2009年12月16日

大阪湾シーバスランガン タイムゲーム

taimuG17.jpg


先月に続き最長の更新遅れをかましてしまった。
年末の忙しさとはまったく関係がない前回と同じ自堕落極まりくった自分のなまけ癖と更新出来るほどのタマ(ネタ)がないと言うのがその理由だ、更新を心待ちにしてくれているリピーターの皆さんには大変申し訳ないがタマがないのでは仕方がない。
タマ拾いの為釣り場ではなく海とは間逆方向の朝から立ち飲み屋が開いている「西成のあいりん地区」などをビデオぶら下げて歩き廻っていては釣りブログなんぞ更新できるわけがないがしかし、あそこは最近では「市橋容疑者」や「居酒屋笑笑」の屋号パクリ問題などでブログネタにことかかない事件が続出して、歩いているだけでも「何かが起こるかも」と思わせるし、日常では味わえない緊張感が新鮮でクセになる、道端に犬科のものなのか人科のものなのかわからないばば(うんこ)踏むわ、朝、ヤクの売人がうろつく現場にも遭遇したり、スジモンの事務所前で朝飲んだ酒のせいでうっかり立小便しそうになったりと半日でヤバイ現場をいくつか経験した。そこに生きる人も面白い、こう言っては失礼な言い方になるが、様々なバックグラウンドしょいこんでカツカツに生きている人間ほど絵になるものはない(主観)公表の段階で人権に触れるおそれも無きにしも非ずだが堕胎的苦痛だけで平和このうえもない、釣りブログやるよりこちらの探訪日記上げるほうがはるかに面白いし、サスペンスフルだったりして。真剣にこれ専門のブログを立ち上げようと思っている今日この頃のボクチン。


LABAXCOMP


taimuG19.jpg

普通に釣りしてブログに釣果写真ぶらさげたのではいかにも普通すぎて面白くない。
何かないかと相互リンク先をサーフしていると最近ブロ友(ナチュラムブログ同士なのでナチュ友と言う)と頻繁に釣行を繰り返し、そのつどいい釣果を出している人物が目に留まった。「大阪湾をルアーで釣ろう」ふっ「これやね♪」ブログネーム、たいパパ。既婚者で一児の父、嫁さんは釣りに果てしなく嫌悪を抱き、全く理解を示さないというありがちな典型的な一見平和そうで「しいたげられた」日曜、いや、水曜アングラー(水曜日が定休らしい)「これやね♪」しかも嫁の脅威にさらされながらの毎日のせつない平日夜による短時間釣行にもかかわらず驚異的な釣果を出している、いじましいやないの。「これやね♪」ブログでコラボなどと称して一緒に釣行してくれる釣り友を募っておる「ほ、きまりやんか♪」私のふだんからいやしいクチが悪魔のほくそ笑むクチへと変貌を遂げた瞬間であった。
taimuG3.jpg

23時の門限が彼の嫁さんの設定した釣行時間の許容範囲ならば逆にそれを楽しめばいい。その範囲内で釣りの楽しみプラスアルファを付け足せば、喜びも倍増するという物だ、それには後見人が必須条件である、つまり私だ。逃げも隠れも出来ない動画と言う記録媒体が付加価値として加わるので面白くないわけがない。「YOUTEUBE」上でその模様を世にブロードキャストする事によって彼を応援するフアンが付くかもしれない、彼と同じ境遇を持つルアーマン、もしくわ餌釣り師も多いはずだから。しかし、フアンが付くかどうかこれも一種博打的な様相を孕んでいるが、まっやってみる価値はあると思う。
taimuG8.jpg

