2010年06月07日

和歌山 大引・白崎周辺プラス大阪湾近況

大引周辺

oohiki4.jpg

前々回の由良釣り公園から北上して竿を出す所を探し回った。
目安は漁港だが釣り公園からほど近い神谷は磯や有名な神谷スーパー一文字へ渡す渡船の基地港としては有名だ、しかし漁港そのものから竿を出すにはあまりにも殺風景すぎて食指が動かない。しばらく走って岬を大きく廻ると大引のビーチが目に入った、ビーチ南側の崖際から小さな波止が伸びている、実はここは竿を出した事がないが以前から気になっていた。周りを岩礁帯に覆われ、いかにも根魚が入れ食いになりそうな様相であるが潮が澄み過ぎている為全く釣れる気がしない。水深はそう深くはなくビーチ向きにちょい投げすればキスぐらいは釣れそうだ。時計を見ると3時を廻っていた為ここで少し粘って反応がなければまたすぐ移動しょうと考えた。
oohiki8.jpg

oohiki5.jpg

波止にはアオリイカ狙いの人が3名乗っかっていた。だめもとで「メバルはどうか」と聞いたが「は?」とすっとぼけた顔を向けられた。
「ここでメバルのお・・・」と言われ「ガシラやったらおるんやないか」といかにも興味なさそうな返事が返ってきた、それだけアオリに夢中なのだ、実際この一帯アオリは相当に濃いらしい。
エギは持ってきてはいるがどうもシャクる気持ちが起らない。彼らがアオリに夢中になっているのと同様で私は時期はずれ?のメバルに夢中なのである。
oohiki9.jpg
「ま、いいや」と波止から海を覗くと海藻の隙間から結構なサイズの魚がのたりのたり泳いでいるのが見えた。「グレ?」魚種の特定は出来ないがとり合えずガルプ小さくちぎってジグに刺し、放り込んで様子を見た。しかし、ワームには見向きもしないで悠然と海藻と岩の間を移動しているだけ。「見える魚は釣れない」と言う定説があるが「見える魚も場合によっては釣れる事がある」波止から人間の気配を全く無くせばその可能性は高まる、しかし、一度私の存在を見切った魚はそうやすやすと釣れてはくれない。20分間あれやこれや試行錯誤を繰り返したがやはり徒労に終わった、いい気候とあいまって体がどんよりしてもう動くのが邪魔くさくなってきた。
oohiki10.jpg

oohiki11.jpg

先行者のヤエン師の一人がアオリを掛けたらしい、駆け寄って写真を撮らせてもらえばいいものを晴天がもたらすゆえの気だるい波止の雰囲気はいかんともしがたく、堕落しきった脳が自身の体を動かす命令すら出せないでいる。波止に横になり「あかんね」遠目で陽炎にゆれるヤエン師のテキパキとしたやり取りを眺めながら波止の上でぶつぶつ念仏を唱えた「あかん兆候やね」まったく動こうとしない自身を攻めはじめた、今に始まったことではないが他人のことなどもうどうでもよくなってきた。自身引き締める余裕もないほど堕落しているようだ。
oohiki12.jpg
「こんな所でわしゃ一体何をやっとんねや」別に銭になるわけでもないのに見ず知らずの他人に果てしなくタアイない怪しい釣り場情報をくれてやっている俺はいったいナニモンか?たかがブログ更新の為に和歌山くんだりまで来て俺はいったいナニをしとんのか?趣味?けっ、その気になればこんなブログいつでもやめたるわい。もう一度「こんな所でわしゃ一体何をやっとんねや」とつぶやいた、せつないほどシワが希薄な脳みそにむなしいほどの自問自答が交差しはじめた。考えることすら面倒くさくなり、結局あれもこれも全部含めて「天気がよすぎるから悪い」ということにした。「飽きたな、ここに居るのが、場所(カシ)変えるか」
oohiki13.jpg

