2009年10月25日

大阪湾タチウオ行脚【動画あり】

tatiuoMOVE2009-7.jpg

とうとう更新遅れが1ヶ月の大台を突破してしまった(爆)別に記事自体のエントリも問題ないなのだが何故かPCと対峙してしまうと手が動かなくなってしまうのだ。更新遅れが1ヶ月になってしまうとブログと言うのは普通のHPと違ってgoogleやYahooなどの検索順位が大きく後退しアクセスが極端に落ちてしまう運命にある、そのブログ生命が危ぶまれる事を重々承知のくせに恐怖に怯えながら一向に手がキーボードを叩こうとしない理由は昔からついた堕落しきったサボり癖以外のなにものでもない。そして信じられない事にそんな事とは裏腹にアクセスが落ちるどころか逆に10月に入ってグングンアクセスが上がってきているという逆現象が現れている、すごいのは22時から23時の一時間だけで700PVと言う数字がはじき出された時があった、その日のトータルアクセスは過去最高であった、いったいわたしのブログ周辺で何が起こったのだろうか、大したSEO対策も何もしていないのに、喜ぶべきだろうが逆に恐ろしい、あぁ、また更新おくれそう・・・・。
tatiuoMOVE2009-9.jpg

今年のタチウオのピークはいつなのだろう。
9月の中頃から例年より早くも釣れ盛って10月初旬から群れが小さくなり、夕方からのワインドやルアーでの反応が乏しくなってきたらしい(ほとんどノーバイトに等しい)この記事で各地へ赴いた頃は群れが最も小さい10月初旬にあたり、夜釣りなら確実にアタリが拾える電気ウキ釣りさえ反応しにくい状況下であった。早朝ではほとんどその釣果にありつけないと言う最悪の時期でる。にも関わらずスカ喰らいまくっている状況すら把握できず脳天気なサルのヘンズリみたいにあっちこっちハアハアべろ出しながら無知蒙昧極まる行脚を繰り返していた私は一日中飽きもせずヘンズリに没頭するしかない脳天気なサル以下の生き物なのに違いない。現在は少し回遊も順調になりつつあり南港でも例年通りそれなりに釣れているらしいが、(この間行ったがえげつない釣り人の数であった)正直言ってスカ喰らいまくった自分が情けなくなり、もうどうでもいい。タチウオに依存した釣り自体今となってはそんなに魅力は感じていないし今現在堂島ロールを買い求めるように波止に行列作ってまで釣って喰いたいとも思わないし、スーパーのやっすいサバの煮付けの方が遥かにおいしいと思っている今日この頃な〜のだ。
tatiuoMOVE2009-2.jpg

しかし、今さらながらに異常とも取れる各地の混雑ぶりはどうだろう、この間メバリングに行った長田港の帰り寄った兵突(兵庫突堤)なんぞ尋常ではない釣り人が整然と波止を埋め尽くしていた(始めは転落防止の手すりかと思った)波止に車を入れるそぶりを見せただけで殺気を帯びた視線を浴びているようで普段子猫のようなちんぽが蚊の勃起前のちんぽほどに縮み上がりしょぼ〜んとなってしまうのだ。あの列の中に入るふてぶてしい勇気なぞ小動物的触覚を持つ私には持ち合わせてはいないし、絶対に容赦のないローカリズムの餌食になるに違いない。
tatiuo2009-4.jpg

大阪近郊で言えばタチウオシーズンになると釣り人が大挙して押し寄せる釣り場がカモメ大橋であるが、隣と肩が干渉することを承知の上で知らず知らず精神的苦痛を帯びてまで混雑する釣り場で釣りをする魅力というのは私の静かなところで釣りに没頭するという素性と相反する、むろん実績場であることに違いはないが自身でいうと見ず知らずの人たちとわいわいすると言うホトケのような寛容さも持ち合わせていないし、かと言って好きこのんでトラブルを誘発するというトラブルメーカーでもない、静かに釣りを楽しみに行って場合によるがマルハン並の騒然さを味わうと言うのは正常なアウトドアのカテゴリーに当てはめるとするならそれはまっとうな余暇といえるかどうか。人口密集する都会の釣りというのはそんなものかと思うが海に近い大阪に住んでその実海に飢えている現状も情けないといえば情けない。タチウオシーズンが皮肉な事に年々枯渇寸前の釣り場の状況をあらわにしているが見たくもないわの、そんなもん。
tatiuo2009-13.jpg

