2019年09月03日

色もんU

これまでの類似記事リンク
👠👠👠👠👠👠👠👠
前回別にもったいつけているわけではなかったが、もう皆さんすでに「あれやね」と言ふことでわかっていたと思うが

これは
08298.JPG
これ
08293.JPG
そう、これ
08292.JPG
という事で本日はこれ一本で再度実釣勝負してきた。貝は前回一応ボーズ逃れで持ち出してはいたが今回も黒豆が気温による変化で柔らかくなりすぎたら針持ちが悪くなるのでもしやと言う時のために用意はした。
9げつ2日👠
汐見表は中潮で未明から深夜まで絶好の好釣果斜面を表示している、釣りは未明から昼まででもいいが暑さもこの前の雨から若干戻りつつあるので体力の消耗次第で切り上げる算段。別釣り場で奮闘予定の山ちゃわんとの合流もあるので塩が下げ始める10時前後開始と決めて家を出た。
この前は街の嫌われもんのヤクザみたいな爆風に悩まされた、しかし今日は気温こそ上がっているがほどよい風があるので絶好の釣り日和となっておるわい(^w^)それに今日はなんだかいつもより浮遊ゴミが少ない気がする。ワイは適度に清潔好きなのでこれはうでしい状況だわさ。
Screenshot_2019-09-02 Screenshot.png
さて一発目の仕掛けを投入、もちエサはフジッコビーズキッチン蒸し黒豆。目印代わりにカラーマーキングされたラインが適度に輪になってエサの黒豆が沈むごとにその輪が順序良くほぐれて沈んで行く。ワイは落とし込みを覚えてからは基本エサの重みだけでオモリは付けない。適宣(てきぎ)状況に応じて極小のカミツブシはつけるがほとんどノーシンカーでやっている。この黒豆はガタイが小さいので比重も小さいと思われがちで自力で沈むのは難しいように見える。しかし実はゆっくりとふらふら自然の摂理に順応して沈んでいくのだ。ゆっくり沈むのは長い時間アピールできると言うメリットもあるし貝とおぼしきビジュアルが相乗効果になって魚が放っておく理由が皆無ではないかとワイ的には勝手に推測するがどうやろ。
カラーマーキングが入っているので落とし込みの目印の流用で使用できます。
サンライン(SUNLINE) ナイロンライン 黒鯛イズム 落とし込み マークウィン 100m 2.5号 ホワイト&ブラック&エキサイトオレンジ&ミエールグリーン
サンライン(SUNLINE) ナイロンライン 黒鯛イズム 落とし込み マークウィン 100m 2.5号 ホワイト&ブラック&エキサイトオレンジ&ミエールグリーン
魚の活性はどうかわからないが、じっくり舐めるように波止上を歩くうち何投目かでラインではなくコツンと言う小さいアタリが手元に来た、ゆっくり聞いて見るとブツの重みが無く素針でエサが取られていた。エサを付け変え再度このポイントに落とし込んだらこんどはラインが勢い良く沈んでいった。大合わせを喰らわせると魚がすごいチカラで右方向へ走り始めた。勢いが止まらないからエイが食ったかと思ったが水面近くに浮上した際うっすらとヒラを打つ姿を見た。「キー坊やね」と確認したがしかしそいつが再度潜り始めたそのせつな、ぷちんとラインが切れてしまった。・・・・・・「え?」とワイ放心状態であげた仕掛けを見ると針外れやハリスと道糸の連結部分ではなくその上部分の道糸の途中で切れていたのでワイは「?」何でここが切れるか一向にわからなんだしこの記事を書いている今でもわからない、なんか物凄く悲しくなってきた。

それから10mほど歩いたポイントで次の突進劇が来た、仕掛けを落としたすぐ直後に喰って走り出したのだ、喰ったタナは30cmも無かった様に思えるし、先ほどと同様すこぶる元気の良い引きで中々浮上する様子も見えない。竿を持つ手が汗でぐちゃぐちゃになって滑りそうになっているのを必死でこらえていた。またラインが切れるのが怖いので潜ればそれに合わせ竿先を下げ横に走れば自分もそれに合わせ横に動いた、もちろん糸もそれなりに出したわさ。前の釣行から先ほどの「糸ぷっちん!!」がトラウマとなっているのでどうしてもこのブツだけはライントラブル無しで獲らなければならなかったのだ。その思いが通じてかブツが徐々にチカラ尽きて浮上して来た。タモ入れ無事成功で胸をなでおろしたワ(^m^;).45せん、ここのアベレージガタイのキー坊や、ザマみさらせ今日の初物ぢゃ。
おっさんまた性懲りも無く豆かえ。
12.JPG

