2012年07月17日

再びのお詫びのお礼と事故真相

前の記事で事故で頚椎損傷に至って入院と書いて、驚くほどの暖かい励ましのコメントを多く頂いて胸が熱くなりました。普段釣行記事だけの更新なら仲間内での相互リンクの希少と相まってアクセスの割には(実は一日平均2000人超のアクセス数を維持しております)少ないコメントで終わりますが、今回ほど多くの暖かい励ましの言葉に感激したことはなかったでございます。改めて心より御礼申し上げます。
さて、事故と前回申し上げましたが、多くの方が車での衝突事故と想像されているかと思いますが、実は真相を申し上げますと、釣り場での単独釣行(下見のみです)での転落事故でありました。

たらーっ(汗)


誰もいない土曜の深夜2時、連夜湾奥で沸いていたバチシーバス狙いでいつも通っているプライベートポイントの柵のある対岸が気になり下見だけのつもりで入ったばかりに起こった不祥事極まる事故であった。状況を知るため海を柵ごしに眺めて、あまりいい状況ではないと判断、理解し、帰路につこうと思った時横から風が吹き、あろうことかかぶっていた帽子が柵の向こう側に(海側)飛んで行き、堤防ぎりぎりに落ちてしまった。

帽子を放ってそのまま帰る事ができず高さ1.5mほどの鉄柵を超え、無事帽子を拾ったまではよかったが、帰ろうと再び鉄柵を超えようとてっぺんに座った時、ふらついてしまい、鉄柵の隙間に足をとられ、そのまま振り子のように前頭部から落ち、衝撃で首が後部へ不自然に曲がってしまい、頚椎を刺激してしまった。強烈な痛みと共に頭から大量の生暖かい血がコンクリートに流れてるのが確認でき、頚椎損傷に伴う両腕両足が不随になってしまい、そのまま全身身動きが取れなくなった。

気絶することなく鮮明な意識のままうつぶせになることを余儀なくされてしまったのだ。「死ぬな、これは」と思った、深夜2時、シークレットなポイントの為、人影などあるわけないし、時間も時間だから誰も来ることもない、絶対助かると言う事がない絶望的な状況。一時間ほど痛みに絶えながらその場に寝込んでいると後ろの方で何やらバタつく気配がした。

犬か何か来たのかと思ったら自身の足が動いていた。最初の下半身を動かそうとした意識が遅れて今、反応したようで、足だけがばたついているようだ。「こんな事ってあるのか」と思い、これ幸いとばかり、何とか柵や壁をつたい、起き上がることができた。足はかろじて動くのだが、両腕が全く動かない。とりあえず、この場から動こうと車を停めている場所までふらつきながら歩いた。両腕が動かないのでキーをポケットから出すこともできずボーゼンとして車のそばにへたりこんでしまった。パックリ割れているであろう頭より、腕に激痛が走りはじめた。

誰かいないかと周囲を見渡すと、遠くの方で工場の灯りがポツンと見えている。駄目もとで助けを呼ぼうと、立ち上がり、そこまで歩き始めた。頭から血が垂れているのが感じられたが腕の痛みの方がすごかった。
倒れかけながら何とか工場の門まで辿りつき、守衛室の明かりの中に人影を確認して「ホッ」とした。

守衛さんの姿を見て声を上げたが腹に力がまるで入らず、声になっていない。門に体当たりして音を出したら、ようやく守衛さんが気がついた。ゾンビ見たいに見えたのだろうか、驚いて守衛室から出てきて「どないしたん、血だらけやで」と叫んでいる。「こけてしまったのです、すみません、救急車呼んでくれませんか」と言ったら「わかった」と言って守衛室に戻って電話をかけてくれた。私が「ありがとうございます、向こうの車の方に戻っていますので救急車が来たら伝えてください」と言って工場を離れると「大丈夫か?」と背中ごしに守衛さんの声が聞こえた。
車のところまで来て力つき、再びへたりこんでしまった。
しばらくして遠くの方で救急車のサイレンが聞こえて来て「助かった」と思った。
両腕の激痛がさらに増して気を失いかけている。
たらーっ(汗)

まさに恐怖の一夜で、よく生きていたなと今振り返っても身震いがします。
釣り場には釣り人を拒む障害物が少なからず存在します(消波ブロックやコケが生え、滑りやすい足元など)単独釣行はやむ終えないにしても、無理な行動は控えて、慎重に安全な釣りを心がけて下さるよう、心から祈っております。