まっ、あ〜だこ〜だそっけないな事言ってもしょうがない、なにせタチウオの記事エントリしているんだから、少しは前進あるタメになる事でも書かなければ私の背中に昔からベッタリ張りついているビンボ神にバチにあたるというものだ(私にではない不幸にも私についたビンボ神にだ)タチウオ釣りは寒風吹きすさぶ状況下においてもファミリーにも楽しめる釣りな〜のだ、だから行きなさい、行き場のないズタボロになった野良犬のごとく北西風にぶるぶる震えながら竿持つ手がかじかんでも血ヘド吐きちらしながらまでも釣りたいなら私は止めやしません、行きなさい♪た〜のすぃ〜ぞ〜♪

泉大津テトラ
ここへ来るのは久しぶりで以前夜釣りで20cm〜25cmのコッパグレやチヌをアオイソメのウキ釣りで楽しんだ事があった。残念ながらここは人工島の西にある釣り場なので深夜の暴走行為の歯止めを兼ねて車での侵入を21時〜明朝5時迄時間規制している。しかし、今回ルアーの為夕方の暗くなるまでのマズメ釣りなので勝負は早い。
tatiuo2009-8.jpg

ご存知のようにタチウオは暗くなるとルアーやドジョウの引き釣りには反応が鈍くなる傾向がある、よっぽど群れが多く活性が高ければ話は別だが概ね暗くなると電気ウキ釣りの方が釣果が上がる。
着いたのは16時で場所取りを兼ねて少し早めにテトラへ降りた、少し波気はあるが風もなく潮もまずまずで釣り易い。ベストからルアーを出そうと思ったら9cmのフローティングミノーと前の色が確認できないほど小汚いコーテイングの剥げたナマリ(メタルジグ)1個しかない、前夜準備するのを忘れてしまったのだ。短時間勝負の為これでも喰う時は喰うと勝手に判断して早速ナマリを放り込んだら1時間後ホームシックにかかってしまった。
ボロボロのメタルジグ
tatiuoMOVE2009-3.jpg

ジヤークやダダ巻きしても全く海からの声が聞こえて来ないのだ。活性が高ければ16時過ぎからバイトはあるがどうやら群れが小さいか入っていない可能性がある。
19時前暗くなりあまりにもアタリがないので早々と海にきっつい罵声を浴びせた「今日はこれぐらいで勘弁してください!!」と心で叫んだ後鉄板に当った石の如くほうほうのていで家に逃げ帰った。
タチウオizumiootu0004.jpg


tatiuo2009-11.jpg

一週間後の高砂堺泉北テトラ
ここへ来る前石津テトラへ行ったがガス横に駐車している車の数に昼喰った天津飯がくちから出そうになりうんざりした。タチウオシーズンになれば泉佐野食コン、南港のかもめ大橋下など渡船利用しなくてもいい釣り場と言うのは概ねこんなものだが、石津もテトラとはいえ昔から実績があるので人気がある。高砂のテトラも人気があるが石津ほど道幅は狭くなく車も駐車に困らないのでここでやる事にした。
tatiuo2009-14.jpg


tatiuo2009-12.jpg

15時と言う時間も早いせいか釣り人も思ったほど多くなく難なく釣り座を確保できた。
今回も夕まずめ勝負でマナティ持参のワインドだ、ジグはカルティバドリフト アックス15g。シャクリはアオリほど激しくなくラインスラック取りながらピッチの短いジャークをすればジグが勝手にダートドリフトするがやはり長時間のこの作業、手首が疲れる。そしてワインドで釣れなかった時の保険で夜釣り用に磯竿の1.5号の3号の電気ウキタックルを用意した。海の状況も先週同様悪くなく快適だがしかし、いくらしゃくっても一向に無反応なのはどうしたものか、やはり9月中頃ほどタチウオの群れは入っていないようだ、9月中頃といえばタチウオが釣れ盛っていると言う声を聞きながら淀川でセコセコチマチマ手長エビに没頭していた時期だ。今更ながら何もかもズレて行動する自身にへきへきするわ。あまりにバイトがないため飽きがきて退屈がてらに早々とウキ釣りの準備、3号の電気ウキに灯を点そうとしたらまたくちから天津飯が出そうになった、電池きれてやんの。
tatiuo2009-10.jpg