ゲーム性を高める要因として彼が今嵌って安定的釣果を得ているアジやメバル(ライトゲーム)を対象から外さなければ当然この企画は成立しない、釣果の安定しない難しい対象物(ターゲット)を絞り込み、その日釣れなくとも無理やり次回にモチベーションを維持できる大物でなければならないのだ、早い話くやしがらなければこっちとしても釣行の度わずらわしい気をつかわなければならない。それに不定期ながらも続かせなくては意味がないのである、と言う事で今大阪湾内で全くいい声を聞かないシーバスにターゲットを絞り込んだ。更新ネタが途切れたら困るのでしょっぱなから釣れたらどうしょうかと私もハラハラしているがしょっぱなから釣れるなと祈る他ない、というかずっとボーズでいてくれと願っている(爆)彼にとってはゲームだが私にとっては博打なのである、♪まっ釣れたら釣れたで何とでもなるが・・・、別に釣れたから終わりと言う事でもない、人知れず自然消滅していくのが理想でもある、何せ過去ランガンと称しロクな対象物(ブツ)を得ていないまま尻切れさなだむし同然放置すると言う手八丁クチ八丁のハッタリだけで成り立たせているマッディウオーターなのだから。スズキ級のシーバス釣れたら彼にサイズアップを果てしなく要求するのも手だ♪、ロクマル釣れたらナナマル、ナナマル釣れたらハチマル、ハチマル釣れたらキュウマルという具合に。いや、ロクマル釣れたら61cmとナナマル釣れたら71cmと1cm刻みでちまちまサイズアップを要求すればこのブログの更新も安定するに違いない、ミリきざみでもいいが、そこまで悪魔になりきれない。考えただけでも果てがなく面白くてしょうがない、まるでべらぼうな利子を吊り上げていく不合法な悪辣闇金業者になった気分でわくわする。勝手にシーバスもん企画しといて何が何でも釣るなというのも珍しいがしかし、ボーズを喜びのかてとする釣りブログなんぞ面白いのかしら。
彼がたいパパさん、本人希望により顔を修正、「週間ルアーニュース」で露出したにもかかわらず。

taimuG9.jpg


キスマーク


某月某日某所、彼との合流地点へ向かう、家を出る前調べた潮見表では23時頃から下げに入り、シーバスが釣れるとしたらそれ以降になる、23時前がタイムアップだから有難いことに釣り難い状況である。しかし、相手も水モノであるから予測不能な展開もあるかもしれない、用心しなければ。
taimuG2.jpg


19時40分頃かも(もうこの時点であいまい)
彼と初対面、30代とは思えない(私が骨が砕け散るほど歳くっているせいか、どうみても20代にしか見えない)やさしい面様のヤサ男、どんな些細な事でもアタリさわらず自然体で許容する空気を持っているようだ、彼の嫁さんが釣りに行く度玄関口でいびり倒すのもわかる気もする。私が女で彼の嫁なら彼の嫁の数十倍ねちねちといびり縛り付けるに違いない、何せ私は胸をはって自慢していいほどの虐待フェチだから。合流後時間がないので簡単な挨拶をすまし、今回の企画をも秘匿にして(何故に?)私自身が実績を踏んだポイントへ、
taimuG13.jpg

20時10分頃(だったと思う)
メインポイントへチェックの為到着、ここは湾奥の運河ながら潮の流れが半端ではなく干潮潮どまりまで橋の下真ん中あたりに反転流が起こる、そこがスゥイートスポットで夜になると橋上のライトで運河に明暗が出来るというまことおいしい所。すでに以前このマッディウオーターで紹介済みだが今後トラブルを避けるのと小場所である為今回名称はあえて控えさせて頂く。
ここは15年前対岸で私とシーバスを狙いに来た月亭可朝によく似た友人が盛り砂の上から向こう側へ横移動しょうとした時盛り砂とともに「ぎゃっ!」という叫び声とともに激流に滑り落っこちた事があった、「助けろ、有無も言わず、5秒以内で助けろ」と自分で叫んでいた、その当時はライフジャケットなど着て釣りをするという習慣を持っておらず月亭可朝によく似た顔が小さくなったり大きくなったり浮いたり沈んだりしながら真冬の激流運河にもまれ流されまいと必死に岸にたどり着こうともがいていた。「さぶ、死ぬわ、絶対5秒以内で死ぬわ」ともがきながらブツブツ言っていた。その時もう一人彼の仕事上の部下も参加していて私とその部下とで救出しょうともせず、その小さくなったり大きくなったりする月亭可朝の顔と相まって、もがきっぷりがギャグ漫画そのものであまりにもおかしかったので大笑いしていた。何を思ったかその部下は「魚が散るのであまり騒がないで下さい」といってそばにあった竹ぼうきで岸壁に這い上がろうとした友人を笑いながらつつきはじめたから笑いがとまらなくなった、「あ、お前ころす、5秒以内でころす!」と友人は部下を怒鳴り、つつかれた反動で岸から離れると「助けろ、有無も言わず、5秒以内に助けろ」と自分で叫んだ。最終的にしぶしぶ助けたが当然彼はぷんぷん怒り「ころそとしたやろ!」と車の中でパッチ姿のまま酷寒でふるえながら何度も月亭可朝によく似た顔で怒鳴り散らし、部下に「笑ろたやろ、ほーきでつつきながら笑ろたやろ、お前!」と叫び「ころす、5秒以内でころす、いや飯喰うた後5秒以内でころす!」と何度も月亭可朝の顔で鼻水たらしながらきつねに憑り付かれたようにぷんぷん怒り、叫びまくった。当時は笑ってすませたが今思えば一歩間違わなくっても恐ろしい出来事だったんだなとつくづ思い、それを思う出すたびライフジャケットを手放してはいけないとな思う、特にこのような激流では必須である。
おお、いけね、話が脱線してしまった。
あくまでもこのポイントは23時前までの最後のプラポイントである為チェック程度にミノーを放り込んだが下げ前なので流れも脆弱で当然反応なし、最後に再度立ち寄る事にして次のポイントへ。
taimuG7.jpg


