2010年11月23日

またまた 湾奥ろっく

wanokuR1.jpg

性懲りもなく三回続けて湾奥の地べた貼りつく魚でござる、湾奥の地べた貼りつく魚を三回続けて飽きないのかと思うだろうが、湾奥の地べた貼りつく魚は三回だろが四回だろが拙者が地べた貼りつく魚好きだから飽きなかったりして御座早漏。
じゃ、湾奥の地べた貼りつく魚じゃなく泉州の地べた貼りつく魚はいつするのかと聞かれたら「じ、次回かな?」と答えておこうでご御座早漏、ほんとに次回だなと問い詰められたら「じ、次回の次の次回かな?」と答えておこうでご御座早漏、「ちっ!また根魚かぇ!」と聞かれたら「違う!地べた貼りつく魚ぢゃ」と答えるので御座早漏。「今が旬のシーバスわぇ!」と問い詰められたら「じ、次回の次の次回の次の次回かな?」と答えておこうでご御座早漏だが、その時になってみなけりゃわからないので補足で「じ、次回の次の次回の次の次回の次の次回かな?」とも答えておこうで御座早漏
wanokuR10.jpg

根魚、いや、地べた貼りつく魚が釣れたら外道でもうでしいので御座早漏、拙者の場合、対象魚がキビレだった場合、ガシラがきたら「またおまえか」と言って「しょうがねえなあ」と「にんまり」するで御座早漏。キビレ、ガシラ共この2魚種は同じ領域に棲息するでありんす、あ、御座早漏、しかし淀川などもろ汽水域のところではガシラ、メバルなどのたぐいはキビレ狙ってても、あまりと言うかめったにと言うか絶対釣れないのである、淀川のキビレ狙いでの外道はハゼが多いので御座早漏。しかし、ハゼはハゼで「またおまえか」と言って「しょうがねえなあ」と「にんまり」するで御座早漏、どちらもよい馳走に変わることはないのであるからして、えっと・・御座早漏。
クラッピーグラブ 安い、量多い、丈夫。
wanokuR8.jpg

十一げつ二十にちの土曜日、14時ごろ拙者地べた貼りつく魚狙いでまたまた湾奥へ馳せ参じたで御座る。当日はあいも変わらず20せん越えの良型アジがサビキで釣れていたで早漏、そして40せん級の船で釣れるようなうまそうなサバも数少ないがあがっていたで早漏、それをまのあたりにした打算的性格の拙者「サビキもありかも、今度サビキやって見よふ」と思った今日この頃で御座早漏。それをよだれ垂らしながら横目で見て、いざ地べた貼りつく魚の領域へ。今日は大潮で御座るが何と前回同様スッケスケの水では御座らぬか。「そ、底が、底がまるみえ!底がまるみえでわ御座らぬか明心殿!(誰ぢゃ)」と拙者オタオタしまくったで早漏、底がまるみえと言ふことは魚からわしが丸見えで、わしから魚が丸見えなので御座早漏。思わず絶望感に襲われ「目の前をてふてふが、目の前をてふてふが・・・」と腹へりすぎて気がふれた川乞食のごとく異次元空間を彷徨ったで御座早漏。
絶望感にうちふさがれながらとり合えず長尺軟体疑似餌(レイン アジキャロスワンプ3いんち)をサイトフイッシングさながらまる見えのろっく(岩)廻りに放り込んだが当然警戒心満々の魚がクチを使うサマは見えなんだわ。
アジキャロスワンプ、食い込み重視で素材がやわい。
wanokuR3.jpg

一時間が過ぎ、周囲がまったりと暗ずんでも魚の活性が上がる様子は御座らぬで御座早漏。
素材がやわらかいアジの食い込み重視のアジキャロスワンプがゴロゴロの根の上を通過しすぎた為フックからズレがちになってきた。なれば丈夫なスライダーの「クラッピー」はどうかと根にピンポイント投てき、すると、即バイトではござらぬか。
上げると15せんと不満の残るサイズながら今日の初獲物、スケスケシブシブ状況化これはこれでよしではござらぬか?。
22時ごろまでやったが結局先ほどのガシラと20せん未満のチーバスが来たのみ、拙者疲労コンバインはクボタになり今夜はこれでおちまいとしたで御座早漏。

15せんのがしら。
wanokuR9.jpg

二十せんのこやつ、くやすいから写真だけでも大きくしてやったで御座早漏。
wanokuR2.jpg
明けて十一げつ二十一日今日も大潮と絶好な潮廻りで御座る、しかし不安は先々週から続くスケスケ潮。大潮だからと言って喜んではいられないのだで御座早漏。現場に着くなり潮チェ〜ツク!と水みた途端「目の前をてふてふが、目の前をてふてふが・・・」と立ちくらみしたで御座早漏、「そ、底が、底がまるみえぢゃ!底がまるみえでわ御座らぬか!竜馬殿!(はやりなので替えてみました)」、またしてもぬぬぬ、おのれ不貞極まるこわっぱ潮、どうしてくれようかと思えどどうにもならないのが自然界で御座早漏でごます。オタオタしても始まらないのでとりあえず昨夜と同様「クラッピー」を投てきしたわ。しかし、全く無反応、あまりの無反応さに「目の前をてふてふが、目の前をてふてふが・・・」とまたしても立ちくらみしたで御座早漏。
これではいかんとサビキ客が去った北面へ移動、たち夫狙いの民百姓役二名を確認したが釣れているのであろうか。
クラッピーグラブ 安い、量多い、丈夫。
wanokuR10.jpg

