2007年07月22日

舞鶴湾再更新

この記事は2007年の古い記事です、動画もある2009年更新記事はコチラ

md5.jpg

タマ(写真)切れとネタ(記事)切れの為右往左往していた。どうすべかと思案の末、金曜〜日曜にかけて仕事をむりやり三連休にし少し遠出してみようかと思案して決まったところが日本海の舞鶴湾。大阪湾の釣り場紹介サイトを標榜しておりますが、ま、そこは堅い事抜きで日頃あれこれ鬱憤のたまった管理人のわがままなガス抜きと御理解願います。これも以前掲載して画像がなく記事だけだったので今回も再更新にあたるわけですが、行ってみてやはり感じたのは舞鶴は釣り天国だと言う事。天候が悪い上、平日の為とあって車横着けで竿が出せる舞鶴湾東の道路脇には釣り人の姿は皆無で拍子抜けだったのだが、舞鶴親海公園では数人の釣り人が確認できた。しかし、立ち寄るところすべて、釣り人の姿はまばらで少し寂しい思いをしたのは事実。わざわざ大阪から車を走らせて他人の釣果ばかりをアテにし、自身は竿を出さず軒並みの釣り場のハシゴとは釣り師のカザカミにもおけぬとお思いでしょうが、竿を出すと昼から翌明け方迄一日中一箇所に留まる恐れがあるのです。その為、サイトの記事の偏りを回避し、数箇所の釣り場を紹介しなければならないと言う私の何とも可愛くて苦しい心情をさっして頂きたい。竿を出したいのをぐっとこらえて皆様の為に新鮮とれたての記事更新を目指し、日夜奔走しておりますゆえ何卒ご容赦を。
iモード


平〜佐奈賀



湾の東西に掛かる大橋クレインブリッジ。橋の下両対岸共竿が出せる。
md1.jpg
夏の夜釣りの虫餌でスズキやチヌが狙える。日中の投げでキスも。
md2.jpg

橋下に関わらず湾内道路にこのような駐車スペースに余裕がある所ならどこでも車横付けで竿が出せるので車上荒しの心配なしでゆっくり釣りができる。
md3.jpg
丁度干潮時の為堤下の肌があらわに。湾内の為日本海にしては水が澄んでいないが魚種は豊富。
md4.jpg

似たような楽チンポイントが多数ある為画像で紹介するには
あまりにも空虚。タンク前などいろいろポイント名があるが無意味。
md7.jpg

白灯ポイント。灯台前はマダイ、カンダイ、スズキなどの大物の一級ポイント。底が粗く駆け上がりが急な為、投げ、カゴなどジャンル問わず仕掛けのロスが激しい。足場はいいが初心者にはきつい上級者ポイント。
他にこの先湾を北上すれば地磯など一級ポイントが幾つかあるが、今回紹介は記事スペースが大きくなるので、省かさせていただきました。次回おりを見てご紹介致したいと思います。
md9.jpg
md10.jpg

灯台手前横は釣り易いいいポイント。秋から春にかけてのオオアジが釣れることでも知られるポイントである。
md8.jpg
逆方向から見た画像。
md12.jpg

湾北上途中にある筏の渡し。波穏やかな湾内の為筏にはいい。
md15.jpg
ここは釣堀。
md16.jpg
md17.jpg

舞鶴親海公園


舞鶴親海公園に停泊中の遊覧船。本日休業です。
md-sinkai1.jpg

公園内にある無料釣り護岸。
md-sinkai2.jpg
平日で悪天候が重なった為、釣り客はまばら。4人しかいなかった。
サビキがメインだが今の時期でも良いサイズのアジがあがるらしい。
md-sinkai3.jpg
舞鶴親海公園自体規模は大きくはないので釣り護岸もスペースは小さい。
md-sinkai4.jpg

磯ではコッパの類に入るグレでもここでは立派なサビキのターゲット。
20cm前後が間段なく釣れていた。
md-sinkai5.jpg
カメラのマクロ機構を使わなかった為ピンボケ。
ゴメンチャイ(^^;)
md-sinkai6.jpg
上のグレを釣り上げていたご夫婦。
旦那様が釣った横で慣れた手捌きで釣れたグレを処理していた。
md-sinkai7.jpg

舞鶴親海公園の駐車場。下は休憩場&レストラン。当然トイレもある。
md-sinkai8.jpg
md-sinkai9.jpg
舞鶴湾のマップはこちら
posted by マッK at 17:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。