2010年06月13日

なみはや大橋2010年 ライトキチニング

origu.gif

namihayatinig1.jpg
チニングではない、キビレだからキチニングなのだ、しかもスモール。ライトゲームの王道、メバリングをしたいが今の時期近場の大阪湾では到底かなわぬ夢(一部場所によっては釣れているが)、なけなしの銭で買ったライトタックルをシーズンまで手持ちぶさたにしない方法は成長過程の魚をねちねち舐め倒すやうに、いたぶるしかないのだ。
namihayatinig4.jpg
先週なみはやへガルプのシーバスのコスリをやった折シーバスにふられ、繁殖中のキビレのガキンチョらしきアタリを体感した。その時はガキども相手にいい大人が熱くなることもあるまいとそのまま家に帰ったが「手持ちのメバルのライトタックルでガキどもを的に絞ってやったら面白いのでは?」と発想の転換をした。むらむらとこうるさくも抵抗が幼く、か弱いガキ共を駆逐する絵図がドタマを駆け巡り、居ても立ってもいられなくなった。
「非力だが将来有望な人材を早いうちから根を絶たたせてやろう」のコンセプトは私の旺盛極まる知的好奇心を五臓六腑までふるわせた。「パージ(粛清)やね、」旧ソ連のスターリンがやった抵抗勢力への大量虐殺をなみはやで再現してやろうではないか。

虐殺と言ったが正式にはリリース前提なので早とちちりちんしてエセ正義感まるだしで「あんましや!」などとコメントしないやうに、「あんましや!」と言われたら「あんましやね!」と返事するしかないので。一人では心もとないのでライトゲーム大好きなスキンヘッドのハードコアロッカー「fukazu」さんを誘った。二人でちんぎっては投げ、ちんぎっては投げの血(ちぃ)の饗宴をぶちかましてやるのぢゃ。

虐殺者fukaっちゃん。
namihayatinig2.jpg
私が今回持ち込んだワームの一部、画像にはないがバス用のストレートワーム(黒)も使った。
namihayatinig12.jpg
まだ日が沈みきらない明るい18時頃、ライトゲーム大好きなスキンヘッドのハードコアロッカー「fukazu」さんがワーム放り込んで早々と「反応あり」のうですいご報告、この日は大潮で込み真っ最中、下げ直前で暗くなってからが勝負と思っていたが意外に早い反応におつさんびくつり。まだ日が沈みきらない明るい中でおつさん、もうびくつり。しかし、中々フックアップまで至らないと言う、そらそうだ、だから面白い、簡単に釣れればすぐに飽きがきてしまうのだ。あれやこれやワームやメソッドを変えるなどの試行錯誤があるからこそのライトゲームなのだ、キビレのクチは小さい為、針がかりさせるには至難である(あくまでも小キビレのパナシ)。生きエサのシラサエビはともかくアオイソメなどのひょろ長いブツだと下部分だけ齧られてなかなか針がかりしない場合が多い、ワームもしかり、本格的に狙うとなるとひょっとしたらメバルより難しい側面を持ち合わせているかもしれない(あくまでも小キビレのパナシ)。私もストレートワームを放り込んだが「コツコツ」バイトはあるがやはりフックアップしない、こりゃあ苦労するぞとガルプ(2inショートイソメカラー)に変えた途端、きゃつらの反応が変わった。
釣れてやんの。
namihayatinig3.jpg
あつさり、釣れてやんの。
namihayatinig6.jpg
小キビレみたいな小さなクチに対して従来あるボリューム感のあるワームはやはり無理がある。したがってメバル専用ワームなどを流用すれば問題はないと思いがちだが20cm以下の小キビレとなるとそうはいかないようだ、よほどの活性が高い時を除けばほとんどバイトだけに終わる、ワームをとっ替えひっ替えても替えた時だけの刹那的バイトだけに終始してしまうことになる、メバル狙いで外道でキビレが釣れた事をよく聞くが、それはたまたまに過ぎないし30cm以上のそこそこのブツである場合が多い。あくまで外道の範疇内で入れ食いになった事も聞くが、それもたまたまキビレの活性が高かっただけの話なのだろう。つまり本当に専門に狙って見るとその難しさが身にしみて実感できるだろう。何にしてもそう思い通りにいかないところに釣りの面白さがあるのだ。ライトゲーム大好きなスキンヘッドのハードコアロッカー「fukazu」さんが空(から)バイトにへきへきし、私のガルプを借りてズル引きしたら
釣れてやんの。
namihayatinig7.jpg

あつさり、釣れてやんの。
namihayatinig8.jpg
その後壁際を狙おうと放り込んだらホール中に喰った、まさに落とし込みの食い込みだ。ティップが右往左往して気持ちよくひん曲がりドラグがジャージャー。何せメインラインが0.8号のフロロだから無理すると切れる恐れがある。しかし、良く引く、はじめはボラだと思ったがタモで掬うと30cmのキビレ、こやつサイズから想像できないほど本当によく引いた。
namihayatinig10.jpg
その後fukazuさんもコンスタントに小キビレを釣り続け、40cm前後のシーバスも釣れた、恐るべし、ガルプ!。潮どまりでいったん釣り座をはずし、ブレイクタイムに近くの近所の自販機でコーヒーを購入、二人で歩きながらガルプは今さらながら本当に凄いとしきりに話した。
namihayatinig11.jpg

