2010年05月05日

和歌山中紀南部・堺港と大阪谷川のメバリング

tanabe1.jpg


いやあ、みなさんお久しぶりです、お元気ですか(水爆)。
プロバイダのトラブルやPCの不具合が重なり全く更新ができませんでした。パソコンががポツコンになってしまいスペックがかなり落ちてしまいました、静止画はなんとか読み込み、補正できますが動画は重くなり編集不可能な状態となってしまいました。マッディウオーターの他に新たにサイトを立ち上げたはよかったですが記事一つエントリーしただけで糞詰まり状態が続いております。しばらく落ち込んで釣りに行ける状態ではなかったのですがこのままではマッディウオーターの消滅に繋がるやもと言う危機感を感じて久しぶりに釣り場へ赴き、親のカタキみたいに写真をバシバシ撮りまくってきました。これから順次、だましだましエントリーして行きますのでご安心下さい(ほんまかえと思いの方、ご安心下さい私自身そう思っております^^)本当に申し訳ありませんでした。


和歌山中紀南部・堺港(南の釣り場)


tanabe2.jpg

久し振りの更新一発目はまだこのマッディウオーターでは紹介していない和歌山の南部にある堺港。正直突っ走りすぎた感がなきにしもあらず、兎に角無目的かつ盲目的に南を目指したら脳内で釣りをする時間、帰る時間を計算したらここへたどり着いたわけで、ここでなくとも釣りさえ出来たらどこでもよかった。しかし、この堺港、ここで紹介しているのはほんの端くれの釣り場に過ぎない。メインらしき波止が数本漁港を覆うように東西ににょきにょき伸びてかなり大きい釣り場なのである(私にはとうてい特定しょうがない)したがって新参者がここはこうなどと一言で魚種その他釣りに関してもろもろに能書きたれるのは単なるよだれたれのうわべたれの能書きたれにすぎない。まっここに限らずいつもいいかげんだが。
tanabe3.jpg


ここへ来る前メバリングをおもくそしょうとワームやら何やらアイテムをごっそり仕入れて意気込んで来た、しかし、スカ喰らった、スカ喰らったと言うのは釣れなかったと言う事でもあるのだがしかし、それ以前の問題があるのを知らなんだ。この漁港の近くにある有名なエサ屋さん「釣太郎」にメバルの釣況を聞いてみると「いない」という。「いない」というのはどういうことか、言葉がたらないか言葉が違うかどっちかだが?やはり大阪近郊同様気候が温暖になった原因でシーズンは終わったということなのか?と聞いたら店員さん「違う」私「?」店員さん「いないのです」私「??」店員さん「もともといないのです」私「???」店員さん「ここにはもともといないのです」私「????・・・み、店に・・」店員さん「店ではありませんこの田辺一帯にもともとメバルなどいないのです」私「?????」店員さん「早い話ここには棲息していないと言う事です」私「????????」

こんなきれいな海にメバルいないて知ってたか?

tanabe5.jpg


なかば方針状態で氷を買い、浮浪者のようにふらふら店を出て真昼間ぼ〜としながらつぶやき始めた、あ〜知らなんだ、知らなんだメバリングのない地域があるのをあ〜知らなんだ、知らなんだ。サイクリングあるのにメバリングないでやんの、サニクリーンあるのにメバリングないでやんの、イカリングあるのにメバリングないでやんの、アイスクリンあるかどうか知らんけどとにかくメバリングないでやんの。
車のそばからすぐ竿が出せる、しかし、この日大潮の干潮潮止まりで誰も竿を曲げていなかった。
tanabe4.jpg


tanabe6.jpg

塩分濃度の違いか生態の違いかわしにはわからんが、投げ釣りのカレイもそうだ、大阪を基点として言うならば南に近ずくにつれ、その棲息が希薄になる。中紀あたりが棲息域分布のボーダーラインにあたるらしい。メバルが果たしてそうなのかは不明だが久しぶりにお勉強した気分だ。しかし気合い入れすぎたメバリングが出来ないショックも少なからずある。
tanabe7.jpg

「ガシラなら・・・」エサ屋の人も現地の釣り人も一様に同言したがガシラならと言われたらガシラかぁ・・と思わざるを得ない。
しょうがないから買ったばかりの穴釣り用タックルセットしてテトラのある波止に上がった。しかし、大潮の干潮潮止まりらしくテトラの穴を覗くと地獄があらわになっておるわ、地ベタがクチをぱつくり開けて私を「ワルあがきやめてそろそろみっともなくズリ落ちてズタボロになったあげく、いさぎよく死になさい」とさそっっておる。波止からの高さがかなりあり恐ろすいのとむなすいいのとで決定的にここにいる理由が無くなった「移動しょ」。
今思うとガシラでもいいのだが時間が・・・・
tanabe8.jpg


