2010年10月29日

シーバス狙いのおいしい外道 平林貯木場

tatikama-3.jpg

狙いモノが多い季節と言われる初秋だが私感的展望から言うといちじるしく狙いモノが限られて、少ない季節でもある。俗世間ではやれ太刀魚や青物やなどとはしゃいでいるが、いかんせん太刀魚なるもの去年の今頃ウキ釣りで狙って以来積極的にそれに的を絞って足が動くことはなくなった、釣技的に大味な獲物と認識し始めたので飽きたのかもしれない。昨今もてはやされているワインドもやっては見たがどうもその行為自体儀式めいて、こっ恥ずかしくって士気はいっこうにあがらない、釣れようが釣れまいが大手ショップやメーカーの提唱に乗っかって守銭奴と化したインチキ霊媒師のお払いさながらしゃくり続けるサマは釣る釣りから趣きの釣りに変化をくわだてている愚者にとってどうもせかせかしてしっくりこないのだ、と言うわけで「にわか」ワインダー?の領域すら踏み込めないでいる、と言うよりこれから始まるであろうメバルや大型アジなどのライトなターゲットに気が行きすぎ、手一杯と言う状態でワインドなどにうつつをぬかしている余裕など皆無と言ってもいいだろう。太刀魚釣りならはっきり言って従来からの電気ウキ釣りのほうが乗るか乗らないかのささやかな期待感があり、はらはらどきどきのスルリとサスペンションがあり赤く光る電気ウキがぼんぼりを彷彿させて情緒的になり、はるかにせつなくて面白い。そのウキ釣りにしたって他ブログでの記事を読んだ方が実際釣りに行くより面白かったりして、他ブログで太刀魚の2ケタ釣果を読むにつれ「あ おじょうず、よかつたね♪」と言う感想のみでそれだけで満足になり釣り場に二の足をも踏みはずし、「も いいや」と思うからもう重症である。

あぁ、シーバスどこ行った、尺アジは今年もやってくるかしら、メバルは・・・。

寒さが増す前の10月23日の土曜、満潮からの下げ潮あてこんで平林へシーバスを狙いに。もち、ライトなタックルで、まだ明るい午後17時頃現地に着いた、多少風はあるが肌寒いと思うほどでもない、長袖のポロの上にウインドブレーカーを羽織る程度で丁度いいぐらいの気候である。歩きながら狙いの波止までの道中キャストしたりテクトロしたりするがアタリを拾えない、しかし下がり潮のせいか水に動きが見られ生命感むんむんで期待が募る、ワームを放り込めば即何がしかの魚が反応するに違いないが今回もハードルアーで責めるつもりなので我慢のおつさんを通す。少し明暗のあるポイントを昔買った不変の名作タックルハウスの元祖重心移動システムのKTEN シースルーPHをひっぱり出し、おもくそ沖に放り込み足元まで引いてくると「ゴクン」と言う強烈なアタリ、「あわわっ」あわてて合わせるとドラグを鳴らしながら走り回り出した、久しぶりの重々しい手ごたえが手元に伝わる、あせるおつさん、走る魚、エラ洗いがないところを見るとチヌ系統と判断、糸の出が止み、浮き上がらせようとしたらまた走り出し海面にそのツラを見せた「?」途端エラ洗いが始まった「シーバス!」と思った瞬間KTENがはじかれ天空を舞った。「で、でかかった・・・」しばらくはじかれたルアーを放ったらかしで放心状態におちいった、「で、でかかった・・・」。その後気を取り直しキャストを繰り返したがバラした後遺症で場が荒れたのか全く反応がなくなった、「しばらく寝かそ」と一旦ここに見切りをつけ木津川尻の広い波止へ。今夜は大潮のせいか水の動きが激しい、潮上へルアーを放り込んでもあっと言う間に下潮に流される。パイロット的にここへ来る前購入した重めのレンジバイブもどき(バスディのコピーと思われる)を放り込んでもあっという間に下に引き戻され任意でないダートを余儀なくされている「らちかんぞ」と思い高い西に伸びる波止へ移動。
またまたコピー丸出しの廉価ブァイヴ
tatikama-1.jpg