tatiuo2009-001.jpg

住之江区木津川尻
3号の電気ウキの電池が切れたと思ったがヘッド内部にある電池を入れるソケットの内側がガビガビに腐食していた、どうやら釣り場で濡れた手で電池を出し入れする間に徐々に海水が染み込んでメンテもせず一年間放置していたようだ。そうか3号のナマリに相応しいウキ釣りを一年もしていなかったのかとここ一年のルアーへの依存度が高かった事を思い知らされたがそんな事を言っている場合ではない、時刻は後一時間すれば暗くなる18時を過ぎているのだ。住之江にあるTポートへ寄って新しい電気ウキ(3号)とリチウム電池を仕入れ、次行く釣り場の選択をした、今からだと当然南港周辺になるが行かなくても混雑が予測できるカモメ大橋だけは避けようと思いこの近くの木津川尻に決定、去年のタチウオシーズンではどこも群れが大挙に押し寄せどこの釣り場でも釣れたものだが木津川尻もその一つであった、しかも車を駐車してからアクセスしずらい為釣り人が少ないと言う利点がある。釣り場に着くとほっとした、釣り人など皆無なのだ。一人ぐらい居ても何の差しさわりもないが居ないにもほどがある。
tatiuo2009-3.jpg

早速仕掛けをセットし遠投、徐々に仕掛けを回収も兼ねてゆっくりウキがシモるかシモらない程度の超デッドスローで手前まで引いてくるというのが私のHITパターンだ。沖目から手前まで広範囲に引いて探れるし動く物に飛びついて反射食いするというフィッシュイーターの悲しい性を利用した最も効率のいい釣り方だ、このやり方で反応がなければそこにタチウオはいないか群れがまだ入っていないかと思って間違いはない、アタリはガツン!ではなくクイッと仕掛けを引き重くなるというアタリだ、その時リールのベールを開け道糸をタチウオにまかせるまま送り続け頃合を見計らってベールを閉じ、後は竿先が海中に引き込まれるまで待って竿先が引き込まれたらアワセを入れるという寸法だ。何のサソイもせず、ウキを流しっぱなしでも釣れるという人がいるがそれはある程度の群れが入ってきて活性が一時的に上がった場合のみで群れが小さい時は有効とは言いがたいし数は釣れない。要するに仕掛けを動かし続ける方が釣果が上がると言う事だ。仕掛けはワイヤーの一本針でエサはキビナゴ、キビナゴの目から針を通し背中から骨を包み込む要領で腹に針を刺す。針は2本針や3本針などがあるが誘いをかける場合水流がキビナゴの背中中心あたりに受けエサがひん曲がったり崩れたりするので私は使わない。
tatiuo2009-2.jpg


tatiuo2009-1.jpg

幾度か打ち返していると仕掛けがグッと重くなった、リールのベールを開けると道糸がスルスル出て行きウキが水面近くをチリチリとシモったり浮いたりしながら沖方向に移動して行く、喰いが渋いのだ、ここでベールを閉じラインにテンションをかけてしまうとエサを離す、ウキが海中深く吸い込まれ見えなくなるまで待つ、「喰え、喰え、早く喰いきりなさい、おいちゃんは何もしないから」何かするくせに、次の工程を考えているとラインの出が急に速くなりウキが見えなくなった、しかし喰いが渋い状況下、ここでアワセを入れるときっと空振りに終わるに違いないとさらに待つ、「もっと喰え、もっと喰え、おいちゃんは何もしないからねククククク」静寂な闇の中バカが一人ぶつぶつ独り言唱えながら時折不気味な笑いを含ませながらアワセのタイミングを計っている。これで竿を持っていなければ端から見れば十分病院か警察に通報される対象である。誰もいないから不審者でなくなるのだ、だから一人で好き好んで闇の中に埋没しているのだ「ク、ク、ク、」闇の中一人また屈折した不気味な笑い声を発した。もういいだろうとベールを閉じ余分なラインスラッグを取るためリールを巻いたら竿先にきゃつの小さい命が乗っかってきた「ククククク、突っついとるがな、突っつとるがな、この小動物が」喰っているのが小動物なら竿を持っているのも狭心臓きわまりない昆虫に近い小動物ときている。闇の小動物同士の攻防なぞ考えただけでもおぞましい絵図。急激に竿先が海中に卑屈なまでにコウベを垂れ始めた、「いち、にい、さん、」アワセを入れるのは今だ、そして勢いをつける為掛け声をかけながらアワセた「糖尿が何ぼのもんじゃい!」竿先を闇空に向けて突き上げるとゴンゴンと魚の重みが間違いなく乗っかっている

