2007年08月05日

深日漁港

Fgiyokou1.jpg

この夏例年通りタコが踊り、人がそのタコに踊らされている波止が多い。太陽が照れば照るほどタコが踊るし人が踊らされる。雨が降れば降るほどタコが踊り人も踊らされるのだ。深日周辺も例に漏れず村の盆踊りみたいにタコが踊って人が踊らされているに違いない、なにせ関西有数のタコ場なのだから(世間ではあまり知られていないが・・・)。毒のあるヒョウモンダコだってたまに掛かる事だってある位だから、(まだら模様のタコが掛かったら決して素手でさわらぬように。すぐさま、水産試験場に連絡するように)やはり誰が何と言おうがタコ踊り、人踊らされ場に違いないのだ、深日は。根掛かり覚悟で漁港内や波止外向きをタコフネと言う投げ専用の船ジグで探れば高い確率でHITするに違いないのだ。タコがHITすれば釣った人も踊るように喜ぶのだ。カラフルなタコジグで積年の侵食で出来た壁際の穴を上下シェイキングすれば、やはり、高い確率でHITするに違いないのだ。そしてタコがHITすれば釣った人も踊るように喜ぶのだ。ごっそうが釣れたと。
しかし、大阪南港や武庫川一文字や泉南地域の波止ほどにフィーバーしていないのはなぜに?普通ならタコフリークで深日一体が盆踊りみたいに踊り沸いてもよさそうなのに・・・なぜに?。手漕ぎゴムボートで岬公園からここまでキスを求めて探りまくった事があったが石ゴカイの餌でも80%の確立でタコが掛かった過去があって、深日はタコの巣窟だと
確信していたのだが波止でタコを専門に狙っている人は私の確認するかぎり皆無に等しい。なぜに?????


iモード


河口に面している為、スズキ族の魚影は濃い。シーバスフリークには人気があるポイント。
Fgiyokou2.jpg

キスの魚影も濃い。あまり知られていないがこの波止場から右斜めにある対岸一文字の捨石際を狙うとガッチョまじりで結構数が稼げる。キスの他ホウボウも来ることがある。
Fgiyokou3.jpg

これがその一文字で早朝や日昼でもいいが夜釣りがお勧め。夜釣りだとガッチョがかからないし、餌がキスの特効薬のチロリだといいサイズが来る。ただし、チャリコの猛攻撃もある。取り込みはテトラ前方に移動しなければならないから注意が必要。虫餌のウキ釣りでメバルもいい。
Fgiyokou6.jpg

ピンギスばっかりやと嘆いていた投げ師。
Fgiyokou5.jpg

魚港内はタコも多いから根掛かり覚悟で船ジグ投げて一度試してみては?
Fgiyokou4.jpg

ガシラも濃い港内の沈みテトラ。穴目がけて短竿で探って見ると良い。
これも虫餌で夜釣りの方が確率が高い。
Fgiyokou9.jpg

このご婦人のように探って探って探りまくりましょう。
Fgiyokou7.jpg

この方も漁港内の穴釣り。ここでは結構人気がある。
Fgiyokou8.jpg

狭い感覚で一文字が構築されている。
Fgiyokou11.jpg

北の岬公園裏を望む。
Fgiyokou10.jpg

漁港内にはきれいなトイレもあるので女性も安心。
Fgiyokou12.jpg

深日漁港へのアクセスはこちら
posted by マッK at 22:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。