレだった。次第に雨も小さくなり私も30cmのキビレを上げた。
jyukeiさん達がやはり平林へ移動するらしい。ここでjyukeiさん達と別れしばらく一人でやったが、どうも気分が乗らず私もここでストップフィッシング、時刻を見ると0:00を廻っていた。
同行者が上げたキビレ40cm餌はアオイソメ、だっちゅ〜の
namihaya2009-8.jpg
パイレーツとは関係ないが昔ピンキーとキラーズというバンドがあって熱烈なファンであった友人はボーカルの今陽子はちちが大きくて毎晩のオカズにしていたと自慢していた。
これは私が上げた30cmのキビレ。
namihaya2009-18.jpg
しかし、同時期にデビューした和田アキ子はガタイに反してちちが小さくて晩のオカズには不向きだとぷんぷん怒っていた。

2日目午後17:30
namihaya2009-7.jpg
昨日買ったサンドクラブフリーを試したくなって再びなみはやへ。
この甲殻系のワームにジグヘッドはミスマッチであろう、やはりスプリットかななどとと気になりつつ際へ落とし込みながら西に向かって歩き出した。このなみはやでの真チヌはとんといい話をきかない分キビレがうじゃうじゃいる、潮とルアーの選択さへ誤らなければ高確率でHITする。
こいつがGULP!サンドクラブフリー。
namihaya2009-11.jpg
ジグヘッドの選択ミス。
namihaya2009-10.jpg
友人はちちのでかい太めの芸能人が趣味だったので深田恭子が出てきたときは雪見ダイフクたらふく食った後喉につまらせて死んでもいいといっていた。
際狙いに徹したが次第に飽きが来た。
namihaya2009-9.jpg
しかし、最近の深田恭子の生身の放り出し方は尋常でないと友人がヨダレだしながら嘆いていた。
西角付近まできてアタリがなかったのでサンドクラブフリーを見切り、
2inのショートサンドワームに切り替えた。
沖に向かって思い切り角の対角線上にキャスト後キスの引き釣りの要領でワームをゆっくりスローで引き始めると波止から10m付近でティップがクンと引き込まれた。陽はまだ明るい、この瞬間を撮ろうと左手でビデオセットしつつ右手で思い切りフッキング、魚が右左と暴れ出した。
ビデオ撮りながらリール巻きながらロッド操作しながら弱らせる為魚に空気を吸わせながら玉網セットしながらリール巻きながらロッド操作しながら玉網操作しながら・・・・・・無事魚を取り込んだ。私の体の半径10cm位殆ど火の車であった。40cm超えのキビレ(メジャー持っていないので手尺)でよく引いてくれた。暗くなったその後にもキビレの35cmクラスを上げ、西側に移動してソイ見たいなデカガシラを上げて納竿した。
やはり無理があると悟り、短めの2inサンドワームに替えた。
namihaya2009-23.jpg
話をパイレーツに戻すがもう一人の結婚報道は悲しいほど話題に上らなかったし、もう一人の消息も気になる、あのちちは今も健在なのだろうか。

サンドワームを沖目にキャストして来た40オーバーのキビレだっちゅ〜の。
namihaya2009-25.jpg
キスの引き釣りの要領でやればキビレがそこにいれば高確率で来る。
namihaya2009-26.jpg
西角。ここの前はブッコミでキビレがよくHITする。
namihaya2009-27.jpg
これはビデオに写っていないがその後暗くなって釣り上げた35cmのキビレ。
namihaya2009-20.jpg

その後西側移動して上げたガシラの30cmクラス(こいつはでかかった、最初ソイかと思った)を上げて納竿。
namihaya2009-21.jpg
ソイかと思った30cmのガシラ
namihaya2009-22.jpg

この段階ではまだまだ本格的な入れ食い祭りは始まっていない、それまで北港や平林貯木場などへのバチ参りを欠かせないでおこうと思う。


んもう、ちゅっキスマーク


なみはや大橋下・シーバス、キビレゲームの動画です。画像が汚くて観ずらい時はHQボタンをクリック。


アクセス
大きな地図で見る
posted by マッK at 17:22| 大阪 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マッKさん、今回はお疲れ様でした。
あれから私達(弟&私)は南港で全く駄目でした。
翌日の方が釣果が良かったのですね、
おめでとうございます。
私もなみはや大橋に行く時はガルプを必ず持っていく様にします。
また釣行に行ったらコメントしますね。
Posted by jyukei at 2009年06月06日 21:47
jyukeiさんご苦労様でした。
やはりseesaa側のバグで昨日からページ表示にエラーが発生していたらしいです、今は回復してホッとしております。

>翌日の方が釣果が良かったのですね、

そういえばそうみたいですね、釣れる間隔がありすぎあまり実感として沸きませんでしたが。

>なみはや大橋に行く時はガルプを必ず持っていく様にします。

しかし、ガルプは効きますなぁタミフルより(爆)ぜひ、持参して下さい。
弟さんにも宜しく。
Posted by マッK at 2009年06月06日 22:11
ご無沙汰しております!
マッKさんが大阪湾に帰ってきた!(嬉)
って感じです。嬉しく思います。
舞鶴はあまり知らないので絡めない・・・

この間マッKさんのブログを見ている方と
釣り場でお会いしマッKさんのパワーは
絶大だなと思いました。

また以前、マッKさんのブログでのコメント
で地元のシークレットポイントは公開しない
というコメントを見てマッKさんは地元の
方に配慮されながらこのブログを書いてる
んだと分かり自分のブログも配慮が足りな
かったかも?と思いました。