そして数分後、同様のやり取りでまたもや同じガタイのキー坊、先ほどとほぼ同じ顔つき同じサイズで同じ魚かと思てワロタ草w
あのな
1.JPG
その後何回かの痛恨のバラシが続きこの釣り場唯一のシャローエリアに来た。下げ塩途中なので1mあるかないかの水深だわ。夜に小型のキー坊がよく釣れるがしかしここは水深20cmの水位でも50せん程度のシーバスなどがかかる面白いポイントでもある。豆さん投入すると間髪入れずすぐさまひったくられたわ!急な喰いにおもくそあわてたわw水深がなく浅いので魚は横に走るしかない、しかしこいつは思いも掛けない強烈な引きを見せ、ズンズンズンズン沖へと走っていきよるw切られるおそれがあるのでドラグを緩めた。やっとこさチカラが少し弱まり、やがてこちら側に騙し騙し寄せるとはじめキー坊かと思たが時折みせるガタイはメタ色ではなくブラックボディーで見事なぬ〜ち〜に見えた。これは絶対獲らねばと弱らせる為確実にに空気を吸わせヘナヘナになったところでタモ入れをしてピックアップを完了した。上がってきたガタイはまさしくぬ〜ち〜でこのシャローでは見かけない立派なブツであった、50せんの真ぬ〜ち〜ぢゃ!!
うわっ豆てか、ふざけるなや老害物よぉ。
3.JPG

2.JPG

その後ここで時合なのかまた素張りを引いたり訳がわからないバラシがあったりで30から40せんのキー坊とそれなりに遊んだ、飽きのこない面白いポイントであった。
往生せえやおっさん。
11.JPG

7.JPG
携帯を見たら山ちゃわんから何度もメールや着信が入っていた、ワイ魚のやり取りで夢中でケイタイどころやなかった。この釣り場に入って山ちゃわんも入れ食い状態が続いているようであった。合流して落とし込みしながら歩いたワ、相変らずバラシや素針やら繰り返していたら昼過ぎになっていた。山ちゃんの師匠と呼ばれる人が来てその目の前で山ちゃわんが50せん位のキー坊を上げた。
たそがれる山ちゃわん草
13.JPG
続けてワイも同型同サイズぐらいのキー坊を上げたったワ。
クソ豆オヤジが〜、憶えとれ!!
10.JPG
こんな2個掛けもアピール度が増して有効だった
8.JPG
そろそろ山ちゃわんが用事があるので帰らなければならないと言っていたのでワイもここで帰ることにした、いつものようにバラシやわけのわからん糸切れがあったりしたが、思いがけないショバで真ぬ〜ち〜が釣れたので中々面白い一日やたわ。また豆に頑張ってもらおうっと思う今日この頃のワイ。
まだまだぎょうさんあるで〜
5.JPG

4.JPG
またしつこく更新するから来てね、チュッ💋

posted by マッK at 03:43| 大阪 ☁| Comment(2) | 落とし込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒豆が釣れるのであれば鹿の糞でも釣れますよね!
( ゚Д゚)y─┛~~


スーパーで黒豆を買わずとも奈良公園に逝けば無限に餌には困りませんね
という事で来週は奈良公園逝きにキマリ!
( ゚Д゚)y─┛~~
Posted by おあずけ at 2019年09月03日 12:40
>おあずけさん
奈良公園逝く気力と費用あったら業務スーパー逝くわと言う普通に考える大衆とは考えもつかないセレブである君の頭脳に感心するのと皆が見ている前で恥も外聞も無く鹿のばば採取しまくる君のマインドは実に尊敬に値するわ。


Posted by マッK at 2019年09月03日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。