2007年08月23日

大川周辺

takoyaki12.jpg
カメラを変えた。以前から使っていた一般でコンデジと呼ばれるコンパクトデジタルカメラを使っていたのだがいかんせん、安物はやはり安物の写真しか撮れないと言った見本見たいなどうしようもないカメラだった。私の切望する望遠の機能は付いているのだがプリントアウトにもウエブにも何のクソの役にも立たないデジタルズームだけしか付いておらず、プリントアウトほどシビアではないインターネット上で公開すると言う私のゲレンデにおいても公開するにも気が引けるほどの粗悪画像で、画像ソフトを駆使してもどうにもならない写真が頻繁にあった。時間のロスを防ぐ為、リサイズ(縮小)などウエブ上で公開する上で最低限の作業だけで済ませておきたいのが理想なのだが、満足のいく加工をする為一つの写真に力を入れてしまう悪癖がどうもこのカメラによって日常作業上構築されたみたいだ。価格比較サイト『価格.com』で同様のコンデジのレビューでトイカメラ(おもちゃカメラ)などと辛辣に書き込みされているのを見るに付けどうにも我慢がならず遂に大枚払って(といっても最新のコンデジより遥かに安価)購入してしまった。富士フィルム製の光学10倍ズーム付きののネオ一眼(レンズ交換出来ない)と呼ばれる物で銀塩の一眼レフレンズに換算すると38mm〜380mmの高性能レンズ機能の売り文句に釣られて『これだ』と思い決定に踏み切った。使用感想は、簡単で物凄く扱いやすいカメラで暫くは手放せない逸品でありますです。特に高倍率ズームが気に入っております。

これが私が購入したFUJIFILM FinePix S5200 高性能で安価、デザインが渋い!



一眼レフっぽいデザインが男心をどうにもくすぐるし基本性能も十分。有効画素数500万画素と言えば最近のメーカー間による1000万画素戦争から 完全に逸脱した過去のモデルだがプリントアウトせずウエブ専門にしか使用しない私にとって1000万画素と言うのは果てしなく無用の長物なのだ(このカメラはプリントしても高画質)今では生産中止のモデルだがデジタルカメラと言ったら前述のカメラしか知らなかった私にとって大きな一歩である。購入の際一眼レフも視野にあったがレンズ交換の煩わしさや重量、携帯性、高価格、など私にとってネガティブな部分が大半を占める為泣く泣く候補から外した。どうせ一眼レフを買ったとしても38mm〜380mmズーム 位しか使わないと思うし。
加工と言う呪縛に苦しめられた以前のカメラは未練などないので 躊躇なく友人に無償でゆずった。
私の必携アイテムとなったこのカメラ、これからこのサイトで思う存分ええ仕事をこなしてもらいたいものだ。

ひらめき

大川周辺

加太への行き帰りの途中にある気になる釣り場でのスナップを紹介しましょう。実は恥ずかしながら、この中での私の完全釣行は冬場のカレイ狙いで訪れた大川漁港と住吉崎の間にある道路端の投げ釣りスポットのみ。しかも本命のカレイにはソッポを向かれ、15cmほどのカワハギが数匹と言う情けない貧果。しかしこのカワハギ、持ち帰って肝和えの刺身にしたらこれが絶品!夏場のこのスポットでの竿出しは記憶にないが、もしカワハギが釣れたらリリースせずに持ち帰ることをお勧めします。この次期投げ釣りをしていたのは一組のご夫婦と二人のキャスターのみ。やはり冬場と春先のカレイ場のようだ。
これがその道路端の釣り場。冬場のカレイやアイナメ狙いの投げ釣りでは人気があるスポット。車からすぐ竿を出せるのでお手軽。
takoyaki3.jpg

向こうに見えるのは大川漁港。
takoyaki5.jpg

手漕ぎゴムボートにも人気があるポイント。この日確認できたのは一艇のみ。根だらけの海底なのでボートで少し沖から狙うと色んな魚に出会えるらしい。
takoyaki6.jpg

ご夫婦キャスター。
takoyaki11.jpg

こちらは道路端から少し大阪寄りの有料駐車場完備の大川漁港。ファミリーにも人気があるようだ。サビキの人が多いがカゴ釣りのチヌもいいらしい。県道の橋の側道から入る。
takoyaki7.jpg

takoyaki8.jpg

takoyaki10.jpg

大川漁港の有料駐車場。
takoyaki9.jpg

こちらはもう少し大阪寄りの『たこ焼き屋下』と呼ばれる人気のミニボート出廷場。有料駐車場のすぐ下からボートが出せる。以前は投げ釣りでも有名だった所。
takoyaki1.jpg

たこ焼き屋下の有料駐車場※2009年現在閉鎖中
takoyaki2.jpg

住吉崎にある遊歩道。波止が見えますが、こちらでの釣行経験は御座いません。もうやだ〜(悲しい顔)
takoyaki13.jpg

なぜか人影がなかった。
takoyaki15.jpg

takoyaki14.jpg

加太方面へ車を走らせていると見えた建設途中の釣り公園とっとパーク小島の予定地。完成すればきっと大人気スポットになるに違いない。今秋開園予定。
takoyaki19.jpg

とっとパーク小島のアクセス道
takoyaki18.jpg

takoyaki17.jpg

ここが管理棟になる。
takoyaki16.jpg

大川周辺のアクセスはこちら

拡大地図を表示
posted by マッK at 21:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。