時間が・・・・
tanabe9.jpg
前述したとおりエントリーした釣り場はほんの南側の一部分でしかない。西側にはかなりの規模の大波止がありサビキなどのファミリーなども多い。しかし、写真にあるここや隣接する田辺特有の平らで低い磯や波止は大物も数多くあがるらしい、フエフキやイシダイやコロダイなど大阪ではなじみのない大型魚が腰を据えて狙えるがやはりここでもアオリ狙いの人が目立つ、家財一式並みの道具を波止上に並べて泊まり覚悟できているヤエン師もいた。ガシラなんぞそこらじゅうゴミみたいにいるらしい、しかし、ここまで来てガシラはないぞ。


穴を覗くと死神が・・・・
tanabe10.jpg


エギンガーだの
tanabe11.jpg


竿釣りだの
tanabe15.jpg

この後大阪側へ戻る形で中紀の釣り場を廻ったが(今後更新予定)和歌山ではシーズンオフのメバル目当てであった為すべてサクサク行動であった。そしてやはりエギでもヤエンでもアオリイカの人気は凄かった、ファミリーのサビキ片手間でエギを投げる光景など当たり前なのだ。気になったのは本格的な投げ釣り師の姿は皆無に近かった、GW利用して早場のキス目当てで遠征しているのだろうか。
tanabe12.jpg


中ほどにある波止、本来ならばここを紹介しなければならないが、ほれ、時間が・・・
tanabe13.jpg


穴を覗くとほれ、死神が・・・
tanabe14.jpg

GW初日であったが行き帰り全く渋滞にあわなかった。私が高速を全く使わないで一般道を走っているせいもあるが、多分多くがETC最後のかけこみ消費で普段高い高速料金の淡路や四国に集中したのだろう、信じられないくらい和歌山はガラガラだった。


イカ狙い、しかも大型があがるらすい
tanabe16.jpg


tanabe20.jpg


寝とる、死神がほれ、そこに・・・
tanabe17.jpg


tanabe18.jpg


漁港
tanabe19.jpg


tanabe21.jpg


おまけ・深日、谷川でオフ直前のメバリング


tanigawamebaru4.jpg

昼飯などで狙いの食い物を想像するともうクチがその食いモンの味を欲してくるのが常でたこ焼きだったら、たこ焼きのクチになりラーメンだったら、ラーメンのクチになる。たこ焼き喰いたいクチなのにタイ焼きしかなかったら、ラーメン喰いたいクチなのにソーメンしかなかったら誰もが終末的な怒りに達するに違いない。
和歌山へ行く時からメバルのこぎみよい引きが脳裏に焼きついていた為メバルのクチになっていた。南へいくほどデカイメバルに会えるに違いないと言う単純にして無知なる煩悩はエサ屋の店員が言い放った冷徹な言葉にいともた易く崩れ果ててしまった。メバルなぞ居ない中紀の徘徊をそこそこに大阪深日へ車の鼻を向けたのは当然の事だったが深日に着いたのがすでに22時を廻り、満潮上げ七分真っ只中であった。「メバルのクチ、メバルのクチ」と自身をせかしながら早々とタックルの準備を済ませスロープ前にグロー系ネジワームを放り込んだ。ゆっくり引いてくるも反応無し、「メバルのクチ、メバルのクチ」と呪文を唱え船だまり波止際攻めるがゴミ引っ掛からんだけましかと思った途端、係留ロープにネジワーム引っ掛け、おつさんあせるのなんの。深夜のおつさんあせるのなんの。
「メバルのクチ、メバルのクチ」とボケボケ老人みたいに呪文を連発し、ここでの攻防を断念、第二戦場の谷川へ。

tanigawamebaru7.jpg
だいたい今の時期大阪で常夜灯のある漁港でメバリングやる奴はいるのだろうか。自身が書いた絵図にだんだんと不信感さえつのらせてきた。「何がメバルじゃ」疑問に疑問が覆いかぶさり「テトラのガシラでもええか」と車の中で寛容姿勢すら見せ始めたから始末に終えん。おつさんはすぐ方向変換するのだ。深夜のおつさんはすぐおいしいところにいともた易く方向変換しても恥ずかしいとも何とも思わないのだ。深夜のおつさんに初志貫徹と言う言葉は無用の長物以外何物でもないのだ。前をとろとろ運転の車が視界に飛び込んできた。「ええい、急いどんじゃこちとら!!」深夜のおつさんはあせると時折江戸弁おりまぜながら暴走する傾向があるのだ。「ケツまくれ、ケツまくったらんか〜い!!」と深夜のおつさんの背後霊がちんぽの先っぽがあこうなったさかりのついた猫みたいに雄叫び狂うておじゃりまするわ。ケツまくろうとした瞬間、○ン中にひし形のエンブレムが目に飛び込んできた。「ま、あせることないわな、こどもやないねんから」深夜のおつさんはすぐにおとなしくなるのだ。深夜のおつさんは○ン中にひし形のエンブレムと○ン中に書かれたBMWには寛容な姿勢をみせる傾向にあるのだ、そうそう最近では○ン中L型マークのエンブレムの車やハマーなる装甲車みたいな車ががぴたりと背後に付かれた時にはすぐさま道をゆずる傾向のある事も忘れていないのだ。
「ま、あせることないわな、こどもやないねんから」