一時間後岸壁壁際を探っていると「おそそ、おそそ」と地方民宿のアルバイト女子に夜な夜な静かに襲い掛かり、ことわりもなしにおめこ舐めたおす夜這い客みたいなアタリ、「?」ろっどを上斜め方向に聞き合わせると「ぶるぶる!」と重い感触、「アタリぢゃ!アタリで御座る、えと、その、あの・・・ひ秀吉殿(地元大阪なので)」お、重い!チヌか?と頭脳明晰なドタマ張り巡らせながらやりとり、しかし相手は一向に浮き上がる気配なし、むしろ底へ底へとまい進するで御座早漏。チヌでもなし、ガシラの引きはこんなに強くない、一体何で御座廊下「しかしよう引くわい!」めばるろっどが満月ポン、満月ポンで御座早漏、時折海面に突き刺さろうかと言ふ勢いで御座る。前回までPE3ポンドだったが今回からは根に潜られても強引に抜けるPE4ポンドを使用している。PE3ポンドだとドラグをゆるゆるしていないと切られる恐れがあった、その為根に潜られたら一貫の終わりであった、PE4ポンドだとドラグを限界まで締めてもある程度余裕で大物と対応できるのぢゃ。
ドラグを出すと根に潜られる為キチキチに締めておる。引っ張られるとタメ、引っ張られるとタメの連続で、やがてきゃつめは体力がつきたのかとうとう地上の楽園(地獄?)の星の下に現れたで御座早漏。海面に現れたその顔つきを見て「ガシラ?」と思ったが強引に堤上に抜き上げてみるとソイだった、測ると30せんのええ型。
無骨なエクステリアは野武士そのもので何とも勇ましい、まるまる太ったエエ型である。
しかし、過去にソイは幾つか上げているがこんなに力強く引いた奴はお初であるで御座早漏。季節柄鍋恋しの時期なので鍋のメイン具材としてテイクアウチしてやったわ、かんらからから。

30せんのソイ、見よ、このいかつい顔、いかにも野武士そのもの
wanokuR6.jpg

テイクアウチした、今宵は鍋ぢゃ。
wanokuR5.jpg
posted by マッK at 19:42| 大阪 ☁| Comment(8) | ロックフイッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログもYouTubeも
いつも見さしてもーてます。

私は大阪市内に住んでるんですが
シーバスのいいポイントや
ここオススメやで!ってとこあったら
教えて頂けないでしょうか⁇⁇

よろしくお願いします。
Posted by あき at 2010年11月25日 16:33
あきさん、こんばんは。
当方の考察におきましてはベイシーバスのポイント開示というのは極めてデリケートかつマニアックな事案であると推測しております、湾内ディープエリアに関しては数年前から諸事情によりまして、ここでは過去記事でふれて一般的に知られるようになった釣り場以外の公表をトラブル等の回避の意味も含め、これ以上控えさせて頂いております。申し訳ないですが過去記事のリンクを辿って頂いて、ご自身でこれはと言うエリアを探して下さらないでしょうか、それによって近辺のマイポイント開拓の一助となって頂ければシーバスフイッシングの面白さも広がるのではないかと思っております。それ以外何も申し上げることはできません、どうかご理解を。
Posted by マッK at 2010年11月25日 18:04
ありがとうございます。

過去の記事もある程度
すべてに目を通してるので
そちらを参考にさせて頂きます。
ご丁寧にありがとうございました。

またブログの方も見させて頂くので
更新楽しみにしてますね。

Posted by あき at 2010年11月25日 18:31
あきさん、がんば! /(^.^;)/
Posted by マッK at 2010年11月25日 18:54
マッKさん、クエ(上写真)鍋うまかったでしょ、あの小場所にそんなんおるんですね!
ビックリクリクリクリックリッ て、なんかうつってしまって御座早老・・・
Posted by fukazu at 2010年11月25日 20:58
fukazuさん、冗談でクエと言ってると思いますがあえて恥かかせますが、クエではありませぬ(爆)あんなとこにそんなもんいたら新聞ざたになるわ。タケノコメバル及びムラソイのたぐいだと思われます。
もちろん、鍋は最高に美味どした、あの無骨なエクステリアからは想像できないほど上品ないい出汁がでてました。

>あの小場所にそんなんおるんですね!

実は過去に同サイズを幾つか上げておりましたが、じゃまくさいので、すべてガシラとかたずけておりました(爆)
あの強烈な引き、たまりませぬわ^^;)今週も行きますよ、よかったらTEL下され。
Posted by マッK at 2010年11月25日 21:36
こんちくわ マッKさま。

おコメ ありがとうございます。

相かわらずの湾奥通いですかい。(笑)

大きいソイ?タケノコ?いずれにしても

おいすい奴らですね。

こやつらのほうがよく引くし

食べておいしいような気がします。

最近は 例のデートスポット?ばかりで

釣っております。足場よし、明かりよし、

便所あり、魚影濃し、女子多し?と

5拍子も揃ってまふので・・・。





Posted by hakko at 2010年11月30日 12:50
hakko殿こんばんわ。
できれば私もこの良型タケノコ専門に狙いたいと思っとりますが、湾奥でき奴らの釣れる確率は数パーセントに満たないと思います。
その夢を抱きつつメバアジに精を出して往きたいと思っとる今日この頃のぼくちん。

>足場よし、明かりよし、
便所あり、魚影濃し、女子多し?と
5拍子も揃ってまふので・・・。

後は路駐の愛車が心配で・・・。
Posted by マッK at 2010年11月30日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。