2010年09月23日

舞洲緑地公園のトップのシーバスとトップの年無しチヌ

19日〜20日未明までのランガン

maisima8.jpg

絵図羅が気にいらなくなった、わかって更新していたが今さらながらここ最近のこのマッディウオーターの記事はキビレに特化しすぎたようだ。淀川のキビレに特化した某サイトよりキビレの記事多いのかもしれない(爆)私的にさすがに「飽きた」という感じがしてきた、行けばそれなりに釣れると言った確実性もさることながらワームの食いつきが恐ろしくいいのでついついキビレに走ってしまう傾向があったのは否めないしもちろん釣れりゃそれなりに楽しい。「和食もいいけどたまには洋食もね」とか「ステーキもいいけどたまにはうどんもね」とか「パツキンもいいけどたまには黒髪の女もね」などなど「キビレもいいけどたまにはシーバスもね」・・・・なのである。
こんなのや
25cm.jpg

こんなのばっかりじゃあ・・・
cearbass.jpg
そういえば近年まともにシーバスを真剣に狙っていない事に気がついた、これも今さらながらだが。時節柄10せん未満のチーバスならいやっちゅうほどかけているがハネサイズは外道でもかかりゃせん、たまにかかってほすいのにかかりゃせん、集中して根の荒い底浅のシャローエリア選んで底狙いに徹していた理由もあるが皆がうらやむほどのドス黒いデカガシラはかかるけどシーバスは皆無に近い、そう考えると無性に釣りたくなって来た、シーバスと言えば醍醐味はやはりプラグなのである、ミノーなのである、ワームなんぞ腹かかえてちゃんちゃらおかすいのである。が他のシーバスアングラーと違うのはルアー以外すべて馬鹿の一つ憶えに習ってメバル専用のライトタックルで済ますということ、ルアーウエイトは限られて飛距離も知れているがポイントの届かないエリアへ行かなければいいだけの話、どうせ昔から9cmまでのミノーしか使わなかったので無問題、ライン、ロッド、リールのライトタックル限界までポテンシャル引き出して「も 許したってや」と言うほど酷使してやろうと目論んでいるのだ。

平林貯木場とかもめ大橋下

kamome1.jpg
9月19日18時、土曜からの連休中日まず行き慣れた平林貯木場へ、ここはキビレの数は圧倒的に多いがシーバスの実績場でもある。潮は中潮の満潮からの下り3分という絶好の時間だ、最近めっきり日が落ちるのが早くなってあたりは薄暗くなっていたが釣り場は夏の気配むんむんでまだ秋を感じることなくむしむししている。とりあえずミノー一本勝負の為ワーム類を封印しょうとしたがむらむらくるキビレ釣りの欲求に耐えられずミノー、ワーム、ミノー、ワームと言う悪循環のローテーションを繰り返し、結局引き上げるまでの3時間中複数のバイトのみに終始、だらだらした自分の所業に嫌気がさし、ほうほうのていでここを引き上げた、しかし曖昧な感情は退化寸前の女の腐ったような脳みそにインプットされたままで女々しくも「ミノー、ワーム、ミノー、ワーム」と安モンのバイブレーターのように私の脳、感情を震わせ支配している。「いかんなぁ」と思いつつ次に向かった先はルアーマンにいやというほど叩きまくられて超高度ハイプレッシャー化していると言われる久々のかもめ大橋。
kamome4.jpg

kamome6.jpg

着いた時刻は21時を回っていて潮は下げ止まりが始まっていた、平林で長居してしまったツケが廻ってきた、連休なので人の多さを予想していたが、釣れていないのか駐車場には数台しか見かけなかった、メインとなる大和川に面した波止も数人の気の早い太刀魚フリークしかいない。海はコールタールを慣らしたかのように凪いでいてまったく生気がなかった「いかんなぁ」この釣り場を選択した時点で間違いだったのか、体はすでに白旗を揚げ臨戦態勢をなくしてしまっている、過去通いまくって釣れない空しさを経験してしまったせいか久しぶりに来ても感情が高ぶることはなかった。「いかんなぁ」とぼやきながら下げきって足場が現れている内側に降り立った。「ミノー、ワーム、ミノー、ワーム」と奥から灯台付近まで万遍なく呪文のようにつぶやきながら叩いたが全く反応がない、当然だ、潮が止まっているのだからして。久しぶりに来たかもめ大橋下だが「変わらんのぉここは」とうそぶきながら捨てゼリフ吐く気にもならず早々と車に戻り次の釣り場の選択を考えた。
kamome3.jpg

