2007年08月08日

北港夢舞大橋下周辺

hokkou28.jpg

北港夢舞大橋下周辺及び舞州緑地は公では釣り禁止の場所なのだが、この場所が造成されてしばらく後からひっきりなしに訪れる釣り人に対してなぜか管理している港湾関係者は暗黙の寛容姿勢を保っている。北側にある淀川に近い常吉大橋はどうやら釣りをすること自体は何も問題ないらしいのだが、以前この夢舞大橋下の西側埋立地(舞州緑地周辺で現在も当時と変わらず一部はまだ整備されていない)港湾関係者と釣りとは無縁のバーベキュー目当てのファミリーのお父さんが言い争っている所に遭遇したことがあった。危険行為に当たる火を使っていたことが問題にされていたのだが、当時は金網が張り巡らされた門に今より大きく目立つ関係者以外立ち入り禁止や釣り禁止の立て看板が立て掛けられていたのだが、釣り人はもとより、ただたんに散歩を楽しむ人やお弁当持参のピクニック客など大勢の人達が立て看板の横にある破られた金網の入り口?からひっきりなしに堂々とためらう事なく当たり前のように侵入しては休日の限られた余暇を不当に楽しんでいた。しかし、港湾関係者はそれでも不当な侵入者に対して寛容な姿勢を保っていた。『釣り禁止とは書かれているがバーベキュー禁止とはどこにも書かれていないぞ、』とバーベキュー父さんは港湾関係者に喰ってかかっていた。さらに『俺を注意するならお前の後ろにいる釣り人も注意しろ!!』今で言う逆ギレに近い言い訳だが最も正論に近い免罪符にも聞こえた。が、議論が不当な侵入に対してではなく行為その物に焦点が当てられていた事を私は、ハラハラ見守りながら不思議に思って見ていた。だって、こう言う私も釣りをしていた確信的な不法侵入者の一人なのに注意された事はいまだかつて無いのだから。

キスマーク


この橋直下周辺が好ポイント。メバルやガシラの根魚やサヨリ、アジ、イワシなどのサビキ系統もいいが概ね小型。太刀魚などもいい。
hokkou23.jpg

橋げた周辺だと良型の魚の期待もある。
hokkou24.jpg

女性の場合トイレの心配はあるが東側のかなり離れたところにトラック
運転者専用みたいなレストランがあり、その駐車場にトイレが常設されている。舞州緑地公園にもあるがどちらもかなり歩かなければいけない。
hokkou25.jpg

この日はタコ狙いの人がかなりいた。
hokkou26.jpg

対岸の渡船区の夢州を結ぶ夢舞大橋。一般車両は2007年8月現在まだ通行出来ない。
hokkou27.jpg

橋の西にある未造成区域。橋が架かる前はハネやチヌなどがよく釣れたが橋が架かった今は潮の流れの変化の影響なのかあまり、実績は良くない。
hokkou30.jpg
hokkou31.jpg

この壁際の底周辺を探るとガシラが釣れる。
hokkou29.jpg

未造成区域から望む夢舞大橋。
hokkou32.jpg

西の舞州緑地公園方面を望む。ここから北港オモテ近辺まで歩いていけるがかなり先。
hokkou33.jpg

緑地公園東出入り口。車両通行禁止。有料駐車場がある。
hokkou36.jpg

板張りの足場のいいベランダ。釣り人もよく見かけるが釣果は保証できない。
hokkou38.jpg

洋風東屋。いかにも公園と言う雰囲気。
hokkou40.jpg

港湾関係の巡回車両。渡船区の北港オモテまで巡回している。
hokkou39.jpg

橋下横にある金網入り口。この日は開いていた。
hokkou41.jpg

橋下にあるロータリー。ここで車を止めて釣り場へ向かう。
hokkou22.jpg


夢舞大橋へのアクセスはこちら
posted by マッK at 23:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。