本当に皆様の暖かい励ましのお言葉に感謝しております、ありがとうございました。



posted by マッK at 00:13| 大阪 ☀| Comment(14) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
ほぼ毎日覗き見させていただいておりました。今回は本当に大変で、でもご無事で何よりでした。
自分も単独で明け方までの釣行が多く大事ないもののヒヤッとした経験が多々あります。
マッkさんの体験談を読ませて頂き、今後益々安全には気をつけていかないと。と思いました。
一日も早く以前のように釣り場に立たれる事を心から願っております。

Posted by かあくん at 2012年07月17日 08:10
かあくんさん、始めまして。コメントありがとうございます。
マッディーウオーターを見て、単独釣行する方が多いと思い、今回の事故を振り返ってみた時
事故状況を書いて知らせたほうが皆さんが慎重になるのでは?と勝手に思った次第であります
。私も今回の事で抑制感情が芽生えましたので、決して悪い経験ではないと感じている次第です。(そう思わなければ、つらいです)
釣果優先は仕方がないにしても、柵の高い明らかに立ち禁エリアでの無理な釣行は控えましょう(獏)
Posted by マッK at 2012年07月17日 08:49
無事でなにより。とりあえずはお帰りなさい。
まずは治療に専念して頂いて、復帰戦ご一緒しましょうw
Posted by take-m at 2012年07月17日 12:31
take-mさん、ありがとうございます。
復帰戦、ぜひ^^)
Posted by マッK at 2012年07月17日 13:45
無事何より^^;

それにしても・・・マッKさんらしい怪我の仕方かと^^;
私も車での事故かと思っておりましたから・・・
Posted by つっち at 2012年07月18日 22:25
つっちさん、お久しぶりです。
こういうブログしている以上釣り場で死ぬなんてことは恥ずかしく、本望ではありませんので、必死でした^^)
しばらくおとなしくしています。
Posted by マッK at 2012年07月18日 22:48
おひさしぶりです。
仕事の関係で あんまり パソコンできてなくて、久しぶりに マッデーさん訪問したら、、、えらい 事故に、、、!
でも 無事に退院されたようで。安心しました。

これからは 無理しないで ぼちぼちやってくださいね。
Posted by ぶるぱぱ at 2012年07月19日 21:35
おお、ぶるぱぱさん、久しぶりです。お仕事忙しくてよろしいですなあ^^)。
私は、ご覧の通り、いい年こいてざまあないですわ(ばく)

>これからは 無理しないで ぼちぼちやってくださいね。

ありがとうございます、そうさせてもらいます。
Posted by マッK at 2012年07月19日 22:08
はじめてコメントいたします。
はじめまして いつも楽しみに記事を拝見しています。
大変な事故だったみたいですが、無事でなによりでした。
自分も単独釣行が多いので、安全には十分に気をつけなければと再認識しました。
早く体がよくなって、以前と変わらぬように釣りが楽しめるように願っています。
Posted by Mr.P at 2012年07月20日 03:32
Mr.Pさん、はじめまして、暖かい励ましコメ、素直に頂きます。今回の件で単独は慎重にしなければ行けないと認識してしまいました。十分注意して下さい。
Posted by マッK at 2012年07月20日 04:14
更新が無いなと思い、ブログを掘り下げてみると
えらい事故でしたね。
命あってのなんとやら・・・
早く元気になって釣りしましょう!
フィールドが同じなので、いつか現場でお会いしたいです。
その時は、復帰祝いに缶コーヒーでもおごりますよ(笑
Posted by ken at 2012年09月18日 21:53
kenさん、はじめましてですよね?
励ましのコメありがとうございます。
日々もとのカダラに戻るための
努力をしていますので
ご安心あれ。
Posted by マッK at 2012年09月18日 22:14
この度は、実に大変な事故だったんですね。今、11/24に知り、驚いています。しかし、退院される迄に回復されたと言う事で、本当に良かったと思っています。いつもたくさんの記事で楽しませて頂いていて、何のお礼も出来なくて申し訳ないと、記事を見る度に思っておりました。他のサイトのブログにも、書き込みと言うのをした事が無くて(^_^;)こんな私の様な、マディウオーターさんのファンは大勢いると思います。マディウオーターズさん自身だけの為ではなく、私やファンの皆さまの為にも、また元気に釣行して貰いたいと、心から思っております。いつも、ありがとうございますm(__)m
Posted by ターボ at 2012年11月27日 09:57
ターボさん、はじめまして(ですよね?)やさしい励ましのお言葉ありがとうございます。
傷病とあいまって只今着実に形骸化の正常進化の道へと突き進んでおります(獏)
そろそろ釣り場での散策でもと朝起きるたびに思っておりますが、いかんせん突然の冷え込みに気がめいり、打ちしがれている始末であります、はて、どうしましょう(^^。
なんやかやで更新まで、もうしばらくのご猶予を。
Posted by マッK at 2012年11月27日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。