常夜灯灯る波止先端には約一名の先行者、先端までテクトロで攻めるとコツコツ当るが中々乗らない、先端に着き、先行者に釣況を効くと30せん前後のセイゴ二しき上げたとか。光に照らされた海面を見るとボラにまじってセイゴやイワシやカマスがうじゃうじゃサークルぶっこいてやがる、ワーム落としゃあ一発で乗りそう、しかし、がまんのおつさん、外側斜め方向の明暗目がけてパチモンレンジバイヴ放り込んだわさ、水深が浅いのであっちゅうまに着底、ここは高さがあるのでミノーでは手前まで泳がせることは不可能、だからきっちり際まで引けるバイブ系統に分がある。しばらくステイさせたのちティツプを上げぎみにリトリーブすると「くんっ」と乗った、合わせるとライトなロッドが気持ちよくひん曲がった。くんくん引くが即チカラつきてやんの、もちっと私に対してのアンチテーゼかましてくれりゃいいのに即チカラつきてやんの、小さな抵抗の微塵もみられない、リール巻くと「へいへい、こうなりゃお好きなように」と無抵抗でゴミと化したコンビニ袋のようにすんなり上がってきやがったこやつ「しゃきっとせえ、しゃきっと!」赤子の手をひねるより簡単だが赤子の手などひねりがいがないわ。どうもシーバスではない様子「ひょっとして奴か?」と思って海面に出た魚見るとやはり「ひょっとして奴」だった。
たち夫!
tatikama-6.jpg

貧民よ解脱せよ!
tatikama-2.jpg
この「ひょっとして奴」は毎年群れの大小によるが10月後半からここ平林に姿を見せる。堤上に上げるて見ると3フィンガーのまあまあサイズ、近所に太刀魚好物の家があるのでおみやにテイクアウチ。こやつがいるとなるとナイロンリーダーではちと心もとない、安モンのコピールアーといえ、ロストするのは老い先短い命を削るようでおしい、ましてやカマスもいるこったし、と思いタックルバックの底あさると以前カマス用に買ったワイヤー発見、PEのメインラインに着けて先ほどと同じポイントにルアーをポチャン!数投目で「くんっ」と来た、引きが先ほどの「ひょっとして奴」より軽いがメバルロッドが気持ちよく曲がった、どうも「もう一方のひょっとして奴」くさい、上げると案の定先ほどの「ひょっとして奴」ではないほうの「もう一方のひょっとして奴」だった。
くぁむわあす!
今すぐ解脱せよ貧民!
tatikama-4.jpg

カマスにしては過去今まで釣ったやつより20せん超のエエサイズ、近所にカマスのエエサイズ好物の家があるのでおみやに迷わずこやつもテイクアウチ。その後シーバス釣れないかと潮が止まるまでプラくったが本日この2しきのみ、なぜか常夜灯に集まる見える魚には見向きもされなかったわ。過去記事でいけしゃあしゃあと見える魚は釣れると豪語したことがあったが何のためらいもなく撤回しょう、「けっ!見える魚なんぞ地獄に落ちるまで釣れないわ」と。まっシーバスバラシて釣れなかったけんど、おいしいおみやになる外道釣ったのでこれはこれでありではなかろか。
つ〜んだ。

貧民よ猛ダッシュで解脱せよ!
tatikama-5.jpg
posted by マッK at 21:10| 大阪 ☔| Comment(12) | 平林貯木場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
復帰〜です。

例の色々がある中、リフレッシュに釣行復帰しております。

相変わらず太刀魚三昧、四度釣行し、何れもうまく群れに当たったようで、

100を一気に超えてしまい、
目標200に切換えました。

残り76

今後は、私もハードルアーオンリーで
ガツガツと漁に励みたいと思います。

すっかり?割り切れつつありますので
釣行よろしくお願いします。

Posted by 復帰〜 at 2010年11月01日 22:41
復帰〜さん、復帰しましたか。
色々大変でしたね(過去形にしていいのやらどうやら)。私なら釣りなんか即やめている状況でしたが強靭な精神力、おおそれいりやす(爆

>釣行よろしくお願いします。

ぜひ、ご一緒したいものです、メールしますので宜しく。
Posted by マッK at 2010年11月02日 05:21
マッKさん今晩は、秋になり、対象魚増えてきましたね。ところで、自慢ですが490円で60アップの赤いチヌをゲットすました。ポリシーを曲げ食しましたが、まったくおいしかったです。では、南港でお会いしましょう!
Posted by fukazu at 2010年11月03日 20:36
fukazuどん今晩は。
HP確認しますたが船ジギでっか、ビンボたれの私には到底不可能な敷居が遥か高い行為どす、ましてや赤いチヌなど正月でもおめにかかれぬ異次元生物、ああ、喰いてえ・・・。

>南港でお会いしましょう!

