2011年01月30日

酷寒 ノーフィッシュラッシュ!

※お詫び。
「ラーメンの話をしようW」はこのブログを見た友人からの怒りの非公開差し止めコメントが懇願的に連発したため(あたりまえだわな^^;)致し方なく友人の名誉の為今回から掲載を見送る事に致しましたのでどうかご理解下さいませ、期待していたリピーターの方には消化不良ですがどうかご容赦を。
m-i23-4.jpg

m-i23-6.jpg

負け犬の遠吠え
急激に襲った寒波に伴った水温低下が影響してか、はたまた私のハッタリだけのスキルのせいか、最近まったく魚の顔を拝めないでいる、泉南方面へは行っていないからわからないがこの兆候は湾奥だけだろうか、ひょっとしたら気温が安定する日中の方がいいかもしれないが何故か夜以外行動しない体になっているので明るい日中うろちょろする気にはなれない。海水に手をつけると明らかに冷たい、あれだけティップを振るわせたこうるさいチンコバスさえだんまりを決め込んでいる。南港、北港、天保山、どこを廻ってもいい声を聞かない、低水温に強いガシラさえいないのだから手のほどこしようがない、まっ釣れない言い訳ではあるが。
こんなとこや
m-i23-17.jpg

こんなとこ
m-i23-18.jpg

更新が遅々として進まない。釣れても釣れなくてもブログにアップすると言う、精力的に日々の釣行を書き綴る某ブログと相反して釣れても釣れなくても更新意欲が全く沸かない手不精な私、釣れていないから当然サカナネタなど無く、ドタマ(脳)に張り付いた過去ネタを重箱の隅をこそげ取るように落とすハッタリもんでごまかすしかないわけで、それでもただでさえキーボード叩くのがおっくうなのが災いして一向に我がブログの管理画面を開こうともしない。休日、一日10行書いては寝るという輪廻行動は出不精浪人かサルの一種にも似た堕落動物以外のなにものでもない。
こんなとこも
m-i23-9.jpg

実は6年前このマッディウオーターを始めるにあたって決して記事にしてはいけないモノを分別個条していた。ひとつは政治的イデオロギー色を出さない事、偏った思想を反映すると右巻き左巻きのどちらかにリピートされてしまうので本来の釣りという視点がぼやけて、やがては排他主義に陥りブログ消滅の運命を辿ることとなる、現にそういった主に見放され廃墟と化したブログHPがネット上を今でも空しく漂っている。サヨクからこうだと言われれば「ああ、わかるなぁ、、それがあたりまえですよね、わたしなんか根っからのサヨクですからよ〜くわかりますですよ、ハイ♪」とノタこいて、ウヨクからこうだと言われれば「ですよね〜♪」と明るく叫びながらマッハのスピードでその人のそばまで飛んで行き、ありったけの足と手を火が出るまでハエみたいにこすりつけ、「私も昔からそう思っておりました、何せ、産声からして九官鳥 みたいにハンキョウ、ハンキョウ(反共)と鳴きながらおかんのおそそからでてきましたから」と「なんやこいつ、ろくなもんやないの」と思われようとも泣く泣く理論非武装化を貫いていかなければならないのだ。
あっちゃこっちゃ、うろちょろしてもいっこうにサカナの顔が見られない。
m-i23-10.jpg
釣りだけでなく趣味を情報共用したいと思い多くの人に見てもらわなければならないならブログと言うのは特定のイデオロギーに染まらない、どっちつかずであいまいな姿勢のほうが安全で長く続けられるのだ、長いものにも巻かれるが短いものにも躊躇なく巻かれろ、しかし深入りはしない、と言う断固たる信念のもとに。もし、どうしてもやりたいなら釣りカテゴリーとは別にその種のブログを設ければ済むことであるが真剣にやるこたあ無い、ほどほどにやらなければ大やけどするかもしれないから。
こんなものや
m-i23-8.jpg

