2007年07月04日

阪南男里川河口

ozato2.jpg
ひょっとしたら、私の渇望する釣り場の理想形がここ、男里川かもしれない。早朝であれば自宅から車で一時間以内のアクセスで済み、テトラあり、小規模だが石積みの波止あり、自然海岸だから浜もある。普通の波止釣り派ならどこがいいのかと頭をかしげ、敬遠するかもしれないが、私がここを好きなのはあれやこれや節操のない釣りばかりする私の場合、目的が手漕ぎゴムボート釣りの場合、逃げ場的手段が通用すると言う前提が成立する釣り場であるからである。以前、ここへ手漕ぎゴムボートを持ち込んでボートからのキス釣りを予定していたのだが、天候が不安定で、どうにも煮え切らないでうじうじ、いじいじする女の腐ったような性分の私は出艇する判断がどうも下せない。案の定天気はいいのだが波が出はじめ、出艇を断念し、仕方なく大量に仕入れたキスの餌である石ゴカイを消費すべく、いつも車に積んである3m前後の安物のチョィ投げ専用の万能波止竿を出し、テトラ帯からチョィ投げのひきずりを試してみたところ、これが正解ですべての餌が終了するまでキスの時合は止む事はなかった。結果、ガッチョなどの外道を除外すれば15cm〜20cmのサイズで300匹のご馳走にありつけた。十年前位の話ですけど。キスマーク
しかし、海岸線の開発が大きく進み、昔の面影が希薄になりがちな昨今の近畿地方にあって、この男里川の風景は十年前と比べて釣り場の変化は小さく留まっており内心ホッとしておりますです。
当時には無かった石積の波止がテトラにある排水口前方に構築された程度で、明らかに釣り目的で作られた物だろう、テトラからの釣りを敬遠する向きにはうれしい構造物だ。二級河川の男里川は泉南の山中渓谷の支流が源流で上下流共各自治体主催でいろんな活動も行われている、近隣のオアシス的存在であるらしい。大阪府内に存在する数少ない自然の浜も貴重ではないだろうか。今回訪れた時、干潮時で子供連れの近所の人が潮干狩りを満喫していた。ウキ釣りではチヌ、太刀魚、ハネ、メバルなどがテトラや石積波止場から狙える。


犬


石積みの波止。足場がいいので腰を落ち着けた投げ釣りなどするにはいいだろう。前方の捨石がネックか。
ozato1.jpg

犬


このテトラの排水口の前方に上記の石積み突堤が鎮座する。
ozato3.jpg

犬


釣り以外に、引いた潮から現れた海草を拾ったり、潮干狩りをするなど楽しみも多い。
ozato4.jpg

犬


潮干狩りの収穫物。この日はアサリが少ないと撮影を許してくれたおじさんがぼやいていた。
ozato5.jpg

熊手などの従来のアイテムではらちがアカンとおじさん愛用の貝採りジョレン。一度に沢山採れるそうだ。
ozato6.jpg

犬


なるほどやってますなあ、貝採りジョレン。
ozato7.jpg

犬


川口にある石積みの導流堤。子供が蟹を捕っていた。
ozato9.jpg

犬


背後にあるゴミ焼却プラント。
ozato10.jpg

犬


この階段を登れば海岸へアクセスできる。
ozato11.jpg

犬


この階段を降りれば海岸へアクセスできる。
ozato12.jpg

犬


テトラ郡
ozato13.jpg
男里川河口へのアクセスは右サイドメニュートップのGoogle釣りマップの泉南〜阪南かこちら
posted by マッK at 00:42| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、男里川河口にてシーバス釣りしてます。例年になく今年は釣れにくい気がします。河口の大阪側、和歌山側ではどちらが実績あるのでしょうか?
Posted by 前川勝也 at 2011年07月21日 10:07
前川勝也さん、コメありがとうございます。
私は男里川河口周辺ではキス釣りの経験しかありませんので男里川河口のシーバスにはほとんど知識がございません。私がシーバスを狙うのは主に淀川河口か大阪湾奥に限っています。しかし、今夏のこの猛暑では夜も日中の水温を引きずっている可能性もあるのでシャローでのシーバスは苦戦するでしょうね。
台風後のベイトの流入目当てで狙うしかないのではないのでしょうか。上記の理由で右岸、左岸の実績はわかりませんがランガンで探るしかないでしょうね・・・。
Posted by マッK at 2011年07月21日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46582865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。