おまた!
tanigawamebaru1.jpg
「あほんだら、あほんだら、あほんだら」谷川に着いたのは23時を廻ってからだった。
「ベンツのあほんだら、おかげで時合いのがしてもたやんけ!」深夜の漁港に苦悶とも取れる呪文が小さくこだましていた。「あほんだら、あほんだら、あほんだら」ぶつぶつ言いながら光に照らされた水を見てため息点いた、「すけすけ」底まできれいにみえとる。

おまた!
tanigawamebaru3.jpg

「すけすけは女のぱんちーだけでえーね!」呪文となえながらとりあえず、ガルプのジギンググラブ1.5を放り込んだ。「あほんだら、あほんだらベンツのあほんだら」呪文となえながらとりあえず、ガルプ引いてきた。「くん」軽い引き込みがあった。「なんかおるで」小さくも軽い喜びが沸いてきた、「なんかおるで」期待込めて再び光の明暗部へキャスト、引いてきたが今度は反応がない。「あほんだら、あほんだらベンツのあほんだら」小さくも軽い喜びが呪文へと変わった。再び明暗部へキャスト「くん」軽い引き込みがあった「なんかおるで」小さくも軽い喜びが沸いてきた、「なんかおるで」キャスト、反応なし、「あほんだら、あほんだらベンツのあほんだら」キャスト、僅かな反応「なんかおるで」

おまた!
tanigawamebaru2.jpg


おまた!
tanigawamebaru5.jpg

「らちかんぞ」とリトリーブの速度を変えた、「らちかんぞ」すぐさまティップに小さな振動が走った。今度は乗ったようだ。ゆっくり海面からそやつを抜き上げた。「おったで」10cmあるかないかの子メバル。「おったで、やっぱり!」元より今の時期型なんぞ期待していなかった、自身の描いたシチエーションでメバルの引きが楽しめたからそれでもうおっさんは満足であるのだ。常夜灯のある漁港のメバリングと明かりの無いテトラでの底近くや底をずる引くメバリングとどちらが好きかと言うと楽しさで言えばは常夜灯のある漁港のメバリングの方がおっさんは好みである。常説通りの釣りもいいもんだ。
おまた!
tanigawamebaru6.jpg

しかし、潮止まりのはずと思ったが僅かにゴミが流れている。帰って潮見表をみなおしてみよう。当然深夜のおつさんは帰って潮見表などみなおす勉強熱心ではない、言ってみただけだ、言ってみただけ。その後ワームやプラグをとっ替えひっ替え8cm〜15cm未満の小サイズを20匹ほど追加したところで潮がぱたっと止まり海から生命反応が途絶えた。
時計を見ると2時を廻っていた「帰って潮見表をみなおしてみよう」おつさんは満足して「次は日本海やで」と嘯きながら帰路についた。


アクセス

より大きな地図で 和歌山中紀 を表示
posted by マッK at 03:55| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁー久々の更新お疲れさんです。釣りに行く時間と金と足が無い三無い野郎のぴっぷ君はココの動画を見ながらの脳内釣行でオナってたのですが、最近は更新も滞り脳内釣行も出来ずに悶々と過ごし、危うくアスファルトにキャストしてしまうところでした。
動画が無いのが残念ですが、PCの不調は私にはどうすることも出来ず・・・寄付カンパするような余剰金もなく・・・早よ新しいPC買え!としか言えませんが、完全復活をお待ちしております。
また、南部堺は他サイトを見ながら3回脳内釣行をし、25cmオーバーのメバルを釣り上げたのですが、居てなかったのね。。。
Posted by ぴっぷ at 2010年05月06日 18:03
ぴっぷさん、お久しぶりですね、更新遅れて申し訳ありませんでした。その後喰えるスズキとはめぐり合えましたか?
兎に角コメありがとうございます。
今のPCでは動画編集は無理がありますが通常の静止画編集なら全く問題はないようです。次は高スペックのクワッドコアついたタワーでも買おうか思案中ですが、金が・・・更新が滞っていたのは記事中でもあった事案の他にエントリーできない諸事情が色々かさなりまして・・・。
しかし、このGW中だけでも和歌山の他日本海の宮津周辺や若狭の大島周辺を廻ってきましたので画像のストックだけは十分確保しておりますのでご安心下さい、後は私のさじかげんで満足いくエントリー可能かどうかですが?
可能なかぎり早く更新いたしますのでご期待下さい。
Posted by マッK at 2010年05月06日 20:48
スズキ様と呼べるトトには巡り会えず。。。青物だ!鯛だ!とカゴ釣りの道具を買ったものの時合を逃し。。。イカだ!ヤエンだ!と道具を買ったものの使う事無く今では何処に仕舞い込んだかもわからないありさまで、此方でもリンクを張っておられる“千夜釣行”を見ては“これからは“メバるんるん”か!と思いを馳せている今日この頃で御座います。