21時前(?)
公園の南側に湾が望める、ポイントA到着。
ここも人が少ない、おいしいスポット。中央から東にかけて干潮時は底が見えるほどシャローだが西側へ向かうにつれ次第に水深が深くなる。全域にボラが多いのでライズが起ればすべてボラだと思っていい。しかし、昼間水面を覗くと岸壁際を巨チヌが悠々と泳ぐ姿も見られる、ひっそりした釣り場だ。時折シーバス狙いのアングラーを見かけるが、かなり歩かなければならない最西端へは行かず、台船が多いシャロー側で事を済ませている、釣っているのを見たことがない。我々は有無を言わず、もくもくと距離のある最西端へと向かった。案の定誰もいない。背後の壁が迫っているのでフルキャストできない。僅かな反発で飛距離を稼げるそこそこ重いルアーがいいだろう、満潮の潮止まりと重なっている為いくら投げても反応がない、当然だ、潮の動きが全くないうえ、ボラさえいない。無駄だとあきらめて気ずいた時は21時40分をまわっていた、ヤバイと思い急いで次のポイントへ向かった。
taimuG4.jpg


22時20分(多分)
たとえ釣ってくれるなと祈っても、これでは退屈すぎる。潮の動きで移動できないジレンマが徐々に襲ってきた、明らかに日が悪すぎたようだ、もやもやした気分のままポイントに降り立った。水にライトを照らすと潮がわずかながら動いているようだ、期待していいかも。船が係留する波止東側の明るい常夜灯のある所は夏場セイゴが嫌と言うほど沸いている。今の時期は全く姿が見えないが底近くを探るとHITすることがあるが数は夏場の比ではない、ましてセイゴクラスだとあまり楽しいとは言いがたい。しかし、その常夜灯角を回り込み、しばらく歩くと暗くなっているスポットがある、そこでは過去ハネクラスを数枚上げた事がある。バチシーズンだと入れ食いの可能性が望める隠れたスポットだ。北寄りの風が強まり投げたルアーが右方向へ飛んで行く。背後に壁があり少しは防風効果になっている、これでもましなほうだ、まともに北や西に向いた釣り場だと釣りどころではないだろう。今日は風が強いのだ。
taimuG14.jpg

たいパパさんはひたすら変化のあるスポットをチェックしているが一向に魚の気配が見えない。私はテクトロしょうと明暗の多少ある船と壁際にシンキングを落としこんだ、フォール途中ラインが止まり風の為大きくラインが右側にふくらんだ。ベールを締めラインにテンションをかけると小気味よい感触が伝わってきた、あがってきたのは30cmかなり未満のガキンチョ、今日はじめて見る魚の顔だ。携帯の時計を見ると22時25分、メインポイントへの移動時間を考えてこの釣り場に早々と見切りをつけた。
taimuG15.jpg