なみはや大橋イイですね〜行きたくなり
ました!
シーバスもキビレもナイスサイズです!
ガルプはあの臭いさえなければ・・・・

パイレーツの太めの方・・・
本人のブログ見たら・・・

かなり老けてました・・・(笑)
Posted by たいパパ at 2009年06月09日 11:37
たいパパさんお久しぶりです、帰ってきたというより毎年のローテーションが始まっただけです(病気とも言う)なみはや大橋は私の家からそう遠くないので素早く行動可能という利点があります。ここは記事中にあるように潮(満潮前後)とルアーの選択さえ誤らなければHIT確率が高くなります。

>地元のシークレットポイントは公開しない

これはあくまで地元の人と釣り場で接触して話の流れでそうするという事で、私自身必ずしもそうすると言い切れる自身がありません。しかし、もう魔女狩りの如く以前みたいに穴場探しをする気力は私にはありませんし、このブログで過去紹介した釣り場で十分だと私は思っております。あとは釣り場を再訪、釣行しての記事エントリーがメインです。

>ガルプはあの臭いさえなければ・・・

あのオイル臭は生のアオイソメに比べれば
何ともありませんが、好みでもありますね、
私はもう慣れましたが、私の体臭の方がきつかったりして。

>パイレーツの太めの方・・・
本人のブログ見たら・・・かなり老けてました・・・(笑)

ブログ見んとこ。(爆)
Posted by マッKでおじゃる at 2009年06月09日 17:24
こんばんは!なみはや大橋ってIKEAが

あるあたりでしたっけ?IKEAにはよく

買い物に行きますが、そのあたりで色

々釣れるんですね〜(驚)

 今度買い物ついでに竿だししてみよ

うかな?妻に確実に怒られるか(笑)
Posted by masterwolf at 2009年06月09日 22:40
masterwolf お久しぶりです、そうです、IKEAの最北部の辺りに位置します。
一見立ち入り禁止の様相を見せていますが周辺企業の釣り好きな定年退職したOBの方が会社にお願いして会社のご好意で釣り目的の為のハシゴを掛けていただいております。(その人にここで会ってお話を聞きました)
信じられないでしょうが秋には30cm前後のアジが回遊してサビキで掛かります。釣った魚を持って帰るのに躊躇してしまう環境ですが一度竿を出されたらここの楽しさが理解できると思います。

Posted by マッKでおじゃりまする。 at 2009年06月09日 23:13
おひさしぶりです!
なみはやですね!
少し前なみはやにMKさんのこのサイト参考にしていきました。どちらも なんとか キビレ1匹でしたが なかなか お手軽ポイントでした。

で、、パイレーツ、キョンキョンなどの
記事しか印象にのこらなかったのですが、、釣りしてたんですね!(爆)
Posted by ぶるぱぱ at 2009年06月13日 05:26
ぶるぱぱさん、お久しぶりです、なみはやは私の家の居住区圏内ですのでいつでも釣行可能です。

>少し前なみはやにMKさんのこのサイト参考にしていきました

恐縮です、何せ2年前から紹介しておりますので先につばをつけたともうしましょうか・・・

>パイレーツ、キョンキョンなどの
記事しか印象にのこらなかったのですが、、釣りしてたんですね!(爆)

大変恐縮です(爆)パイレーツと和田アキ子と今陽子と深田恭子は書きましたがキョンキョンの事など書いておりませんが・・・・もしかしてフカキョンの事でせうか(核)



Posted by マッK at 2009年06月13日 11:40
突然すいません。いつも、拝見させて頂いています。
ひとつ質問なんですが、この記事の魚をを含め釣った魚はどうされているのですか?

リリースでしょうか、それともお持ち帰りなんでしょうか?

と、いうのもシーバスやキビレの料理方法(食べ方)が気になってしまって。

くだらない質問ですいません。
更新楽しみにしています。
Posted by sun at 2009年06月24日 17:59
sunさん初めましてコメント有難うございます。釣った魚は食べる事もあるし食べないでリリースする事もあります、なみはやのような湾奥で釣った魚でも以前は食べていたり、ほしい人があればゆずったりもしていたのですが最近は食する為に釣りをすることも少なくなり湾奥で釣ったアジや太刀魚以外のキビレやハネはほしい人がいないかぎりほとんどリリースしています。釣り場によりますが日本海などで釣ったメバルやキスなどはやはり食味に魅かれ釣れれば当然胃袋に納めております。料理方法は私の場合ほとんどがバターで炒めるムニエルにからしマヨネーズで味付けして食べております。
Posted by マッK at 2009年06月24日 20:18
パイレーツとかピンキーとキラーズ
面白過ぎます。
和田あき子は最強です。
ガタイはでかいが・・・・
OCATからイケヤ行きのバスあるから
行こうかなあー
Posted by いまいひさし君 at 2009年08月15日 09:41
いまいひさし君、フルネームのコメありがとさんです♪イケア行きバスはタダで行けそうですが多分購入目的等でないと無理でしょうね。市バスの鶴町4丁目(車庫前近く)までなら釣り場からそう遠くないのでこちらの利用をどうぞ。
難波駅前からバスは出ております。
Posted by マッK at 2009年08月15日 11:50
わんばんこ
イケヤの見学でも駄目なのかな
もういっそーのこと
MYチャリンコで行きます。
今僕は淀川のキビレにはまってます。
6日はミノーで39cmのと30cmを
上げました。
Posted by いまいひさし君 at 2009年08月15日 20:02
>MYチャリンコで行きます。

がんばってね♪
Posted by マッK at 2009年08月15日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120849640
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。