2007年09月25日

内浦湾 神野浦

jinnoura10.jpg

ジジジジジジジジャックバウアーが拉致された!ジ、ジャックバウアーが中国人に拉致されてしまった。どどどどどどどないしょう。狭くきったない部屋のまわりをきったないノミみたいな体系をした中年の私は醜くうろたえながら家庭内昆虫の如くガサガサガサガサ右往左往していた。世間より少し遅れ気味で見た『24』のシーズン5の最終章12巻目を見終わった所である。ンナせっしょうな。も、終る思うてたやん。ンナせっしょうな。も、レンタルショップいかんでええ思うてたやんか。まだ、つずける気ぃかえ。しゃぁない!助けに行かねば、チャリ漕いでジャックバウアーを助けに行かねば。チャリ漕いで中国人に拉致されてしまったジャッバウアーを助けに行かねば。レンタルショップに着いたはいいが『24』シーズン6はすべて貸し出し中。「フン!しばらくはこの状態が読くのさ。ツーんだ」と言わんばかりのレンタル屋の店員の冷徹なお態度。しかし内心なぜかホッとした自分がいた。『24』シーズン6はまだシーズン半ば。『24』は全12巻揃って落ち着いた次期をみはからってから見たほうが精神状態も落ち着くのだ。その方がいつ行っても借りられるから安心なのだ。が、やはり、消化不良がつきまとう。「そうだ、和歌山へ行こう!」(爆)「どうして唐突に和歌山なのかと言うと紀北はもとより中紀や南紀方面の記事が紀北の加太やイソコ(磯ノ浦)を除いて皆無なのだ。以前からその事について物凄く気にはしていたのだが経費節約の理由で高速道路の使用を避けている為、高速道路を使わないと交通アクセスが極端に不便(海側はある部分を除いて一本道に近い為、帰路は常に渋滞のイメージがある)な為、紀州方面は故意に避けていた。「そうだ、和歌山へ行こう!この精神的病理の巣窟である『24』の穴をうめるのは和歌山しかない」と言う事であくる日の連休を利用してなぜか和歌山ではなく志に相反して反対方向の日本海へ行ってしまった。朝起きたのが10時過ぎになっていた。この時間から日帰りで南紀から大阪方面へ降りていくのはつらいし物理的に不可能と判断。急遽行きなれた日本海ならばなんとかなると判断してしまったのだ。ゴメンチャイ!いつか行くから和歌山。
キスマーク

福井高浜内浦湾 神野浦

jinnoura3.jpg

日本海に低気圧が席卷していた。若狭和田周辺の釣り場へ行く予定だったのだが途中の高浜の若宮海岸や三松の状況を見るに付け断念せざるを得なかった。サーファーが沖にゲッディングアウトできないほどの波が間段なく打ち寄せていた。沖に面した釣り場の和田周辺の状況も容易に推測できた。湾内ならいけそうかも、と判断し内浦湾へ矛先を変えた。
途中、浜まで車の入れるキスの好場の難波江の浜もサーファーで溢れかえっていた。筏で有名な神野浦の波止は風が吹いてはいたがさすが湾内、釣りに支障をきたすような波は難波江向きの地磯以外皆無に近かった。しかし、なんとアオリイカ狙いの釣り人が多いことか。この神野浦を皮切りに湾を北上して内浦湾沿いの道を走りその道が途切れる上瀬までの神野浦を含め4箇所の釣り場の写真を撮ったのだがどこの釣り場もエギ、ヤエンとも釣種を問わずアオリ一色だった、やはり噂にたがわず日本海はアオリ天国だったのだ。そして宮尾を除きどの釣り場も駐車料金及び清掃協力金500円の料金が必要だった。


筏。神野浦はチヌ狙いの筏師に人気があるらしいが今回は波の影響なのか筏に乗っている人はいなかった。
jinnoura1.jpg

jinnoura12.jpg

釣り場である波止を望む。
jinnoura3.jpg

私は小さな漁港の風景や匂いが好きだ。ここも私の心をくすぐる匂い、風景がひっそりと佇んでいた。神野浦の釣り場もこじんまりとしている。
jinnoura9.jpg

jinnoura15.jpg

釣り場に近い波止周辺は駐車料金がいるのでご注意を。
jinnoura8.jpg

ファミリーのサビキ客もいるがお父さんはイカ狙いと言うパターンも見かける。先端へ行くほどアオリ狙いの人が目立つ。
jinnoura7.jpg

jinnoura11.jpg

jinnoura13.jpg

南方面の地磯を望む。写真ではわからないがうねりが結構あった。
jinnoura6.jpg

釣り場を望む。波は皆無。
jinnoura5.jpg

神野浦の町並み。釣り場へのアクセス道。
jinnoura4.jpg

漁港内の中波止。こちらもアオリ狙い。大人も子供もエギを投げる。
jinnoura14.jpg

アクセス


拡大地図を表示
posted by マッK at 18:23| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57042380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。