kamome7.jpg


南港コスモスクゥエア公園

cosumo11.jpg
ここに着いた時点で23時を廻っていた、腹が減ってきたのでコンビニでソーセージパン2個と缶コーヒーのボトル缶を購を購入、車の中でお食事タイム、腹が満たされ突然睡魔が襲いエンジンを切ってしばし就寝タイム、暑いので窓を全開にして爆睡してしまった、性悪な蚊に刺される夢をみて全身にかゆみを覚えた為目が覚めた、しかしかゆみがおさまらないので腕、手を見ると赤くはれ上がっていた、正夢を見たようだがかゆみが全くおさまらないのでたまらず外へ、クーラーボックスに入れてあった氷をかゆい部分にあてたが氷を持つ手に蚊が血吸作業こころみておるのを発見、以前何かの漫画で刺された部分に力を入れて蚊の吸い針を折るというものを思い出した「ほんまやろか」とよせばいいのに深夜釣りの事など考えずそれを実行しょうとしたおつさん、しかし行動時遅し、すでに蚊は血吸いの最終工程を終えたのか満腹感いっぱいで闇夜へさつそうと消えていつてしまつた、当然の如く猛烈なかゆみが襲って皮膚がはがれ骨があらわになうかと言う「まっは」の勢いでぼりぼりかくという痒消作業を繰り返した、その間にも別陣の蚊が私に襲ひかかり路上で「わしの血臭いぞ!」と人間の言葉などとうてい理解できない敵に向かってゆるしをこう始末、しかし「血が臭いから寄って来たのか」と自問しながらひらきなおり刺されるにまかせるままタックル持って釣り場へ。海の近くにくると心地よい風が吹いていた、そのせいかここでは蚊の姿を皆目見なかった「きゃつら風に飛ばされたか」と深夜静かにほくそえんだおつさんだつた
近くにこのような有料駐車場があったが時間が時間のため駐禁こないと踏んで路駐を決め込んだのがいけなかった、21時から1時間100円なので許容範囲か。
cosumo9.jpg

cosumo8.jpg
「ミノー、ワーム、ミノー、ワーム」と相変わらず「今日はミノーいっぽんで」の初心貫徹の実行に踏み切れず高崎山のサルみたいな輪廻行動を恥も外聞もなく続行、一反木綿のように右へ行ったり左へ行ったり、しかし、潮は相変わらず微動だにせず、静止画を見るがごとく目の前の光景に変化はみられない、生気のない海と対岸の港湾の強烈な光、そして血ではなく蚊の如くクチをすすり合うぶさいくなアベック、「昆虫かおまいらは!」と心の中で捨てゼリフ。携帯の時計を見ると日付けがとうに変わって午前2時、もうすぐ潮の動く時間だが対岸の釣り場の舞洲緑地が気になるのでそこへの移動を決意。
cosumo13.jpg