行くなら行くよ^^ メールします。
Posted by マッK at 2010年11月03日 21:32
マッKさま ご無沙汰してまんもす。

相変わらず 頑張ってはりますね!

ワタスも昨日ひさびさに行ってまいりました

デイ&ナイト? 寒かったです。

しかし 今年はアジが全然あがってないらし

いです。釣れるのは 北アジ?だけです

推定40cmオーバーもかかりましたが

バレました(泣)

メバルもチョロチョロ釣れたのですがなんか

もう一つでした。まだ水温が高いんでしょう

か?突然、グダグダと書き込んで申し訳あり

ません。また遊びにきます。 

Posted by hakko at 2010年11月04日 09:46
おお、hakkoさんお久しゅうごぜます^^)
お元気ですか?
今年はアジの寄りがどうもイマイチみたいですな。良型メバルもあと少しの我慢というところでせうか、暇を見ては探っているのですが中々お目にかかりませぬ。

>また遊びにきます。

いつでも遊びにきておくんなさいまし。
Posted by マッK at 2010年11月04日 18:10
マッKさま こんちくわ〜!

昨日も家族の反対を押し切り?
行ってきました 湾奥に・・・。

仕事のことも忘れ 深夜までやったりました。

40cmオーバーのセイゴにラインを
ブチ切られ かけた魚さんたちことごとくバラシ。あまりの事態に誰か海の中で邪魔しているように錯覚しました(笑)

釣り場で会ったオッちゃんが

「今日、ルアーで太刀魚狙いの人が 50cmぐらいの丸々太ったハマチ(ツバス)を釣ってたわ」と言ってました。アタマと尻尾落として喜んで持って帰ったらすいです。こんな湾奥で・・・・絶句しました。マッKさんも良く知っておられるとこですぜ!  



PS.湾奥最高です!


Posted by hakko at 2010年11月05日 12:56
hakkoさん、今晩は。
今、湾奥までハマチが入ってきているのは知っております、信じられない話ですがこの水深のない平林沖向きにも回遊しているようです。

>40cmオーバーのセイゴにラインを
ブチ切られ・・・

ははあ〜ん、らいとなたつくるですな^^)

>PS.湾奥最高です!

付け加えるなら湾奥でのライトゲームも最高です。
Posted by マッK at 2010年11月05日 18:25
私も性懲りも無く、昨晩湾奥に先輩と出向きました。
まず太刀狙い、ミニキビナゴにのみ過敏に反応が有り
いつもの似非引きづりパターンにはまり
渋いなかでも7本ゲットしました。
先輩は1消し込み、0ゲット。

気分転換にシーバスでも釣って頂こうと、
平林に移動。

先輩いきなりカマス掛けるもバラシ

わたし、40シーバス筆頭に、キビレ37〜42まい
結局、2時迄ねばり、先輩ボーズとなり
気まずく帰還しました

早くマッKさんと行きたいものです
御指導ねがいます

失礼しました


Posted by 復帰〜 at 2010年11月06日 22:32
復帰〜さん今晩は。

>わたし、40シーバス筆頭に、キビレ37〜42まい

キビレ、えらい釣れっぷりですね。
私、次の日行ったんですが、さっぱりでした。

>御指導ねがいます

こちらこそ、ところでメバルやアジングなどはしないのですか?
Posted by マッK at 2010年11月06日 23:20
失礼しました。
>わたし、40シーバス筆頭に、キビレ37〜42まい
とんでも無い打ち間違いです。すいません
(どうもアイホンってやつは打ちにくくって)

キビレ37〜42センを3まいでした。
平凡な結果です。

寝ぼけ投稿気を付けます。
失礼しました。
Posted by 復帰〜 at 2010年11月07日 12:35
>婦女子禁制ぢゃ(爆)。

あの場所はエントリーが怖くて

よう連れていきませんわー・・・w
Posted by ふり〜そうる at 2010年11月11日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。