oohiki14.jpg

大引漁港
oobikigiyokou1.jpg

oobikigiyokou2.jpg

oobikigiyokou3.jpg

oobikigiyokou4.jpg

oobikigiyokou6.jpg

白崎周辺の磯とゴロタ浜

sirasaki4.jpg

白い岩礁帯で知られる中紀の勝景地、白崎へ寄る前に晩飯を調達しなければならない。海沿いに面したこの辺にはコンビニのたぐいは皆無で一旦国道42号線へ戻らなければならない。このぷち山越えが相当邪魔臭い、飯ぐらい抜いたってどうって事ないが釣りしに来て、ボーズ喰らうわ腹すかすわでは死ぬ希望だってわいてくるはずもない。
白崎オーシャンパーク、公園内及び周辺は釣り禁止
sirasaki2.jpg

sirasaki3.jpg

コンビニで夜用に仕入れた焼きそば入りコロッケパン2ケと甘い甘〜い和三盆ふりかけているあんドーナツ、それに、がぶ飲みミルクコーシー500ml。糖尿の恐怖に怯えているヤカラのエサとは到底思えないラインナップ、着実に死地へとあんよへ向けているが食欲、物欲、性欲を制御するぬるくさい本能は「今が気持ちよければそれでいい」とうそぶく自身にはけぶたいお言葉以外のなにものでもない。坊主が先か医者が先かの話だが極力銭のかからない安モンの坊主でお願いしたい。
sirasaki5.jpg

sirasaki6.jpg

sirasaki7.jpg

sirasaki8.jpg

sirasaki9.jpg

釣り場に来て釣りしながら死を考えるのは現実性がありすぎる。目の前にある殺風景な海にルアーを投げる代わりに身を投げれば事は済むのだからして、問題はうさんくさい中年にまっとうな保険がおりるかどうかだ、常に損得勘定前提で死を考えるのは血糖値が不安定だからだ。眼前の白崎のゴロタ浜は根魚の宝庫に見えるが、賽の河原にも見えなくもない。
一時間ほどあれやこれや手を変え品を変えワームをキャストするが根がかり以外何の反応もなし。
sirasaki10.jpg

sirasaki12.jpg

sirasaki13.jpg

暗くなって次の釣り場である漁港へ移動したが立ちくらみするくらいの貧果で港の名前すら未だに思い出せない、やはり坊主の方が先と言う方向で。

大引・白崎へのアクセス

より大きな地図で 和歌山中紀 を表示

大阪湾近況 南港コスモスクエア・北港舞洲緑地・なみはや大橋・南港北防波堤。

5月31日北港舞洲
釣り場が開放された南港コスモスクエア前と北港舞洲緑地公園へ行った。南港コスモスクエア前は車の駐車がネックで今回足を踏み入れるのを見送ったが近々タックルを持ち込んで実釣検分する予定。
北港舞洲緑地公園へはバチパターンだろうと勇んで行ったが満潮の潮止まりと重なり、ボラのサークルを確認したのみ。しかし、潮潮止まり前に54cmのシーバスが釣れたと現場で会ったアングラーが言っていた。足場が海に近く、板張りで釣り易いが私はここで魚を釣った記憶はない。要するに撃沈、ひえ〜!。
hokkoumaisima1.jpg

hokkoumaisima2.jpg

hokkoumaisima3.jpg

コスモスクエア前と舞洲緑地公園のアクセス

より大きな地図で 南港〜平林周辺 を表示

6月4日 なみはや大橋下。
これもバチを意識してガルプのイソメナチュラルを持参、岸壁際をアオイソメの餌釣りの如くガルプのコスリを敢行、しかし、時間が21時を廻っていた為、シーバス1本も上がらずガシラの31Cmがきたのみ(去年も釣った)、釣り方があまりにセコすぎたのか?そして時期的だろう、キビレの小形が増殖中でバイトは売るほどあるがフックアップに至らず、要するに撃沈、ひえ〜!。
アクセス地図はサイドメニューの過去記事を参照。
namihayagasiraA.jpg
posted by マッK at 02:07| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもお世話になりました!
おそくなりまして!

本日も 性懲りもなく、、
あそこに いきまして、、、!
仕事仲間のルアーマンは 5回ヒットも
食い浅くて、、、、xx!
見え スズキいてました!
Posted by ぶるぱぱ at 2010年06月09日 17:36
ぶるさん、先日はお疲れ様でした。
また行きましたか・・・・
ウキ釣りは面白いですが
シラサと渡船代合わせて5000円超は割高な投資ですな、月一の贅沢と思えば救われましょうか。
Posted by マッK at 2010年06月09日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。