2019年08月28日

落とし込み釣行の記・Part 3 続メバル竿で (;^▽^)

8げつ18にち
201908183.JPG
前日のあのぬ〜ち〜(キー坊)の引きが夢にまで出てくるぐらい興奮してしまって、朝起きて居ても立っても家にいられなくなり今回もメバルロッドのフィネッツァを持っての連続釣行とあいなった。何せ老害のリタイア組みなんで時間はお陀仏になるまでたっぷりあると言うものwそして例に違わず今日もワイの命日かと思うぐらいの熱波地獄であります。何枚釣れるかわからないが落としこみと言う奴一日慣れて調子がよければ覚えたてのビギナーでも数が釣れると言う何ともうでしいカテゴリーであります。
今回は午前から午後とも2回の起伏のある絶好の中潮。9時から13時頃までの下りと14時から20時までの上りがある、もちろん全工程釣りつぶすなんてこの灼熱地獄の中ではまさしく自殺行為に等しい愚行(でもないか)。
今回の塩、中潮。
Screenshot_2019-08-27 Screenshot.png
一応今回とっかかりは午前9時から13時頃までとして調子がよければ午後からも・・・多分無理だろうな。さて釣り場到着で世間では盆連休の終わりごろになるのか釣り人はワイだけで他に物好きは見当たらない貸切状態。早る気持ちを抑えつつタックル準備、今回は目印無しのシンプルな道糸とハリスのみのミャクに近いへチ釣りでラインの走りプラス穂先プラス手元ガツン!アタリのよくばり三点大バーゲンセットのフレキシブル釣方に焦点を当ててやることにした。と言うより心情的にタックルがタックルなのでめんどうな本格落とし込みでなくとも別にいいだろうとの素人判断。通常落とし込みは目印の挙動でアタリを察知するがワイが今回やるのは予め魚が喰うタナを想定してその範囲内の長さプラス波止から海面までプラスロッドの長さを考慮してその分だけ竿先から出してゆっくりエサであるイガイをシンカー無しでラインを張りながらエレベーターの様にアタリがあるであろうタナの下までリール操作の落としこみではなく腕を降ろしながら釣ると言う物、だからリールの操作は魚が掛かったときのやり取りのみという事。今回は前日魚が喰ったタナ「ひとひろ」を想定してそれより余裕を持って50cm下ぐらい余分にライン出すことにした、波止から水面まで今現在潮位下げ始めの3m位だからライン全長4.5mちょいぐらいになるだろうか、その範囲以内で魚が喰うヒトヒロプラス50cmだから海面から下の針までのライン長は約2mだな。今日使用する7フィートのロッドに対してラインセッティングは長いがそれより下は魚がいてもいなくても無視して(いるかどうかもわからないもんね)かつリール操作で狙わずずんずんテンポよく釣り歩くのがよけいな事を考えず集中出来るし効率的にいいのだ、暑いからとにかく早く数釣って早く帰って寝るのがいっちゃんいいのだ、そうだろ?
👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠👠
波止を覗くとおるわおるわ昨日より増してぬ〜ち〜やらボラやらが波止壁際にサクりまくっとる(※サクる→サークル→集るという事)この釣りのええとこは外道がエイのたぐい以外一切掛からないという事、ボラは貝を喰わない。ボラがいようがいまいが恐怖におののく事なくおもくそそこへ堂々とエサを落とし込むことが出来るのぢゃ、これはやってみるとわかるがワイみたいなボラ恐怖症にとって本当にありがたい事なのだ。
こげな迷惑なスモールマウスなんぞ掛からないのぢゃ、
bora-b.jpg
エイはもっとやっかいやけどなw
そして落とし込みは何よりあんよが命なのだ、あんよが無ければ釣り進めないし数も上げられない。未練がましく同じ場所にへばりついていたら落としこみ釣りやへチ釣りなんか出来ない、とにかく暑かろうが寒かろうがカダラがトロけようが骨が砕け散ろうがおもくそ歩くしかないのだ、どうこのワイの希薄な気迫、クソ暑いのに迷惑になるぐらい迫力あるやろw。
そして落とし込み開始、ラインセッティングが少し長いのでロッドを持つ手を頭の上あたりに持ってきて波止にワイの影を映さないようにチラ見しながら腕を徐々に降ろしゆっくり水面下に仕掛けを落としていく、糸がふければ止めて、真っ直ぐになる直前で落とすタイミングを見計らいながら落としていく、自然に貝が壁面からはがれて落ちていく演出なのだ。サクっていた魚どもがそれに気ずき挙動が変わったように感じた。無視して落としていくと「クン!」とかすかな歓喜の違和感、ニヤリとほくそ笑んですかさず腕を天空につき上げて合わせた。そのせつな同時に潜り始めた魚、ものすごいチカラでロッドを腕を圧倒しはじめ主導権を握ろうと誇示している。しょっぱなから魚がかかった喜びをどう表現していいのか一人波止で「やった!」の連呼。浮上しては潜水を繰り返しながら沖方面へとワイを引き込むかのように逃げていく。負けじとじわりじわり糸を小出ししながらひん曲がっているロッドパワーで絶えては魚をこちらに向けさせようとするワイ。やがて魚はチカラつき空気をおもいきり吸って降参状態となった、タモ入れ無事完了。自分で言うのもなんだが順調で理想的な釣りである、この調子が続けば恩の字だろう。上がってきたのはここのアベレージ45せんの重量感のあるキー坊。
201908214.JPG
個体差にもよるが概ね上層で魚を掛けると必死に底へ潜ろうとするから実に面白い、魚との掛け合いは夢にまで出てくる、しばらくこの世界から抜け出せそうにないわ。それに今日は塩のかげんか海の活性がすこぶる高かった、ボラの泳ぐ姿がえげつないほど視界に入る日でもあった。普通だと憂鬱になるが特定の魚を対象にした落とし込みになるとその様相は真逆になる、ボラの下に多くのぬ〜ち〜がいるからわくわくするのだ。
その後も同じような型の魚が連発で掛かった、今日の獲物総数8枚。ここ最近別魚種狙いに奔走してボーズ地獄に陥っていたワイにしては上出来の部類であるがしかし念願である真チヌの姿は今日は見れなんだ、贅沢か。今回暑くて死にそうなたんたんとした釣りの様相ぐらいで特段面白いネタがないので尻切れトンボみたいだが記事はこれで終わりマッスル、しかしながら灼熱地獄で死に掛けてはいたがなかなか有意義な一日だったワイ。
今日の獲物総数8枚だが同じような型のキー坊なのと写真をとりそこねたのもあるが一応上げておきますわ全部45せん前後w
201908211.JPG

