2012年02月08日

ガルコン、酷寒の湾奥メバアジゲーム

20012-ajimeba-AM25.jpg

またまた、更新が遅れました、すみませんでした。
毎年の事だがこの時期、更新が滞ってしまう。早く何とかしなければと思うのだが家の中で聞く外の風の音はみさかいなく私の五感を萎縮させてしまう。だから、誘われなければ自ら釣り場なんぞに赴くことは皆無と言ってもいいだろう、年々その思いが強くなってきているのは、多分に墓石に腰までつかっているくらい歳を食い過ぎているからに違いない。しかし、ぬくたい生活そのものは性にあっているのか、それはそれで居心地がいいものである。こたつに入って昔20代の頃に買って未だに大事にしている「つげ義春選集」の漫画を読み返しては「湯治場行きてえなぁ・・」などと思いにふけっている。この時期、ぬくいことは精神的にも体力的にもいいことなのである。
20012-ajimeba-7.jpg
何が悲しゅうて生死をかけてクソ寒い中ふるえながら釣りせにゃならんのか?今の自分の安住場所はコタツの中以外思いつかない。最近こたつに入りながらネット配信されている昔の邦画、時代劇にはまっている。黒澤明物を観たいが、ネット配信されていないのが残念だ。最近観たのは「Show Taime」の有料動画での深作欣二の「必殺W 恨みはらします」だ、ご存知、以前TVでやっていた中村主人(藤田まこと)主役の必殺シリーズの1987年の古い劇場版だが深作演出独特のキレのあるテンポで、最後のおきまりの仕事(殺し)までスリリングにストーリーが展開していく、現代劇の名作「仁義無き戦い」もえげつないワルぞろいでいいが、定番シリーズの時代劇のワルも身震いするほどの極悪ドモががわんさか出ている。たまらんのう深作物は。そして、アニメだ。私はもう50歳を過ぎているが攻殻機動隊(STAND ALONE COMPLEX)シリーズだけは何故か好きでよく観ている。押井守の監督版もいいが神山健治の監督した物も素晴らしくいい。毛穴と言う毛穴から加齢による腐敗ガス臭放ちまくる大人の視聴に十分耐えれる緻密で複雑なストーリーは下手な小説よりも遥かに面白い。だいたい近未来のIT犯罪に題材を取ったアニメで住基ネットみたいな地味なテーマを描いたものがあるか?これも有料の「Show Taime」で配信されている。無料の「Gyo!」もいいが観たいものが有料動画サイトに固まっているため、少しためらいながら金払って観ている。土左衛門になるかもしれない釣りに行く銭があるなら「確実に死なない」ぬくたい物に時間を費やそうと思っている今日この頃の屍であります。

南港大橋下
一月某日(寒いので日時は忘れた)fukazu氏(うじ)から釣りに行こうと誘われ、やや重い腰をあげて南港へ向かった、去年の居残りアジを釣ろうと思った。しかし、この寒さはやはり「いずれくる命日を縮めかねない」と思い、腹やら背中やら腰やらアンヨ(足)やら、考えうる冷えエリアと思われる箇所をモルタルぼろ小屋の隙間を埋めるように使い捨てカイロを貼りまくった。
車の中でくんずほぐれつして貼りまくったホカロン
20012-ajimeba-1.jpg
南港大橋下なら去年アジが大量に回っていたから大丈夫だと思った、しかし時折降る小雨は容赦なくさらけ出しているやわ肌部分(顔と手だけだが)を直撃してくる。午後4時から始めた肝心の釣りも海からの返答は当然全くない。水を見ると透けに透けてやがる。ベイトとなるプランクトンもその影を見せてはいない、いわゆる冬の海そのもので、全く生命の息づかいが聞こえない。着実に水温の低下が進んでいるに違いない。フェリーターミナルに入って、寒さしのぎのコーヒーブレイク後も状況は変わらなかった。マズメから確実に陽が落ちた期待のジアイなっても手に持つロッドの挙動は変わらなかった。相棒と相談の上「ショバ」を変えることにした。
20012-ajimeba-2.jpg

