2007年09月30日

内浦湾・日引漁港

hibiki1.jpg
日本海の夜釣り、或いは通し釣りでいい思いをした事が無いと言う人が多い。そう言えば思い当たるふしは無いでもない。暗くなると極端に今まであったアタリがパタッと止まる釣り場というのは存在するのも事実で、私の知る限り紀北の磯ノ浦海水浴場の西波止がいい例だ。水深がないのに真昼間にメバルやガシラ投げのヒラメ、キスが竿を賑わしてくれるのだが、夜になるとパッタリと魚信が遠のく。地元の人が言っていたのを思い出した。以下地元のオイヤンと私の一問一答。オイヤン「やつらが来るさかいや」私「ううむやつらが来るからか」オイヤン「そうや、やつらが来るさかいや」私「そうか」オイヤン「そうや」私「やつらか」オイヤン「やつらや」私「ううむ」・・・。このやつらとは何なのかその時は興味がないので実態はうやむやになっていたのだがどうもアオリイカの事ではなかろうかと最近確信した。あの当時の磯ノ浦はアオリフィーバーの出始めでヤエン釣り師が波止のテトラに陣取る姿がパラパラ見受けられた。フィッシュイーターであるアオリが現れると当然餌食となるベイトは釣り場内をあっちこっち逃走し、やがては釣り場から消え去る。久しぶりに虫餌のメバル狙いで日引漁港のテトラ護岸で竿を出したのだがアオリの墨跡があっちこっちで確認出来た。これを見たアオリをしない私は少々不安になった。結果は的中でアオイソメが刺し始めの一匹を除いて、すべて消費される事は無く家に持ち帰る羽目になってしまった。きっと3キロも5キロあるでかいアオリがうろうろしていたに違いない。決して私の腕がどうのこうのと言う問題では・・・・・・・・・。うう。もうやだ〜(悲しい顔)ちなみにテトラ護岸で釣りをする前の明るいうちはアミエビで港内の魚をチェックしたが水深が一ヒロ(1.5m位)しかない。仕掛を放っておくとオモリやアミカゴが底の捨石でロストしてしまうのでご注意を。港内での釣果は水深が浅いにも関わらず、短時間で豆アジが50匹ほど。メバルなど生息していない模様(あくまで私の釣り座での話)。しかし車横付けで釣りができた。
キスマーク

日引漁港

hibiki7.jpg
以前訪れた時(ずいぶん前)より漁港がきれいに整備されていたのに驚いた。港内、釣り護岸とどこでも竿が出せる。以前は日本海の各魚港に共通するひなびた風情が気に入っていたのだが、これも大挙訪れる釣り人に配慮した結果なのだろう。アオリイカブームの影響も拭いきれない。清掃協力金500円必要。しかし、夜の6:00以降は料金徴収はないので夜釣りが狙い目か。
港内ならどこでも車横付けで竿が出せる。といってもサビキがメインになるが。アオリイカは外向きのほうがいい。
hibiki5.jpg

hibiki3.jpg

hibiki4.jpg

hibiki8.jpg

釣り護岸はさすがに人気で港内より釣り人は多い。
護岸近くまで車が入れる。
hibiki12.jpg

サビキも多いがアオリも多い。
hibiki10.jpg

この前はテトラだが車からすぐなので釣り場にありがちな車上狙いの心配は皆無。
hibiki13.jpg

テトラ護岸。やはりアオリイカ狙いの人が多い。墨跡もあちこち確認できた。夜よりも明るいうちの方がアオリのHIT率が高い。
hibiki14.jpg

この方達は撒き餌杓を持っているところを見るとフカセのチヌかグレ狙いか。
hibiki21.jpg

フカセのチヌ、グレ、ヤエンやエギのアオリと多彩?
hibiki16.jpg

堤が低い為テトラ帯だって止めた車の目前で竿が出せる。こんな釣り場は少ない。
hibiki17.jpg

釣り護岸。ファミリーならここの方が安全。
hibiki18.jpg

港内での釣り。
hibiki22.jpg

アクセス

地図内の青いイチジクカンチョウ(うふっ黒ハート)のアイコンをクリックすれば釣り場の詳細が表示され、お手手カーソルをダブルクリックすれば地図が拡大されたり詳細文が消えたりと、貴方の華麗なテクニックでこんな地図も若い女子ももうイチコロ。他愛の無い物でございます。チュッキスマーク

拡大地図を表示
posted by マッK at 15:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58025645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。