201908212.JPG

201908184.JPG

201908185.JPG

201908192.JPG

まだまだ釣行記ありますので更新して行きたいとおもっております、折を見て遊びに来てちょチュッ💋

posted by マッK at 15:14| 大阪 ☔| Comment(4) | 落とし込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよっ!大正のヘミングウェイ。
すごい文字の羅列やのにサラッと読めます。こうなると動画の復活にも期待がふくらはげます。
Posted by ネピネピメイト at 2019年08月28日 20:06
ネピネピメイトさん
コメおおきにです、動画ねえ・・やりたいんやけど色々ありましてねえ。でも体制整ったらやりたいと思います、いつかはわからんけど           ^^;)byまけい

Posted by マッK at 2019年08月28日 20:32
マッケさんほどのTOPブロガーでしたらメバル竿でエイとバトルして頂かないと!
( ゚Д゚)y─┛~~
Posted by おあずけ at 2019年08月29日 17:07
>おあずけさん
山ちゃわん、電動バイブ付きの天狗で遊んどるか〜wそれよりこんにゃく、かまぼこに告ぐ色モン第三弾発見したから試してきたぞ。エイか何か知らんけどその色モンで2しきの化けモン掛けて格闘してバラして来たよん。今日は真ちぬとキー坊の2しきだけやった。おもろかったワイ^^)
Posted by マッK at 2019年08月29日 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。