20012-ajimeba-3.jpg

20012-ajimeba-5.jpg

20012-ajimeba-6.jpg


同日、南港ATC裏
20012-ajimeba-9.jpg
移動先の南港ATCまでわずかな距離だが、えらく体がほてっている。汗が出るぐらいの暑さにたまらず、エアコンを切った。よくよく考えたらホカロンをカダラ中に貼ってあったと今気づいた。凍てつくほどの外気温と車内の体感温度差の違いは決してカダラにいいとは言えないが車外の酷寒地獄を考えるにつけ、剥がす勇気などさらさら起こらない。だいいちもったいない、カダラと言うカダラに銭貼り付けているのと同じだから。
ATCに着くといくらか風はましになっていた、と言っても気温ははるかに低い、むき出しになっている手がかじかんでいる。しかし、カダラはすこぶる暖かい、ホカロンを剥がさなくてよかったわい。ポイントに着くと周囲の建物が遮蔽物となって、風もない。吹きさらしの南港大橋と雲泥の差だ。
しかし、いくらキャストしてもアタリすらない。魚はいるのか?と思っていたら、離れている所で釣りをしていた相棒が呼んでいる。近寄るとアジを釣り上げたところだった。
20012-ajimeba-8.jpg
今年初のアジだとノタっておる。ガルプジュースおもくそ吸い込んだこんにゃくにたまらず食いついたのだろうか、通常のプラ製アジワーム使っているわいにはこの後も相変らず何の反応もなかった。ホカロンのせいで快適な釣りをしているが肝心のサカナを釣らなければ使い捨てカイロの費用対効果もあったもんではないわ。
まっ死ぬよりはましか。
20012-ajimeba-11.jpg

20012-ajimeba-12.jpg
その後もキャストを続けるが、相棒も、私も当然サカナの顔を拝めないでいた。
fukazu氏(うじ)もアジ一匹では満足できないと考えているのだろう。私も動画優先の釣行であるだけにしょぼい画像ひっさげて、このままおめおめ帰る事も出来ない。言っとくが、私は釣れなくても、何らくやしいとも思わない、正直な話動画の対象(fukazu氏)さえいい仕事してくれれば何も問題ないのだ。一応ロッドは振るが、それは交通事故に遭遇する(大物が釣れる)やも知れない期待感から来るもので決して、おのれの私腹(釣果)の為ではない、・・・と言っとこう。
20012-ajimeba-10.jpg
数時間後「移動」することに決定。こうなりゃ坊主のがれの鉄板シークレットポイントに逃げるしかない。あそこでアジ釣れなきゃ、どこへ行っても釣れやしない。この際、くそ寒い中せっかく出て来たのだから、いい絵が撮れるならホカロンの寿命がつきるまでfukazu氏に鉄板ポイントで朝まで粘ってでも釣っもらうしかない。

湾奥シークレット

鉄板ポイントに着くやいなや、さっそくfukazu氏(うじ)がガルコンでアジ釣った。
20012-ajimeba-13.jpg
先ほどのATCのアジもそうだが、ヒットの瞬間を撮れていない。おたがい知らず知らず離れて釣りをしているせいだからなのだが、贅沢言わせてもらうと手でサカナをぶら下げている画像ばかりでは中央市場のセリみたいでスリルもへったくれもない。はやい話、私が釣りしないでfukazu氏(うじ)にべったり貼りついていりゃぁ済む事なのだが、いらちな私はその決定的瞬間を待つ事ができない。
そうこうしている間にまた、fukazu氏(うじ)がアジ釣った。今度は、こににゃくではなくプラワームで、こににゃくではなくプラワームばかりで釣りしとるわしには一向にアタリはこない、ヘタはヘタなのだがこうアタリがこなくては自己嫌悪に陥ってしまうではないか、な〜んて^^)。
通常のワームで釣りよつた。
20012-ajimeba-14.jpg