cosumo14.jpg

cosumo15.jpg

cosumo16.jpg


舞洲緑地公園
maisima3.jpg

夢舞大橋の下に以前はなかった救命具が設置されてあった、これはここでの釣りを黙認しているのだろうか?
maisima2.jpg
「勝負は潮の動く3時〜4時半頃やな」と釣り場である常夜灯の灯る板張りのプロムナードまでゆっくり歩いていった、深夜にも関わらず釣り人が多いのに驚かされる、かもめ大橋もエサ釣り師は多いがここも人気の釣り場なのかかもめ大橋より人が多い。しかし、ルアーマンは一人もいなかった、普段ならシーバス狙いの人も多く、たまにハネクラスを上げている場面に遭遇していたが今日は時間が中途半端なのか見る影もなかった。
maisima6.jpg
ようやく板張りのある緑地公園に着いたが足元が海水でひたひたになっていた。
海面と陸地がつらいちの海抜ゼロメートル地帯となっている箇所が幾つかある、以前からの高潮時や荒れた日の波かぶりが重なって板に細かい苔上の藻が発生して滑りやすくなっていて先週荒れたせいなのか打ち上げられたゴミが散乱したままになっている。唯一常夜灯が明るく灯った足場が高い半円状の場所はエサ釣りの人で埋まっている、仕方がないのでその手前の明暗部から叩くことにした。
今度は集中してシーバス一本狙いに絞り込むことにした、水深があるのでワームが底につくまで時間がかかるという理由もある、ルアーは安価なプライアルのファースト7cm、足場の高い半円状の場所を過ぎたが船が通過する度に足元が波を被る、ファーストはシンキングだが波を被るのがいやなのと手すりがあるので少しひいた場所からのリトリーブを余儀なくされ為ロッドのティップが上げ気味の体勢になっている、よってルアーは沈まず海面を不安定に泳ぐことになってしまっているのだ。「これではだめだろうな」とキャストを繰り返しリールを巻いているといきなり海面に飛沫が上がった、「!」次にティップが海面に引き込まれ、ドラグが鳴った、「魚!」まさか喰うとは思わなかったのでおつさんオタオタしまくりながら右に合わせた、「ジッ」とドラグが一鳴り、するとエラ洗いしながら水面に魚の顔が現れた、「シーバスや!」シーバスがジャンプし始めたので「まずい、糸切られる」(ラインはPEの3ポンドとリーダーフロロ2号)と思い足元が濡れるのを覚悟しながら手すりに体を密着させて腕一杯伸ばしてロッドを下に向けた。ドラグが「ジジー」と鳴り魚が水面下を右往左往しはじめた。弱らせる為ロッドを一定の角度を保ちながら魚の走るままに任せた、やがて魚が根がつきたのかロッドのパッドパワーで浮き上がってきたところをネットで掬った。
maisima7.jpg

maisima9.jpg
50せんジャストのシーバスだったがライトタックルの為よく引いた「おもろい!」サイズ的に大したことはないが久しぶりのまともなシーバス、狙って仕留めたから喜びも倍増、しかもトップで食ってきたからたまらない。リリース後ヒットポイントをずらし今度はトップを意識してルアーが沈まないように任意にティップを上げながらリトリーブした、プライアルファーストはケツを過度に振る傾向があるので極力ウオブリングを押さえ気味にスローで泳がせた、すると答えがすぐ返ってきた。先ほどと同様に飛沫が上がり、ドラグが鳴り響いた、すかさずアワセを入れるときゃつは下へ潜り始めた。「?」引きがおかしい、ティップがゴンゴンと上下運動している、しかもやたら重い、「ンなんじゃこれは」ドラグがジャージャーと鳴り、中々ラインの出が止まらない。やがて魚の動きが止まったのを確認し、ロッドを下げながらリールを巻きロッドをゆっくり上げるという繰り返しで浮上作業に入った。しかし、きゃつもそうこちらの言いなりにはならず時おり抵抗を試みている、やがて精も根も尽き果てたのか海面にその姿をさらした。「キビレ、しかもデカイ」空気を吸って海面上でおとなしくなったところを見計らってランディング。板張りに上げてメジャーで測ると50せん!「重いはずや」しかし、魚体をなめるように見ると有るべき黄色いヒレは見当たらない、「真チヌ!」と叫んでしまった。真チヌがミノーでしかもトップで上がるなんて水深の深いエリアでそう体験できることではない。足元がびしょびしょに濡れていることなんざ気にもとめずしばしば感慨深気に魚に見とれた後粛々リリース。その後も飛沫の上がるバイトは続いたがフックアップに繋がらず、夜が明けた後も未練がましくキャストを続けたが精も根も尽き果てストップフィッシングと相成った。昨日からの強行ランガンだがいい覚醒をしたと、またこりもせず続けようと画策している今日この頃の血が甘く高く臭いおつさんだつた。
50せんの年無し
maisima10.jpg