もうひとつ絶対やってはいけない物は、誰でも飛びつくカレーやラーメンなどのグルメもの、これはとっつき易いがしかし、あまりに脳が無さすぎ、銭がかかるだけで土豚みたいにやたら太ってしまうというネガな側面がある、わいは血糖値高いし。釣りブログと銘打って何故かラーメンをカテゴリーを入れているブログをよく見かける(まっ自由だが)釣りブログなのに「多加水麺だからどうのこうの」や「スープが獣臭い」などとど「食べログ」などのコメントからの受け売りなのかもっともらしいウサン臭いうんちく垂れ流している記事を見るにつけ、でこぼこに鳥肌がたつほどこっ恥ずかしくなるのは私だけではないだろう。もっとも私自身の舌が昆虫なみに幼いのでグルメ記事なんか書けやしないし書こうとも思わないが。これを信用性のない私がやると「とうとう逃げやがった」と必然的に思われるに違いない。早い話が他がやってるものをやっても仕方がないし訪問者もそうだが私自身面白くも何とも無い。   負け犬の遠吠えか。
こんなもの放り込んでも放り込んだだけ空虚が帰ってきた。
m-i23-7.jpg

m-i23-3.jpg

6年前、釣果情報はあるが釣り場の情報は紙媒体などで広く知られたエリア以外記載していないブログが多い中この間隙を埋めるためにマッディウオーターを立ち上げた、いわゆるニッチでリッチるんるんな釣り場紹介を選択したが、いかんせん他ブログにて堂々と立ち禁含めた超湾奥の狭いエリアまでも公表している現状に「先に手をつけたモン勝ち」的ガキの論理が見え隠れしたマクロ的釣り場の魔女狩り化が進んでいるのに嫌気がさした、現に「普段釣りはおろか人影さえ見えない超湾奥の大切にしていたシークレットな釣り場を早朝集団で来てエビで叩きまくられて、びっくりした、彼らはどうして集団で行動するのか、悲しくなってこの日は何もする気がなくなりそのまま帰った」と早朝湾奥を日課としているルアーマンのブログを発見。他人から見ると「目糞くそ鼻くそ」の世界にしても私は危機感を覚え「私も含め、この現状から離脱しなくては井の中の蛙になってしまふ」と途中からディープエリア(湾奥)に限ってシークレットホームを大切にしているロコアングラーを干渉刺激しない釣り場秘匿の単なる釣果日誌に鞍替えした。ニッチを目指したがニッチでリッチはもはやニッチはピンチでしかなくなった、これも負け犬の遠吠えに過ぎないが。
しかし、それが・・・とうとうやってはいけないラーメンに手を染めるとは・・・しかも中途半端、しかも匿名で登場させたにも関わらず友人からの真剣な懇願、記事中止差し止めの憂き目(猛爆)・・・。やけくその所業とは言え、落ちるとこまで落ちたもんやの、と思っている今日この頃のぼくちん。
m-i23-2.jpg

北港某所、前日ここ以外に平林や南港ももちろん叩いたが生命反応のかけらも感じられなかった、腕ではなく水温低下が主な原因としとこ。
m-i23-1.jpg

いつしかライトタックル一辺倒になってしまった成れの果てがこれ、軽量ロッド、フィネにこれが加わったらもう後戻りできない、最近買ったレアニウムCI4・2500S 2500番で何と200g。フィネと合わすと279gしかない、非力の老骸にやさしいし、軽さがトレンドなのさと嘘ぶける。手に馴染んだ自重230gのinf月下美人2004でも問題ないが大型外道を想定してライントラブルが無く、糸がもう少し巻けるブツがほしかった、使ってみると向かい風の強風でもライントラブルは無かった。
m-i23-11.jpg

何と279g、しかし、サカナが釣れなけりゃ何にもならない。
m-i23-5.jpg

イカパターンのシーバスやデカメバルを想定して仕入れたチューブ系のギドワーム。USA製で包装がくたびれている、しかしこのリアルなフォルムはいかにもという感じがする。臭いは強烈だと言われていたが少々ミシン油臭いだけ、やはり悪臭系ワームではガルプのほうがはるかにくせえ。
m-i23-13.jpg

m-i23-14.jpg

見よ、このリアルなエクステリア、ヒイカと勘違いしてサカナが飛びつくに違いない。
m-i23-15.jpg


あぁあ、メバル釣りてえ!!