続けてガルコンでもほれ、このとおし。
20012-ajimeba-c.jpg

fukazu氏(うじ)はアジを数匹釣った後、45せんのシーバスも釣った、当然ガルコンで。私も久しぶりに待望のサカナ(チンコ)が釣れたがサイズ含め、うでしくも何ともない、さらに、自己嫌悪に陥ってしまうではないか、な〜んて^^)。
fukazu氏(うじ)の獲物45せんのシーバス。動画ファイルからの抜粋のため画像が悪い。
20012-ajimeba-a.jpg

おでのチンコ。
20012-ajimeba-15.jpg

遅ればせながらガルコン。
20012-ajimeba-b.jpg

この夜は寒かったがいい絵が撮れて満足したため、これでストップフィッシング。
アジはもう終盤を迎えたにちがいない。アタリは頻繁にあったとfukazu氏(うじ)言っていたが、もう一月も終わり、このままアジの生息が長く続くわけがない、それも含め、今度釣行する時はメバルをメインにアジの調査もしてみようと内心思った。そして

翌々週再び南港ATC
20012-ajimeba-18.jpg

この日もfukazu氏(うじ)と同行。あいも変わらず身も凍るほどの寒さ、あまりに寒いので釣れなくとも、そこそこで切り上げるつもりでATC裏に赴いた。案の定、私には当然のようにサカナからの愛は訪れなかったが、fukazu氏(うじ)は今年初のメバルをガルコンで釣り上げた。しかもサイズも25せんのええガタイ。私はそのサカナを見て俄然やる気をなくしてしまった。ここはいいサイズのメバルが出た後、全く次のメバルが来ないのだ。そしてこの夜もええ絵が撮れたと短時間でストップフィッシング。ホクホク顔で分かれたのだった。
25せんぢゃ。
20012-ajimeba-16.jpg


記事の、どがだがね

posted by マッK at 22:30| 大阪 ☔| Comment(8) | こんにゃくワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しております。
当方今まで、エサ釣り(ウキ釣り?)しかしたことがなかったのですが、このたび一念発起してアジング&メバリングを始めようと器財を購入しました。。

アジングはもう時期的に終わりなんですか?
次のシーズンはいつくらいからなのでしょうか?メバルはまだ釣れるのでしょうか?


質問ばかりでスミマセン。。

これからも記事アップ楽しみにしております。。

ではでは。。
Posted by 泣き男 at 2012年02月09日 19:28
こんにちは
いつもストーカーのように更新楽しみにしています(笑)

こんにゃくワームいいですね!衝撃的です

マネしてやってみてもいいですか!?
Posted by トミタ at 2012年02月09日 19:33
泣き男さん、始めまして。コメ、ありがとうございます。
アジングもメバリングもタックルを流用できるので楽しみも増えると思います。
湾内でのアジはもう終わったと言ってもいいでしょうが他府県ならばまだ可能かと。
メバルはこれからが本番ですので大阪湾奥や泉南方面、神戸方面など期待が持てます。
Posted by マッK at 2012年02月09日 20:40
トミタさん、はじめまして、アメブロ拝見しました^^)自作ハードルアー、私もやってみようかと前々から思っておりました。暇ができたら今度挑戦してみます。

>こんにゃくワームいいですね!衝撃的です
マネしてやってみてもいいですか!?