taimuG6.jpg


22時40分(じゃないかな)
最初にチェックしたポイントに着いた、下げが始まっており、流れも最初来た時よりずいぶん速くなって、橋下中央にスィートな渦が表れはじめている、まだまだ潮位は高いが流れていないよりはましだろう。先行者がいたが我々に気を使っておいしい場所を譲ってくれた、いい人だ、釣況を聞くとまだ何も反応はないと言う。たいパパは早速ルアーを投げている、時間がない、タイムリミットが刻々と迫っている。しばらくして、たいパパさんの声が聞こえた。見るとグニャリとロッドがベリーからひん曲がっておる。「ゲッ!」といいながら私は彼のそばへ駆け寄りビデオを回したがライトがあっち向いて対象であるたいパパを捕らえていなかった、私もあせっているのだ。この部分ビデオに映ってはいるがかなり暗い、後で修正して少しはましになったが・・・。
「太刀魚!」とたいパパさんがタモを準備していた手を止め波止上へ魚をずり上げた。
taimuG10.jpg

シルバーメタリックの長いブツが白いコンクリート上で踊っている。
「タッチー」と私も唖然としてしまった、こんな湾奥に、しかもおせじにも大きいとはいえない運河に・・・たいパパさんはがっかりしているようだ、ロッドの曲がり具合とこの魚では間尺に合わないと思っているに違いない。しかし、ここは激流だ、掛かった魚の引きと水圧が2乗されるのだ。彼は太刀魚に憑かれているようだ、地元の釣り場で外道で飽きるほど釣っている、ここでもか、たいパパさん。時刻を確認すると23時をとうに過ぎている。これから潮が早くなりシーバスが釣れる時間になるが仕方がねい、タイムリミットだ、急いでずらかるとするか。釣れなくて良かった、私のために・・・・


thanks

大阪湾をルアーで釣ろう



この動画を大きく見たいやタグ取得はこちら
posted by マッK at 20:40| 大阪 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした!

シーバス釣れなくて申し訳ありませんでした!
でも楽しかったので良しとしましょう!
次回はリベンジと行きたいとこですが僕の
ウデで釣れるんでしょうか?(笑)

しかし僕は太刀魚に取りつかれてますね〜

まぁ博打という事なので気楽にやらしてもらいます!(笑)
Posted by たいパパ at 2009年12月16日 23:17
たいパパさん、ほんとうにお疲れさまでした、また、次回いきませう私のために(爆)

>シーバス釣れなくて申し訳ありませんでした!

これからもその調子でタッチーばんばん釣ってください♪

>ウデで釣れるんでしょうか?(笑)

十分でしょう、なにせ、博打ですから。
Posted by マッK at 2009年12月17日 05:36
Mr、マッK殿

今度はプローデューサーものですか?
おもしろいですね〜たいパパさん、90up釣るまでは続けてくださいね。

冒頭のマッK目線での探訪日記、ものすごくやって欲しいです。

Posted by fukazu at 2009年12月17日 11:27
fukazuさん、お久しぶりです、更新遅れて申し訳ありませんでした。

>90up釣るまでは続けてくださいね。

たいパパさんに会う度申しておりますので、いつか釣ると思います♪大阪湾ではかなり難しいですが・・・・。

>冒頭のマッK目線での探訪日記、ものすごくやって欲しいです。

やるからには腰を据えて真剣に挑まなければ、色んな側面でやばいでしょうが、いずれやるつもりであります、ご期待下さい。





Posted by マッK at 2009年12月17日 17:50
こんばんは 

御大さま 

ついに「新作」ですね。

お待ちしておりました。


しかし


ご友人&部下とのやり取り


「5秒で・・・」は


かなり笑わせて頂きました。


これから寒くなりますが


お身体 ご慈愛ください。


ところで


「まっでぃぐみ?」の


オフ会とかは ないのでせうか?


楽しみにしていますデス。







Posted by hakko at 2009年12月17日 21:20
hakkoさん、お久です、更新遅れてすみませんでした。

>オフ会とかは ないのでせうか?

私と死線をさまよう覚悟があるのならいつでもあいりんで♪

Posted by マッK at 2009年12月17日 21:48
こんばんは!
首長くして アップまっちょりましたよ!♪
今回は 切り口の違う 大作ですね!
来年の メバルの好期には ビデオ&文筆でおねがいします!