namihayatinig9.jpg

namihayatinig13.jpg

namihayatinig14.jpg

namihayatinig15.jpg

namihayatinig16.jpg

namihayatinig17.jpg

namihayatinig18.jpg

namihayatinig19.jpg

21時過ぎ、釣り座に戻り、潮が動き出し、第二ラウンド突入しょうとしたら背後で不穏な空気が、二人のわけい釣り人がいつの間にか表れ、釣り支度しとるではないか、広大な釣り場にわざわざこんな狭いエリアに、しかも我々がいるというのに・・・・。どうもビギナーらしい、釣り人がいるところが釣りポイントと思っているのだ、ここですぃかサカナ釣れないと思っているのだ。「難儀やの、気になって集中力がでない」と思ひ、泣く泣くfukazuさんに移動を告げた、バイトがあったばかりなのに・・・。その後場所を東側に移したが魚種判定不明のバイトをいくつか拾ったのみでフックアップに至らず、ノーフィッシュ、時間も23時になろうとしていた為、次回の第三ラウンド継続をfukazuさんと確認後ここでストップフィッシングとした。しかし、普段ゴミ虫同然の外道扱いはなはだすい小キビレを専門的に狙って初めてその難しさ、面白さをを実感、メインであるシーズンのメバリング練習にもなり実に身になった今日この頃、そして総括的感想はガルプちゅうのはほんとに凄い!。
posted by マッK at 19:33| 大阪 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | なみはや大橋下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マッKさん、ごめんやしておくれやして!
このたびはガルプも拝借しましたので、ブログへもリンク拝借いたしました。
おかげで久々の更新ができ感謝の念に堪えません。

しかし、ライトキビリング面白いじゃないですか!次はエビングですか?楽しみです。
Posted by fukazu at 2010年06月13日 22:57
fukazuさん、お疲れさんでした、本当に面白かったですね。
第三ラウンド絶対やりませう。

エビリングもいけそうですな。
Posted by マッK at 2010年06月14日 05:22
マッKさん こんにちは。

この釣り場、始めて行く方なら「ペンキ臭いわ、さび臭いわ、こんなとこに魚おるんかいな?」と思われますが、事実魚影の濃い場所ですね。近頃軟体系狙いでボーズ食らいまくりの自分。キビリング…小さくてもこんなに楽しめるなら「なみはや大橋下」に近いうち出撃してみます。
キビリングも気になりますが、ビックガッシーの方がも〜と気になっております(笑)今回はいなかったのですか?

Posted by イトウ at 2010年06月14日 15:23
イトウさん、こんにちは。

>事実魚影の濃い場所ですね

そうですね、釣れる魚種は湾奥特有の灰色系が多いですが特にキビレは多いと思います。

>キビリング…小さくてもこんなに楽しめるなら「なみはや大橋下」に近いうち出撃してみます

キチニングと申しますが・・・(どでもいいけど)小キビレ相手なら頭を悩ます釣りになること請け合いです、アオイソメならアタリの数ほど針がかりは難しいと思います(方法はありますが)

>ビックガッシーの方がも〜と気になっております(笑)今回はいなかったのですか?

今回は釣れなかったですね、しかし、根気よく通えばでるかも・・・

ガシラに限らず満潮前後を意識して行けばエサでもルアーでもいい目がみられますね、ぜひ出撃してください。
Posted by マッK at 2010年06月14日 16:55
まだまだ コビレちゃン 元気なんですね!

で 私 20日 またまたまた  たまや渡船で メバル調査してきます。♪
少しは マシになってきてるはず!
Posted by ぶるぱぱ at 2010年06月16日 16:23
ぶるぱぱさんこんにちは。

>またまたまた  たまや渡船で メバル調査してきます。♪

ごくろうさまです、暑いので猛暑対策は完璧に。私もまた機会があれば再訪してみょうと思います。
Posted by マッK at 2010年06月16日 17:53
マッKさま、ご無沙汰しておりました。

私が淀リバーのキチヌにうつつを抜かしている間にナミハヤで入れ食いですか?

うらまやしいです。(笑)

またOリグっていうのもあるんですね。
勉強になりました。

今度は 是非、淀リバーで。

根ガカリ地獄でお会いしましょう 
Posted by はっこう at 2010年06月21日 21:14
はっこうさんお久です、今晩は。

>またOリグっていうのもあるんですね

実は高価なジグヘッドのロストを考えますと、こいつは管付き針と安価な丸玉オモリで僅かな出費で済むことに感激しまして最近このリグにはまっております、管付きチヌ針とウキ釣りで使用するテーパー状のシモリか極小オモリを使えば8の字コブ作るだけで針を結ぶ手間もいりませんから現場で簡単にできますので重宝この上ねいです、ぜひお試しを。

>根ガカリ地獄でお会いしましょう

わたくし、会社さぼって淀川に今日行って参りましたが根がり地獄にへきへきして退散しましたです、いつかお会いするかも。
Posted by マッK at 2010年06月21日 21:44
今日、逝かれたんですか>淀リヴァー。

仕事もほったらかして(笑

あの根ガカリ地獄には私も泣かされてます。

私もジグヘッドがもったいないので

活性の高い時は 表層&中層狙いで

管付きチヌ針の4号と6号を多用しております

底引きするときはキャロでいきます。

淀リヴァで 赤いちゃんちゃんこじゃなく

「赤いベスト」な野郎がいましたら

宜しくお願いします。



Posted by はっこう at 2010年06月21日 22:21
はっこうさん再び今晩は。

>「赤いベスト」な野郎がいましたら
宜しくお願いします。

「赤いちゃんちゃんこ」極力捜索するよう努力してみます。
塚本の阪高下あたりや淀川公園あたりなら根がかりはましかもしれないので一度調査してみます。
Posted by マッK at 2010年06月21日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153097991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。