ハーフトゥーフィンガーサイズ(爆)
tatiuo2009-5.jpg


「小っすぇー!」堤上に上げてみてそのサイズの小ささにげんなりしつつも納得した。活性期にしろ今のような群れが小さい時も海面近くで泳いでいるのは概ねこのサイズなのだ、デカイ奴はこいつより少し下の層にいる、どうりで海面近くでウキが浮き沈みしていたのも納得できるがしかし・・「小っせー!」もう少しやって見よう、デカイサイズが釣れるかもしれないと仕掛けを投入したが次に来たのは2時間後で少し大きめの指三本サイズ、その後ポツポツ当ってくるが何度もエサだけが齧られるので中々釣り上がらないし中々やめられないのでシビレをきらし疲れてきたので終了した、時計を見ると深夜1:00、よーやるわ。

スリーフィンガーピッキング(爆)
tatiuo2009-6.jpg


最後にエサのキビナゴを齧られてフィニッシュ。

tatiuo2009-7.jpg


タチウオ行脚の動画どす。

あなたのブログにもこの動画を貼り付けられます。
埋め込みタグの取得はコチラから

アクセス
泉大津テトラ

より大きな地図で 泉北(石津・高砂・泉大津) を表示

堺泉北テトラ

大きな地図で見る

木津川尻

より大きな地図で 南港〜平林周辺 を表示
posted by マッK at 20:44| 大阪 ☁| Comment(24) | TrackBack(0) | タチウオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マッKさん、お久しぶり、JYUKEIです。
最近は嫁も私も仕事が忙しく
出撃出来ない日々が続いてましたが
先週末、泉佐野港にアジングに行きました。
が…私にジグヘッドの針を折られた謎の
ワンバイトのみの惨敗で帰って来ました。
またコメントします。
因みに泉佐野港もタチウオ狙いの釣り客が
一杯でしたが全く釣れてなかった事を
付け加えておきます。
Posted by JYUKEI at 2009年10月26日 14:09
JYUKEIさん、ごぶさたしております。
仕事がいそがしいのはなによりです、仕事あっての釣りですもんに^^)

>先週末、泉佐野港にアジングに行きました。

今アジは最繁期のようで、またごいっしょ願いま
す。

タチウオのピークも過ぎたのでせうか、

早すぎる気がしますなあ。
Posted by マッK at 2009年10月26日 16:35
マッKさん こんばんは。
 長い間更新されなかったのでもしや休載?と心配しておりましたが、秋の夜長の釣りを楽しんでおられているようで安心させて頂きました。
 先日、僕も記事中にも出てきましたかもめ大橋に行ってまいりました。土曜の夜でもあり隣の釣り人と手を繋げるほどの密度(笑)もはやオマツリ必至の状態です。この一触即発の雰囲気がまた大阪湾の秋の風物詩でしょうか(笑)アドレナリンを出すには良い季節です。
Posted by イトウ at 2009年10月26日 23:20
お疲れ様です!

今回は僕の地元ポイントが映っているので

嬉しいです!

しかし、タチウオも釣れる時は釣れるのに

釣れない時はサッパリですね!

ですので僕はタチウオの場合、マズメだけ

釣りして帰るようなズボラかましてます!(笑)
Posted by たいパパ at 2009年10月26日 23:37
たいパパさん、アジング大会お疲れ様でした。

>僕はタチウオの場合、マズメだけ

古くからのタチウオファンはマズメ時の一時だけドジョウの引き釣りだけしてさっさと帰った行くのが当たり前でしたが、たいパパさんももう、ベテランの域にたったしているという事ですな^^)ところで今度ビデオのご出演真剣にお考えいただきたいもんです。メバリングの記事エントリしたいので。
Posted by マッK at 2009年10月27日 06:23
イトウさん、こんにちは。
毎回の更新遅れ本当に申し訳ありませんでした、今後とも更新遅れあるあやもしれませんので気長にお付き合い下さいませ(爆)

秋の夜長から冬の夜長に変貌しつつありますなあ、釣りにとって厳しい季節にならぬよう願っている今日この頃のぽくちん。
Posted by マッK at 2009年10月27日 06:29
初めまして、いつも楽しく読ませてもらってます
釣り歴3年のペーペーです