広角28mmで獲ったため微妙にサイズが歪んでいるが間違いなく50せん。
maisima11.jpg

maisima12.jpg

maisima13.jpg

ヒットルアー プライアルファーストミノーチャートバック70mm、安いし、釣れる。
maisima5.jpg

朝までやったが疲れが・・・
maisima15.jpg

昨年マトメ買いしたプライアル軍団
maisima19.jpg
見た目ちゃちいライトタックルで狙うなんてハタから見て無謀このうえない。しかし待て、この傾向は近年発達著しい製品の進化に伴って私みたいなアングラーが増えているのは間違いない。それなりのブツならそれなりのアイテムを使うのが安心できるという物でもない、筋違いの例かもしれないがよく登山で軽装で登るのは無茶だと言われるがそれは命と密接する行為で全くその通りであるが、ことおのれの欲求を満たさなければならない釣りアイテムなど安心などと言うのは私にとって無用このうえない長物なのだ、コンクリートみたいな硬い竿でこっぱ魚一匹狙って何が面白いのか、人それぞれの意見はあるが日常出し切れてない感性を趣味である釣りにこだわりを持って反映させているだけなのだ、そして私自身のその答えがこの軽いタックルであるのだ。これはデカキビレを最近この道具で釣ってきて初めて理解した、やりすぎる事は面白いのである、またまた筋違いの例かもしれないが山屋はそこに山があるから登り、釣り屋はそこに魚があるから釣る、しかし対象に敬意を持って対峙しなければ痛いしっぺ返しを喰らう、魚の持つ本来のパワーや駆け引きその他の部分において自身の体で敬意を持って体感するのにこのライトタックルはまさにうってつけだろう、痛いしっぺ返しを喰らうか喰らわないかのハザマはハラハラドキドキなのだ、ハラドキドキするためにはおつさん、手段を選ばないのだ。50〜70せん程度のシーバスならミディアムライトのシーバスロッドで安心安全で確実に獲れるだろうが、以前はそれで満足していたが、たぶんちんちんが穴の先っぽに入ったくらいの快感だけと最近気がついた次第、単に趣味である釣りが魚を獲るための漁になってしまってはもうおしまいなのである、。誤解してもらって困るので注釈するがこれはあくまで大阪湾に棲息する魚のことを言っているわけであって磯の強引魚など全くもって対象に入っておりませぬゆえwwww、あっ大阪湾のアコウも(誤爆)。
maisima18.jpg

maisima20.jpg

「軽装で山を征服してやった」と言う到達感を手軽に手に入れたと布団の中でくっくっと不気味に笑う今日この頃の深夜のおつさんであった。
舞洲緑地公園アクセス

より大きな地図で 港区〜大阪北港舞州周辺 を表示
【関連する記事】
posted by マッK at 19:45| 大阪 ☁| Comment(12) | 舞洲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実に素晴らしい釣行ですね!

自身も本年はチヌに拘りすぎまして、
キビレも含めると、
まぁボーズは無いし、引きは強いし、

でも釣りすぎると、なんだか面倒になってきて
粗い釣行をしちゃう様になってきました

そこで、私も更にライトタックルに切り替え、倦怠期を無事にのりこえました。

ギリギリってたのしいですね。

しかし、先日予想外の大物に成すすべ無く、糸全部だされて走り切られました…
皆様も軽すぎにはご注意下さい(腕か!?)