魚釣れないのでこれ買って部屋で茶濁ししょうか迷っている。マカロニウエスタンは昔から好きで、監督のセルジオレオーネ、音楽のエンニオモリコーネの他このセットにはないセルジオコルブッチ(続荒野の用心棒や殺しが静かにやって来る)なども大好き!

発売は2009年だが高すぎて値落ちするまで待っていた、んで中古も出だしたし、値落ちした今もやはりもう少し安くなるかもと悩んでいる。
これがそのサンプル動画。
posted by マッK at 21:17| 大阪 ☀| Comment(6) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は、きゃすてぃんぐにお付き合い頂きありがとうございました

私も土曜日覗きに行きましたが生命反応のかけらもないため10分でやめ
らーめん喰って帰りました
またよろしくおねがいします

Posted by ふっき at 2011年02月01日 00:21
ふっきさん、ごくろうさんでした。

某湾奥ではハネが釣れているようです。
どうも私達は特定の釣り場にこだわっているきらいがありますな。

今度は湾奥でも可能性のあるところで。
Posted by マッK at 2011年02月01日 05:26
続きが読めなくて残念ではありますが、当事者の尊厳という事を考えると致仕方ないことですね。

また、マッKさんのブログで、釣り場を勉強させてもらった身としては、釣り場の紹介を取りやめると言うのは残念ではありますが、釣り場を大切にしている方々の心情を考えると止むを得ませんね…。

それでも、マッKさんの釣行記は面白いし勉強になりますので、今後とも一読者を続けさせてもらいます。

いつかマッKさんと釣り場でお会いできることを願って…。
Posted by ダメこ at 2011年02月02日 22:07
ダメこさん、お久しぶりです。
いつのまにかダメさんから末尾に「こ」がはいりましたねw。
ラーメンの記事は後半逸脱してラーメンの記事でなくなりましたが、私も残念であります、重ねて申し訳ありませんでした。
釣り場紹介のことは記事に少し誤解があったようなので捕捉させて頂きます。釣り場の紹介をやめたのは一般の人が入りにくい大阪湾奥に限ってでありまして、すでにもうこれは知られている場所以外以前からやめております。大阪湾以外での地方の景色の良い場所の紹介は今後まとまった休み(GWとか)がとれた場合、訪問させて頂いて(例えば鄙びた漁港周辺など)できるだけご紹介させて頂く所存でございますのでご安心下さいませ。

>いつかマッKさんと釣り場でお会いできることを願って…。

これは実態をさらけ出していないし、自ら名乗ることがないので難しいですが、それらしい怪しいおつさんを見かけたら試しに声などかけてくださいまし、但し、出没するのはほとんど満潮前後の深夜ですが(爆)
Posted by マッK at 2011年02月02日 22:41
いや〜。 よくポイントをこうも教えてくれるもんだな〜。と感心していた私はどんだけピント外れなんだろう・・・・。
 私はちょっとよんどころのない事情がありあして、釣りどころではありんすでした。  ん?マデイさんのような言葉使いにしたいが出来ない。
マデさんの文章だけで十分面白いですよ。
鬼才だなー。 って思います。
Posted by 花道 at 2011年02月22日 22:15
花道さん今晩は、お久しぶりですね、どうしているかと心配しておりましたが、PCから離れていたんですね。
例年暖かくなる春以降に釣り場紹介記事を書くためまとめて各地へ出向いております。
できれば今度は釣り場だけでなく周辺の気になった事柄(歴史など)も取り上げて行く所存でありますのでいくらか記事に厚みがでるかも・・・

>鬼才だなー。 って思います。

いやいや、奇怪の奇の方で。

とりあえず更新遅れてすみません、なにしろ釣れないモンで^^;)


Posted by マッK at 2011年02月22日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。