2011年05月30日

京都府 伊根

2011-ine-1.jpg

2011-ine-12.jpg
伊根 平田は以前から機会があれば行きたいと思っていた釣り場の一つである。何と言っても圧巻は釣り場を囲むように常に視界に入ってくる有名な舟屋群であろう、民家の裏手が車のガレージならぬ船のガレージになっているのだ。人馬一体、いや、人船一体の様式が竿を出しながら容易に目視できるのだ。
2011-ine-3.jpg

2011-ine-9.jpg
常に海と接する生活とは言え海抜0メートルの沿岸地帯に居を構えると言う事は先の福島の地震による津波を考えるにつけ、相当の心構えがないとできないことである。この恩恵は日本海の干満の差が無い潮位関係と背後に山を抱えるゆえ、風波の影響を受けにくい湾奥という立地条件が重なっているから成立しているのだ。訪れた当日、相当な風が吹き、波もあったが、近海の水深がかなりあるため、微塵の影響もみられなかった。自然の生業を巧みに生活の中に受け入れ、先人から慣習化させた稀有な漁村風景である。
2011-ine-4.jpg

2011-ine-8.jpg
その舟屋群を見ながら釣りが出来るので観光がてらの釣り人が絶えない。と言っても、訪れた日はGWの中日で結構な人出を予想していたが劣悪な気候が幸い?して釣り場に限って思ったほど混雑していると言う様相ではなかった。
2011-ine-2.jpg

2011-ine-7.jpg

2011-ine-10.jpg
気分が萎えてしまう激しい気候ともあいまって、ここで釣りをする気は毛頭なかった。
実はここを訪れる前、福井高浜周辺をメバル目的で夕方から深夜にかけて叩きまくったから飽きてしまったのだ。伊根に来た最優先目的はこの周辺を時間のゆるす限りゆっくり徘徊して写真を取り捲ると言う物だったが、何故か町全体がざわついていた。葬式があったたため、伊根漁港へ通じる狭い県道?が渋滞して旅情を伴った徘徊気分が萎えてしまった。駐車の問題もあった。平田の波止や周辺に有料駐車場があったのだがどこも満杯でこの伊根町に入る直前の傍らのスペースに車を止めざるを得なかったのだ。
2011-ine-13.jpg

2011-ine-6.jpg
葬式でざわつく狭い町道にひっきりなしに入ってくる車にへきへきした為、あろうことか漁港に通じる道とは反対側の方向へ足が向いたのは間違いだったと家に帰って気がついた。
人通りのない道筋を歩いても趣を期待した舟屋の家々は表から見るとあまりにも普通であったのだ。考えるに、行く先の老朽化された民家などを趣きと考える都会人にとっての期待心は現地の人にとってははた迷惑このうえないのではなかろか、厳しい自然と対峙し、家を守る為の耐久性など考えつつ年月を乗り切らなければならない現実があることをしばし我々は理解しなければならないのかもしれない。
2011-ine-14.jpg

2011-ine-5.jpg

2011-ine-3.jpg
ひょっとしてあの漁港に通じる道筋を徘徊するのがベターだったか、と後で後悔しきり。しかし、「思わなくとも遠くへ来たものだ」と言う思いはそこに生活臭の染み付いた民家を横切る都度感じ取れたのはよかった。当然だが私の住んでいる大阪もそれなりの生活を伴った息吹は感じられるが異郷だとその念は違った物に増幅する。たまのまとまった休みにしか、こうした時間は取れないがブログ更新の為とはいえ、私もいい趣味をもっているものだと改めて感じた瞬間でもある。時間はゆっくりと過ぎ去り流れるほうがが理想なのだ。そしてそれを肌に直接感じることが私自身の命の洗濯でもある。
2011-ine-15.jpg
次回釣りとは関係なくここを訪れることがあれば、できれば車での訪問でなく、もよりの交通機関を使って民宿なり旅館なり利用したほうがゆっくり旅情気分に浸れることだろうと思ったし、今度は必ずそうしょうと思った。
2011-ine-16.jpg

2011-ine-17.jpg

2011-ine-18.jpg

2011-ine-21.jpg

平田での対象魚は春、夏場なら投げ釣りのマダイ、シラサや夜ならアオイソメのウキ釣りやルアーでのメバルやアコウ。またサビキなどでアジなどが釣れる。冬場ではメバルやアイナメなどの根魚が釣れる。足元もコンクリートなのでファミリーも安心。
水深も概ね10メートル前後と深い。
2011-ine-19.jpg

2011-ine-20.jpg
有料駐車場が平田の波止にありトイレもある。近所に餌屋が一軒あったが開いているかどうかわからなかった。昼食は西山側頂上にある道の駅でかろうじて取れるが、念のため夜に備え、伊根に来る前の国道にあるコンビニなどで買いだめした方がいい。
2011-ine-22.jpg

2011-ine-23.jpg

2011-ine-24.jpg

2011-ine-11.jpg

アクセス

より大きな地図で 京都 伊根 平田 を表示
【関連する記事】
posted by マッK at 05:17| 大阪 ☔| Comment(2) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ行ったことあります。雰囲気ありますよね。釣り人としては理想の邸宅です。ビフォーアフターでもやってくれればものすごく見たいです。「なんということでしょう!お庭に広がる日本海!そのナブラもう逃しません!」とか。

いやしかし、マッKさんキャメラマンでしたか?ではワタシはもう少し美しく、さらさらサーファーヘアーでお願いします。
Posted by fukazu at 2011年05月30日 21:31
fukazuさん、そうでっか、行った事ありますかぁ。ほんま、ええとこですね。
家の裏手がすぐ海ですぐ船だせるから都会アングラーからみればまさに天国。

>ビフォーアフターでもやってくれればものすごく見たいです。

本気で今年中電車あれば言ってみとおおます。

>いやしかし、マッKさんキャメラマンでしたか?

そんなええもんやない、暗室マンと言ったところでせうか。

>さらさらサーファーヘアーでお願いします。

毛ぇはやし!
Posted by マッK at 2011年05月30日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。