失礼しました


10月からはシーバス&タチウオでたのしみます





Posted by 復帰〜 at 2010年09月26日 10:26
復帰〜さん、こんにちは。

>でも釣りすぎると、なんだか面倒になってきて粗い釣行をしちゃう様になってきました

私の場合釣りすぎているかどうか判断はできませんが、キビレは潮さえ理解すればボーズの確率は少ないですね、そのせいか確かに惰性でやっている部分はあります。

>ギリギリってたのしいですね。

たのすいどす^^

>10月からはシーバス&タチウオでたのしみます

今回も太刀魚を狙っている人をみかけましたが釣れていませんでした、やはり湾奥は10月が盛期でせうね。

10げつ・・・メバルはまだまだ早いでせうなぁ・・・。
Posted by マッK at 2010年09月26日 10:54
連投失礼します。

本日(昨日?)タチウオのために、貝塚くんだりまで遠征(笑、私的にはとても遠い。)して来ました!

18時から1.5h爆地合いで、22本あがりました
(どんくさい事してたので、22止まり。)
今日はECOギアで周りのワインドに勝って来ました!


しかーし、ほとんど指3本サイズでお持ち帰りは
たったの5本と成りました.

PS.明日は、ロッド買いに行って来ます!
テトラに落として折れました(泣)

マッKさん、タチのウキ釣りってされますか?
今年こそはウキ釣りにも拘ってみようと考えてます。
もしお得意なら、ご一緒したいです。

失礼しました


Posted by 復帰〜 at 2010年09月27日 03:02
復帰さん、今年の太刀魚は小さくなったり大きくなったり、群れにむらがあるようですね、でも22本とはすごいですね。

>マッKさん、タチのウキ釣りってされますか?

私は偏屈者で太刀魚は浮き釣りしかしません。

>もしお得意なら、ご一緒したいです

いいですね、南港にでも行きますか(爆)
Posted by マッK at 2010年09月27日 05:18
昨日、急遽代休だった為、夕方地合いのみ狙いに
再度貝塚に釣行しました。

大雨の中、短期決戦で久々の引き釣りを
たのしみました
結果、9本持ち帰り、オートリリース4本
と成りました。

つくづくバカです 眠いです

失礼しました。
PS:南港よろしくお願いします
Posted by 復帰〜 at 2010年09月28日 22:55
復帰〜さん、ごくろうさまでした。

今月初頭流動的な予定が詰まっておりますが
なるべくご一緒したいと思っておりますゆえ
こちらこそ宜しくお願いいたします。
Posted by マッK at 2010年09月29日 17:48
本日、いや金曜日?
仕事帰りに遠回りして、某所へ偵察に行って来ました。
暴釣で止まりませんでしたよ。


明日
接待太刀魚行って来ます。
私は釣にならんだろうな‥

失礼しました。



機会がありましたら、お会いしたいです。
Posted by 復帰〜 at 2010年10月02日 02:02
復帰〜さん、情報ありがとうございました。

行ってみようかな?
Posted by マッK at 2010年10月02日 07:04
今晩は!
接待太刀魚の結果報告ですが、

私の似非ひきづりでワンバイト、ワンゲット
が唯一でした。

上司は坊主、まわりも丸坊主
きびしい結果となりました

厳しいなぁ

南港 ご連絡おまちしています
Posted by 復帰〜 at 2010年10月03日 21:15
復帰〜さん、2日から3日の潮は長潮と若潮であまりよくなかったようです、北港舞洲に行きましたがここでも全く釣れていませんでした。おまけに一日中雨に降られシーバス狙いの私も散々でした。

>南港 ご連絡おまちしています

南港ですか^^:
Posted by マッK at 2010年10月04日 12:13
今晩は!
本日残業中に業務メールで釣行要請!
接待太刀魚に今週も行く事になりましたorz

でも雨みたいですね…

ストレス発散と下見兼ねて、金曜の晩に
も行って来ます。

時間も無いので、ワインドのみで探ってみます。

また報告しますね‼
あっ、良い場所あれば、教えてください。
よろしくお願いします。



今年は年末迄にあと100本目標に頑張ります。

失礼しました。
Posted by 復帰〜 at 2010年10月06日 23:46
復帰〜さんおはようございます、更新しなくてごめんなさい(爆)
えらく太刀魚に熱心ですね、私なんぞ他にめぼしい釣魚がないから「しかたがないから」といった対象でしかありませんが、今度ぜひご一緒しましょう。
Posted by マッK at 2010年10月07日 05:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。