2011年04月24日

FAKE BAIT 2 かまぼこ メバリング

かまぼこワーム実釣報告

風、水などの抵抗も強くイビツで不細工だがアピール度満点、これが効くと今回わかった。
F-P217-0.jpg

南港某所 4月十六日〜十七日未明迄 大潮 夜21時から未明までやるが何の反応もなし、ここは藻が群生する南港では数少ないウイードエリア、そこに根魚などが付くが早朝〜夜迄ひっきりなしにロックフイッシュフリークが入る為プレッシャーも高い、しかし狙い目を変えて、そこに焦点を絞るとメバルはもとよりチヌなどの大型魚が以外に釣れる。が この日はそれも叶わなかった。風も無く釣りやすかったが水が大きく動く大潮では駄目らしい。
F-Pjik-1.jpg
4月十七日夕方再び同エリアへ出没。隙あらば何のためらいも無く不正かますと言う私に対しておそらく、まるで信用していないであろうマッディウオーターの訪問者の為、かまぼこルアー実証の現認者も兼ねてfukazuさんを呼んだ。見るからにみすぼらしいかまぼこワームを携えている怪しくもみすぼらしいおつさんにfukazuさんは半ば小ばかにしているようで疑心暗鬼にかられている、ふん、釣れるのも知らないで・・・。しかし、今日の同エリア昨夜と打って変わって北からの風が強く、波も高い。かなり寒さと冷えが身体を蝕んでくる、それでも我慢して釣りを敢行。大潮と相まって全くサカナからの魚信がないまま時間だけが過ぎて行く。どうやらこの風が水深の浅い同エリアに悪影響を及ぼしているようだ。とうとう我慢ならず風裏になる単発ながらメバルが上がるATC裏へ移動を決意。
F-Patc-1.jpg
ATC裏はさすがに背後横に立ち並ぶ構造物の恩恵を受けて風の影響はなかった。ここはいつ来ても人が少ない、理由はあきらか、例えここへナイトゲームのメバル狙いで来ても釣れない人がほとんどだからだ。それもそのはず、ここで釣れる夜メバルのスィートスポットは極、限られた人しか知らない。それもある作用が起る時間帯を考慮に入れないとボーズになる確率がさらに高くなる。結果ある作用があるためここの夜メバルの行動半径が狭まれているのだ、このおかげで2ケタなどの大釣りは不可能と言っても過言ではない、釣れてもガシラまじりで一人一匹〜二匹がいいとこ。エビ巻きでガシラや小メバルが日中釣れているがあれは撒き餌の恩恵がかなり大きい。夜、ここで、その作用が起る時間帯にエビ巻きをやるとそこらじゅうの根魚が集まり、入れ食いになる可能性があるのではないだろうか。しかし、それをやられると根魚の淘汰につながりかねないので私だけの為でいいからご勘弁願いたい。

中層狙いでかまぼこワームを放り込んでいたが魚信が無い為、際狙いに変更した、一端底に落としてスローで巻いてくると早速ぷるぷると小気味よい魚信がロッドに伝わってきた。上げると17せんのメバル、サイズは微妙だが相変わらず気持ちのいい引きをしていた。
F-P217-1.jpg
メバルを見せにfukazuさんのいる場所に行ったら、それまで手を変え品を変え苦戦していたfukazuさんがメバルを見るなり一気にテンションが上がり、ジグを変え、かまぼこワームをふんだくるようにジグに付け替え海に放り込んだ。しばらくして「マッKさん、◎X△■◇?!」と叫んでいるfukazuさんのロッドを近ずきながら見ると満月にひん曲がっている。「メバルか?」と聞くと「メバル」と言っている。このティップのしなり具合からするとかなりでかいはず。と思っているとティップが空しく重みを失い闇夜でしょんべん処理後のちんぽ見たいにぷるぷる振るい始めていた。「あァ〜!」とfukazuさんが叫んだ。「バラした!」とまた叫んだ。
相当でかかったのだろう、fukazuさんおもくそがっくしきている。「かまぼこを取られるのが嫌でそうっと合わせた」と言っている。「びんぼにんめ!」と私は思った、かまぼこワームなど売るほど用意しているのだ、何せ百五円で相当数のワームが作れるのだからケチることはないのだ。理由はナンにせよメバルをいや、何でもいいからサカナを上げてほしかった。今回私以外の人間にかまぼこワームでサカナを釣って貰うことに意義があるのだ。
その後アタリは途絶え今回ストップフィッシングと相成った。fukazuさん次回期待してるよ^^;)
F-P217-2.jpg

F-P217-3.jpg


かまぼこワーム実釣報告しょの2

F-P222-4.jpg

翌週の二十四日の土曜日夜、再びかまぼこワーム携えて前回風の強かったエリアへ。今日は中潮、風は多少吹いているが波は無く、それほど海に影響を与えていない。
この時点で先行者は皆無で貸切状態。前前回メバルを上げ、正体不明のサカナ(中々浮上しなかったので多分大型アコウでは?と思われる)をバラしたスポットから釣り始めると一投目からサカナがが釣れた、上げると手尺で20せん超えていた、推定22せんのいいメバル。キープしようと思ったが今回もこれ一匹になるのでは?と憂慮し、しよぼい釣果で持ち帰るのもなんだと思い、写真撮ってリリースしてしまった。
いきなり釣れて面食らった推定22せんのメバル
F-P222-5.jpg