今月に入り毎週末太刀魚釣行してますが
大阪市内から紀北にかけては太刀魚の釣果はよろしく無いようですね
貝塚で17日に指4本釣りましたが相当渋いです!!
24日は神戸方面に行ってましたがこちらは日中サヨリ乱舞、夜は太刀魚乱舞
ダイソーのルアーでも釣れるほどでしたが時合いは短いです
由良方面に行っていた友人は釣れ過ぎて飽きる程釣れたよって言ってたので31日は由良方面に出撃する予定です
Posted by danger at 2009年10月29日 14:42
dangerさん、はじめまして。
どうも太刀魚は各地でムラがあるようですね
湾奥に近ずくほど釣れなくなる傾向があるようですが、それも大阪と神戸ではムラの内容も違うみたいな感じですね、和歌山なら時合いをのがさなければ確実なんでしょうけどね。

>31日は由良方面に出撃する予定です

頑張ってきてくだされ^^)
Posted by マッK at 2009年10月29日 17:19
御大、コメントを頂きましてありがとうございます。

最近は仕事のやり過ぎ?で頭がパンクしております。

ちなみに当ブログのメインはタイトルのとおり「修理日記」であります。

決して

「釣り」がメインではありませんす(笑) 

御大はこの寒空の中、愛も変わらず「釣

り」に逝ってはるんですね!頭が下がります。

私は太刀魚はしないんですが釣り場はこの

時期になると殺気だっておるのがよくわかります。(恐)

今度 御大がゆうてた 

「なみはや」にアジングに逝ってこようと

思います。

アジには今のところサビキ以外では振られ

続けていますので是非、ルアーで釣りたい

です。

いつか「御大」と どっかで出会えること

を楽しみにしております。


Posted by hakko at 2009年11月06日 10:16
hakkoさん、こんにちは御大どす(爆)。

>ちなみに当ブログのメインはタイトルのとおり「修理日記」であります。

そう見たいですね、車の修理過程のブログなんてそうあるものではないから時折訪問して面白く拝見しております、私も車を持っているのでもしもの場合のバイブルにもなりえるので見いってしまいます、貴重かつニッチでいいテーマのブログではないでしょうか。

>「なみはや」にアジングに逝ってこようと
思います。

サビキの横では中々ルアーに食いつかないので夕方の一陣去って以降の群れが来るのを気長に待つしかないようですが喰ったら喰ったでデカイのではないのでせうか。

>いつか「御大」と どっかで出会えること
を楽しみにしております。

その場合よろぴく(^^)




Posted by マッK at 2009年11月06日 17:35
ご無沙汰しました!

なにかと 忙しいようで なによりです!(W)

これだけの 対策のブログ作品やと大変ですね!

また 11月の 対策楽しみにしてます。

例の 釣り ビデオ撮影は 大型メバルの時期にでもよろしくです!
Posted by ぶるぱぱ at 2009年11月14日 05:20
ぶるパパさん、お元気でなによりです^^)
師走に向けて仕事も釣りもカキョウに入ってきつつあり、オロオロしてどうしていいやらわかりませぬ。

釣れないせいかいつのまにか行脚(ランガン)スタイルになってガソリン代などバカになりませぬ。

>例の 釣り ビデオ撮影は 大型メバルの時期にでもよろしくです!

急いでおりませんのでご連絡おねがいします^^)
Posted by マッK at 2009年11月14日 12:12
こんばんは
訪問ありがとうございます
気まぐれ更新のしょぼいブロガーですが
今後もよろしくお願いします
Posted by 巻き巻き at 2009年11月15日 22:25
巻き巻きさん、はじめまして、更新楽しみにしております。
デカイアオリ釣ってください^^)
今後ともよろぴく♪
Posted by マッK at 2009年11月16日 05:25
御大様 ワンバンコです。


急に「業務多忙」になり


お返事が遅くなりまして

申し訳ありません。


なによりも わがブロ愚へ


リンクして 頂きまして 


感激しております。


これでオイラも


「マッディー組」?


これからも 胸を張って


「マッディ組」?


がんばりっまっす!


Posted by hakko at 2009年11月16日 21:26
hakkoさん、ワンMAンコ、マッディ組組長どす(爆)
お友達八チマルゲットおめでとう御座います。記事なかなか面白く読ませていただきました、奇跡とはまさにこのことでありませう。
今後ともよろぴくお願いします。
Posted by マッK at 2009年11月16日 22:13
マッK御大 いや 組長!

