2007年08月10日

南港魚釣り公園

この記事は2007年の記事です動画もある2008年更新記事はこちら

nankouuoturi8.jpg

お盆休みどす。さて、どこへ行こうかと悩んでいる方も大勢いる事でしょう。さて、どこへ行きましょうか。遠征計画をたてて釣行する人や、家族で故郷への帰省がてら、ついでに釣りでもと言う方も沢山いると思います。めんどくさいから近くの通いなれた釣り場ですまそうと言う人も少なからずいるのも事実どす。さて、近くの釣り場ならどこへ行きましょうか。大阪近郊で最も近い釣り場と言えば南港どすが、ファミリー釣行なら足元が安全、トイレ常駐の魚釣り公園は捨てがたいどす。今の時期、サビキなら豆アジが調子いいどす。タコも少し前方へジグを放り込んで探れば掛かる確率も上がると言うものどす。決まりどすな、南港魚釣り公園に。安くあがるし、家から近いし、決まりどすな、南港魚釣り公園に。その気になれば自転車釣行も可能だし、決まりどすな、南港魚釣り公園に。夕涼みがてらの本格的な夜釣りは出来ないけど、スルメイカなら昼間でも釣れるし、決まりどすな南港魚釣り公園に。釣りの最中、家に急用が出来てもすぐに帰宅できるし、もう決定といっても過言ではありませんどすな、南港魚釣り公園に。なんか知らんけど、あれやこれや考えるのもじゃまくさいし、
もう決めちゃいなさい、南港魚釣り公園に。ちゅっ
キスマーク

黒ハート


魚釣り公園入り口の管理事務所。入場料無料なのだ。近くに有料駐車場もあるが路上駐車も多い。
nankouuoturi1.jpg

やはり、ファミリーが多い。
nankouuoturi5.jpg

公園内では当然餌も販売している。
nankouuoturi4.jpg

この日は気温が高く波が高かった。水深がないので、風の強い日はもろに荒れる欠点がある。ケーソンの網蓋から噴泉塔の如く舞い上がった波をもろに頭から被るファミリーもいた。今は休業中の海水遊泳場との併設だから地形的に仕方がないと言えば仕方がないのではあるが・・・
nankouuoturi9.jpg

釣り場は結構広い。南の大和側方面と北の関電裏側への選択ができる。どちらも釣果的には甲乙付けがたいと言いたいところだがやはり場所によって釣果の差があるので空いていればどこでも釣れると言うものでもない。写真は南の大和側方面へ行くスロープ。
nankouuoturi7.jpg

これは北の関電裏のポイント
nankouuoturi10.jpg

釣り座の後ろにこのような一段下がった通路がある。竿や針での干渉トラブルから避ける為、通路から釣り場へ上がったほうが無難。
nankouuoturi11.jpg

休日はこのように釣り客も多いがぽっかり穴が開いたように空いているポイントが所々みられる。
nankouuoturi13.jpg
nankouuoturi12.jpg

潮が防波堤にぶつかる南側のどんずまり。この周辺が私の知る限り太刀魚などがよく釣れるお勧めポイント。うねりが高いのがわかる。波をもろに被る事があるので注意が必要。
nankouuoturi16.jpg
nankouuoturi17.jpg
nankouuoturi18.jpg


波が高い時、釣り座にあるこの金網から海水が高く吹き上がる。
nankouuoturi19.jpg


この階段から大和川河口に面した釣り場へアクセスできる。もちろん公園内である。
nankouuoturi20.jpg


SORAS条約の為、現在東側の岸壁へは入れない。
nankouuoturi21.jpg


大和川河口に面した釣り場。ここも太刀魚にはいいポイント。
nankouuoturi22.jpg

防波堤から外側へ竿を出す釣り人。これは一応禁止されとります。
nankouuoturi23.jpg

魚種が濃い潮通し抜群の白灯。以前は入り口が開いていてすんなり入れたが今は入り口が閉ざされて入れないようだが、やはり釣り人がいた。
nankouuoturi24.jpg

路上駐車して公園内へ行く人が多い。駐車監視員を最近南港でも頻繁に見かけるようになったので不安な人は有料駐車場へ入れた方が賢明。
nankouuoturi25.jpg

有料駐車場。この日は利用している人は少なかった。
nankouuoturi26.jpg

南港魚釣り公園へのアクセスはこちら
posted by マッK at 03:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50879189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。