かまワームを一気に腹の中に飲み込んだらすい。
F-P222-6.jpg

しかし、リリースしたのを後悔したのは次のサカナが釣れてからだった。
それまでアタリは散発的にあったがケーソンこすれのラインブレイクなどが重なって、疲れが出始め、思い通りの釣りが出来ないのと身体が冷えてきたのもあって車に戻り小休止兼ねて寝込んでしまった。
起きたのは23時を大きく廻っていた。釣り場に下りると北先端に釣り人が増えていた。自転車で来た厨房(中学生)と思われる子供数人と先週も見た常連さん二人が見える。
先ほどメバルを上げた場所は空いていたのでそこから釣り再開、するとまたもや一投目からバイト。先ほどとは全く違う激しい重みのある引き、水面に浮上した魚を見ると結構デカイメバル。
抜き上げるのも躊躇してしまう重みだが思い切って抜き上げた。上げるとデカイ、久々のまともなサカナに深夜のおつさん、ソープでベッピンのおなごに当った時のようにオタオタしまくつてしまつた。今度はきちんと測ろうとメジャーをショルダーバッグの中ごそごそ探すが見当たらない。仕方がないのでサカナにフック刺さったままぶら下げ常連さんのところまでメジャーを貸してもらいに行くと常連さんが「デカ!」と私のメバルを見て叫んだ。
残念ながら二人ともメジャーを持っていなかった。釣り座に戻り、再びメジャーを探していたら底のほうにベタっと張りついてやんの、あまり使っていない証拠。あまり使っていないので折り目が激しく付いて元に戻らないんでやんの。だましだまし測ると25せんある。
F-P225-6.jpg

F-P225-5.jpg

先ほどのサカナとこのサカナをキープオンしていれば結構いいみやげになったはず。後悔してもしきれないが、しかし今夜はこれで十分かまワームの実力を見たと気分を取り治し、再び釣り開始、先ほどから数十メートルの移動地点でいきなりズンと重い魚信。ごんごんと頭を上下する様でチヌと判断。
浮上して、まだ暴れ続けるサカナを月夜と常夜灯の明かりで見るとまさしく濃紺色の良型チヌ。腰に下げたタモを外そうとモタモタしている間にまたしてもケーソンに一気に潜られラインブレイク。「がっくし!」。
しかし、良型メバルも上げたことだし気分は上々、疲労も限界にきていたのでここでストップフィッシング。かまワーム中々のアイテムだぞ。
またかまワーム飲み込んでやんの
F-P225-7.jpg


かまワーム改良
FBK-13.jpg

今回持ち込んだのは前回の急ごしらえでテキトーに切り刻んだ奴より、より既成販売されているワームに近ずける為ストローで身を抜いた。結果ビジュアル的に見栄えもよく均等に丸く仕上がったためよりバチに近ずいた。しかし、22せんと25せんのメバルもバラしたチヌも前前回使用したイビツなブツであった、多分デカさからくる容姿でサカナにアピールしたのかも知れない。抵抗なくすために改良したががあまりその効果も無かったみたい(爆)
FBK-14.jpg
ロッド:オリムピック グラファイトリーダーフィネッツァGOFS−762UL−T
リール:シマノ レアニウムCI4 2500S
ライン:ラパラ ラピノバXマルチゲーム0.3号(8lb)
リーダー:シーガーエース1号〜2号
ルアー:自作かまぼこワーム
リグ:パレットシンカー(フリー)フック#不明 月下美人etc

posted by マッK at 16:39| 大阪 ☀| Comment(6) | かまぼこワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはです。
いつも楽しく、読ませていただいています。

一つ気が付いたんですが…日付が間違えてますよ。
Posted by キルア at 2011年04月24日 23:29
おおお!
続編楽しみにしていましたが、
期待通りの釣果、すごいですね!
その場所のアベレージは知りませんが、
おかっぱりで25cmはなかなか出ないんじゃないでしょうか?
しかも今回も謎の大物・・

ストロー抜きも試されたんですね。
でもイマイチだったみたいで、申しわけないっす。
イビツさが効くとしたら、市販品にはない特徴と言えますね。

−−−−
ここからは掲載時に削除して頂いて結構です。
記事前半部分の日付が何箇所か間違ってますよ(5月)。
Posted by ギザミ at 2011年04月24日 23:45
キルアさん、ありがとうございます。
修正いたしました。
テキトーな性格なもんで(獏)
Posted by マッK at 2011年04月25日 05:24
ギザミさん、コメありがとうございます。
記事ではあんなこと書いてましたが教えて頂いたストローもジグヘッドさえ替えれば有効だと思いますよ。

>イビツさが効くとしたら、市販品にはない特徴と言えますね。

アピール度と言うことで言うとまったくその通りだと思います。

>その場所のアベレージは知りませんが、
おかっぱりで25cmはなかなか出ないんじゃないでしょうか?
しかも今回も謎の大物・・

おかっぱリでは25せんは難しいでしょうねえ、しかも近郊の釣り場では・・・。
今回の釣り場は釣り荒れを考慮して公表しませんが、いい釣り場です。
日付けご指摘ありがとうございました。
直しました^^:)
Posted by マッK at 2011年04月25日 05:36
カマボコワーム 凄し!! までいさん、早めに特許とっとけば?  かまぼこワームしたい〜〜。
Posted by やまもと at 2011年05月01日 20:13
やまもさん、はじめまして。
かまぼこを侮ってはいけませんがこんにゃくも恐ろしくサカナの喰い付きがいいのを身をもって体感しました。次回記事にしますが今回のGWに日本海へこんにゃくを持ってメバリングしてきましたが通常のワームに反応はしなかったがこんにゃくとかまぼこを引いて来るだけで喰い付いてきました。
安くつく釣りができたと楽しみがまた増えました。
Posted by マッK at 2011年05月01日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。