現職は 作家ですか?(W)
Posted by ぶるぱぱ at 2009年12月18日 22:18
ぶるパパさん、お久しぶりです。
更新遅れてすみませんでした。

>今回は 切り口の違う 大作ですね!

今回はゲストをフューチャーしましたので私はあくまで影のフィクサーであります(爆♪)

>来年の メバルの好期には ビデオ&文筆でおねがいします!

こちらこそお願いします。

>現職は 作家ですか?(W)

目指した事もあったかも♪
Posted by マッK at 2009年12月18日 22:48
おはようございます。

「おコメ」?ありがとうございます。


しかし 「パラダイス」を見つけたと

思いました が 

「男と女」の 

パラダイスやったとです。(爆

「馬乗り」になったり 「後ろ向き」に

なったりしていました。

見たくなくても目に入り

もうすこしで

「第3のロッド」が 折れそう?になりま

した(笑)

これからますます寒くなることと思われま

すので お身体 お気をつけ下さい。


「までぇいぐみ」の新年会?

楽しみにしております?








Posted by hakko at 2009年12月21日 12:07
hakkoさん、今晩は。

>「までぇいぐみ」の新年会?

ま、どうなるか分かりませんが考えておきませうか。
Posted by マッK at 2009年12月21日 18:19
本日は 色々とアドバイスありがとうございました!
来年の メバル釣りに向けて新年から頑張りますので よろしくお願い致します。
Posted by ぶるぱぱ at 2009年12月23日 16:29
ぶるパパさんお疲れさんでした。
例の波止の件、ものすごく楽しみにしていますのでよろしくお願いいたします。
Posted by マッK at 2009年12月23日 18:27
明けましておめでとうございます。
旧年中は大変笑わせていただきました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

釣りは男のおマン、失礼ロマンです!(上州屋のイントネーションで)

Posted by fukazu at 2010年01月04日 20:13
fukazuさん、明けましておめでとうございます、本年もこのマッディウオーターを宜しくお願いいたします。

>旧年中は大変笑わせていただきました。

実は隠しダマをたくさん持っておるのですが
釣りの話から大きく逸脱してしまう可能性がありますので(今さらですが♪)
エントリーする踏ん切りが中々つきませぬ。

>釣りは男のおマン、失礼ロマンです!(上州屋のイントネーションで)

私の場合下ネタがロマンで釣りをロマンと感じたことは全くありません(誤爆)

今度一緒にメバリングでも行きませう。
Posted by マッK at 2010年01月04日 20:40

遅ればせながら


御大様

あけまして おめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

しかし 

大阪湾奥はいろんな魚がいて

楽しいです。 オイラも

皆さんのように いろんな場所へ

行きたいのですが ついつい近場で

済ませてしまいます。


「までぃ組」の メバリング大会?

怖いですが 宜しくお願いします!
Posted by hakko at 2010年01月08日 12:34
hakkoさん、こちらこそ遅ればせながら明けましておめでとうございます。
更新かまけてごめんなさい。
メバリング大会はわかりませんが、ぜひ一緒に泉南方面でも行って見たいですね。
連絡さえつけばいつでもご一緒しますよ♪
Posted by マッK at 2010年01月08日 17:51
MrマッK殿
メバリング良いですね、是非お供させていただきとうございます。
当方顔出し、下ネタ、ウエルカムであり、マッディーウオーターの屍に成り果てようと本望でありまする。
Posted by fukazu at 2010年01月08日 19:32
fukazuさん、言ってしまいましたね(爆)
マッディウオーターのネタ貧困に喘ぐ更新の餌食になると言ってくれましたねとうとう♪。
しかし、世界中にその融資じゃねや、雄姿をブロードキャストできるのですから決して孫じゃねや損はないはず。(ああ、fukazuさんもYOUTUBEのページをお持ちですね)

追って連絡しますので、よろぴく♪
Posted by マッK at 2010年01月08日 20:35
24日は どうも お疲れ様  でした!
動画  楽しみ♪
Posted by ぶるぱぱ at 2010年01月26日 05:55
ぶるぱぱさん、こちらこそありがとうございました、お疲れ様でした、またご一緒させて下さい。

>動画  楽しみ♪

いい画がとれました、感動的なモノができそうです(爆)少し時間がかかりますが期待しておいてください。

Posted by マッK at 2010年01月26日 18:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135803936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。