真似されるためにやっているようなものですので、思い切りやってくださいまし(^^
器用なトミタさんならいろんなカットデザインで楽しまれると思います、こんにゃくで釣れたら感動もんですよ。
Posted by マッK at 2012年02月09日 20:49
いつも学研のオバサンより待ちどうしく更新楽しみにしてます。
年末にはちょこっと某南港で話しかけられたモンです。
サッコン流行りのアラバマ風(〃´o`)=3リグとガルコンコラボを模索中です。エビマキ時季には当たりかな〜と(; ̄ー ̄A

予想通りボトムを探れないリグですがウェイト調整して実釣試験中です。
ツレはサビキリグだとやゆしますが釣れれば官軍!
色々な記事云々アラバマ感想はどうでしょうか?
Posted by tyoromaru at 2012年03月06日 20:50
tyoromaruさん、コメありがとうございます。
年末南港で私が声をかけましたっけ?はて?

アラバマリグってバスで流行っている扇状に針金が広がっているブツのことですね。
アピールはえげつなくあると思いますが、アレで喰うサカナもサカナですが操る方も勇気がいると思います。アレで底とるのも根がかり覚悟の勇気がいると思いますが底叩いて煙幕作りゃカレイなんぞ釣れたりして(獏)派手嫌いのチヌはきびしいのではないのでせうか?撒き餌効果があるなら中層ぶらさげりゃハネもいけるかもしれませんね・・言い切る自信はとてもありませんが(^^;)
何にしてもガルコンでやってみる価値はあると思います。釣れりゃどんなたわごとでも官軍、釣れたら詳細コメお願いつかまつる。
Posted by マッK at 2012年03月06日 21:28
しばらくぶりでございます。
質問がありますです。


ここのトコロ、メバリングをしに泉佐野方面へ釣行に行ってるのですが全く釣れません…。
アタリすら分からない状況です。




当方のタックルは、タックル○リーにてロックフィッシュ用と銘打ってあったロッドとリールのセットになっていたヤツです。

リールにはフロロ1号150メートルと記載されております。




ネットを駆使して、自分で仕掛けを作りました。





ラインにキャストシンカー用のゴム管をセットして、極小のサルカン(スイベル?)を装着。

そのスイベルの先に矢引きくらいの同じくフロロの1号を結ぶ。

その先に極小のスナップを装着し、そこにジグヘッド+ワーム



という感じの仕掛けにしてるのですが、間違ってないでしょうか?

風や潮の流れが早い時は キャストシンカーの2g等を付けてます。






フィッシング○ックスの店員さんには、
『和歌山まで行ったら釣れるんちゃいます?』と言われましたが、泉佐野辺りにはメバル居ないのでしょうか?



夜中に1人黙々と投げては巻き投げては巻きしても何の音沙汰もないので心が折れそうになりますw




質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
Posted by 泣き男 at 2012年03月31日 01:52
泣き男さん、こんにちは、更新滞って申し訳ありません。

ロッド、リール、ラインシステムなど長時間キャストを繰り返す釣りなので、疲労軽減のため軽いタックルにこしたことはありません。泣き男さんのタックルもこれにそっておりますので何ら問題はないと思います。

メバル用のライン、シンカー、フック含めてのシステムはその場の状況や個人差があり、これがこうだと言い切れるところがないと自身思っております。サルカンやシンカー、スイベルなど金属部をジグヘッド以外全く使用しない人もいます。

>風や潮の流れが早い時は キャストシンカーの2g等を付けてます。

 ↑ 
完璧だと思います(爆)
ただ、そこにサカナちゃんがいるかどうかだけの問題ではないかと・・・

>フィッシング○ックスの店員さんには、
『和歌山まで行ったら釣れるんちゃいます?』と言われましたが、泉佐野辺りにはメバル居ないのでしょうか?

去年、私は和歌山の南部までいってショップの店員に南部にはメバルは生息していないと言われました、南下するにもほどがあったらしいです(爆)行くなら御坊あたりで寸止めかましたほうがよろしいかと。とりあえず漁港の常夜灯周辺が目安です。

泉佐野もポイントがいくつかあります、一番有望なのはテトラ帯で、関空橋下ですが前島波止のテトラ部分もメバルが濃いですね。

そろそろメバルも終盤ですが事故のないよう、がんばってください。
Posted by マッK at 2012年03月31日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。