Posted by ぴっぷ at 2010年05月07日 15:59
ぴっぷさん、再びこんにちは。

>イカだ!ヤエンだ!と道具を買ったものの使う事無く今では何処に仕舞い込んだかもわからないありさまで。

釣り人にありがちなことでせう、私もヤエン
買って行方不明になっております。

>これからは“メバるんるん”か!と思いを馳せている今日この頃で御座います。

メバルのこぎみよい引きは麻薬です、思いだけ馳せていないで釣り場へGO!
Posted by マッK at 2010年05月07日 18:34
本当にお久しぶりです。

マッkさんの生命反応がここ数カ月読み取ることができず、もはや昇天?(失礼)と焦りまくりの毎日。お会いしたことも無いのに、当方親近感湧きまくりでマッKさんの息のかかっているであろう釣り場に行けばお会いできるかと先日もなみはや大橋下に釣行したばかりです(今、ハネの魚影すごいです)

最後に…
マッkさんのウルトラスーパー釣り場散策サイトを久しぶりに楽しませていただきました。やっと今夜からゆっくり眠れそうです(なんのこっちゃ)

Posted by イトウ at 2010年05月07日 21:29
イトウさん、こちらこそお久しぶりです、おげんこでしたか?更新遅れて申し訳ありませんでした。
もう一つのサイト「ぼると式」、中々更新できません、どうしたものでせうか。

なみはや行かれたのですか、ハネ爆釣しましたか?
そろそろバチシーズン(終わっているかも)私も久しぶりに顔出してみますか。

できるだけ短い波長での更新心がけておりますので今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by マッK at 2010年05月07日 21:40
いつも振られるのを覚悟でお気に入りのマッディーをクリックすると、まさかの更新!
「ほんまかえ?偽者?いや、あほんだらを3連発できるのは島木ジョージかマッKさんしかいないはず」うーん、もうすこし様子をみよう。

Posted by fukazu at 2010年05月07日 22:12
おお、ハードコアスキンヘッドのfukazuさん、お久です。

>もうすこし様子をみよう。

わしゃ、ヌートリアか。

まっそう思われても仕方がない事しでかしていましたから、当然ながらアクセスもだだ下がりどす、も、この際どでもいいが。

今度また行きませう、近々連絡入れるやもどす、メバルや手長の他新たなライトターゲットを見つけましたので、
次回おたのすいみを。
Posted by マッK at 2010年05月07日 23:18
おひさです!
南部!
ぶるさんが 田辺 単身赴任時代
そこの エサ屋は よくいきました。
たしかに メバル というか、、シラサエビは 御坊までしか売ってなくて、、、、
メバルの気配は 南部には しない感じでしたが、、、、すぐ南の 天神崎の波止場で 夜 アオイソメで 27CM位のメバルを釣った事がありましたよ!
南部のその漁港の波止場では タカベが入れ食いで(WW)メバルボウズでした。
隣の 地磯付近は 夜 タマミの大型がよく出てましたしこのシーズン アオリの大型が 結構出てました。

北港初夏メバルまで もう少しかな!
Posted by ぶるぱぱ at 2010年05月09日 15:56
ぶる様、ほんと、お久です。いかがおすごしでしたか?W
みなべにメバルいないなんてこかれてはご指摘の天神崎にもいく気力もうせますわ。

>夜 アオイソメで 27CM位のメバルを釣った事がありましたよ!

GW前に言うてほしかったどす、今の時期まるで27CMなんてSF映画みたいどす。
今度コロタマ狙いにいきませうか。

>北港初夏メバルまで もう少しかな!

ううむう・・・腕がきしむ、いや腕がなるなる法隆寺、絶対誘ってくらはりまや橋。
Posted by マッK at 2010年05月09日 16:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。