おはようございます。

オイラもまさか 「ハチマル」を

横で釣られるとは 夢にも

思っておりませんでした。(悲)


このポイントは 結構有名なところで

シーバス野郎達がバンバン投げにきますが

なかなか釣れません。皆さん 釣ることに

必死でランガンされるので 

「激流」

を知らずして さっさと移動してしまうか

らです。


多分 というか 絶対?


組長さんも この場所、

知ってると思いますよ! (笑)


でも

オイラは「シーバス」より 「デカアジ」

が釣りたいです。 


これからは「メバリング」になりますが。


御大様、

これからも 宜しくお願いしマンモス。

Posted by hakko at 2009年11月17日 11:29
hakkoさん、度重なるコメありがとうございます。激流渦巻くあのポイントは多分干潮時変貌するアソコかと思いますが、他のルアーマンは満潮を狙ってランガンくわだて〜のを繰り返して釣れない輪廻を彷徨っているのでありましょう。それを熟知しているhakkoさんはすごいと思いますよ。

>これからは「メバリング」になりますが。

今、メバリングとアジ両方いけますよ。

>宜しくお願いしマンモス。

マンモスて・・・あの酒井○子はそういって薬を吸引していたのでせうか。
Posted by マッK at 2009年11月17日 17:33
Mr.マッK殿
ご機嫌いかがお過ごしでしょうか?
月刊マッディウオーターの発売日を毎日のようにチェックしております。
おそらく次号は「大阪湾の根魚ドモ!わしがいくから待っとれよ」と来るんじゃないかなーと勝手に期待を膨らませています。
これからは寒さとの戦いが一番大変ですが
フラッグシップの本サイト期待大でありまするう。
Posted by FUKAZU at 2009年11月22日 18:56
FUKAZUさん、お久です、遅ればせながら右メニューのリンク欄にFUKAZUさんのサイトのリンク勝手に貼らせて頂いております、お許し下さいませ。
今、計画中の新しいランガンシリーズ(いつもボーズが多いですが)が頓挫しており急遽穴埋め用のアジングをしておりますが、コレが中々うまくいきませぬ、今更ながら遅れて本当に申し訳ありません、今暫くのお待ちを。
Posted by マッK at 2009年11月22日 20:20
御大さま こんばんは。


例の場所での 「アジング」!


オイラも これから ちょくちょく


通ってみます。


サビキで釣れる=魚 おる


ですから


しばらく寒さに負けずに


行きたいと思います。 



それと 一日でも早く


サイトを「更新」してくらはい。


楽しみにしているのは 


オイラだけではない筈。



もしかして


放置プレイの方が 


アクセス上がるから・・・(笑)



ということで

宜しくお願いシマセンス。
Posted by hakko at 2009年11月22日 22:09
hakkoさん、コメ有難うごぜます。

>例の場所での 「アジング」!


オイラも これから ちょくちょく


通ってみます。

私もしばらく通って見ます、お会いできるかも^^;

>もしかして


放置プレイの方が 


アクセス上がるから・・・(笑)

寒くなるにつれ釣り人も釣り場へ行かなくなり、情報が無用になる傾向があり、当然放置プレイだとアクセスが日を追うごとに減ってきております(爆)10月までが異常だったのでせう。

早く更新せねば、ああ、あせる。
Posted by マッK at 2009年11月22日 22:21
御大さま


こんばんば 


毎度1号です。



うわさの「ナミハヤ」


リベンジに行きました。


サビキの威力は さすがに すごいですが


アジングにも


可能性があるように思いますので


懲りずに 攻めたいです。


しかし 折角の 「初アジ」


カナシカタ です。(涙)



また 人がどこからか 湧いてきて



気がつけば 「満員御礼」!



気がつけば 「多国籍軍」!



気がつけば 「アミエビの 二ホイ」!




う〜ん 



エキゾチック 「ナミハヤ」!




PS 早く 交信?シテクサイ。


サゾカシ ネタヲ 


タメコンデ イルノデショウ?


タノシミ タノシミ(笑)
Posted by hakko at 2009年11月25日 22:51
hakkoさん、なみはやは今年いっぱいいけそうですね、南港より近い釣り場なので行き易いし。

はたしてわたくし、更新できるのでせうか?
Posted by マッK at 2009年11月26日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131079062
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。