2007年10月13日

南港大橋下

この記事は2007年の記事です動画もある2008年更新記事はこちら

nankoubrige17.jpg

大阪市内近郊でベイエリアでのオカッパリシーバッシング経験のある方ならハシカ並みに訪れたことがあるかもしれない有名な釣り場が南港大橋下のフェリー乗り場東に位置する船着場周辺である。当然、私も何度も竿を出したことがあったが威張れるほどの大物を得たことがない。しかし仕事終わりの(勤務先が南港だった)夏の夕方、これより東隣のコンテナ波止ではピンク系の『スズキング』(懐かしいのう)と言うルアーで60Cm超のスズキを一本上げた事が過去あったが今回紹介している南港大橋下から多少ずれていた為、釣りメディアが発するほどの大物釣り場と言う概念は当時も今も私自身全く持てないでいる。釣れる釣れないをヤカラボクサーの亀田家の人々の如く運にブーたれるほど愚かではないが、ことシーバスに関して述べるならば釣れない人と釣れる人の評価が真っ二つに分かれる難しい釣り場である事は間違いない。木津川から急狭に変化した運河向きは当然おっそろしく潮が早い。浮き釣りやブッコミなどしょうものなら終始、物の数秒で仕掛が西に流され、きまって「ああ、今日もいい腕の運動になったなぁ」と言う聞きたくもないありふれたくだらないボーズの言い訳を呟く事になるのだ。一発大物場と言いたい所だが(実際そうかもしれないが)幸か不幸か日昼の釣り人の少なさがこの釣り場の実績を物語っては言いやしまいだろうか。夜はひっきりなしにルアーを持ったナイトガイが入れ替わり立ち代り入るが・・・。実績を高める方法はこの釣り場に関わらずどこでもそうだが足蹴く通う事につきるだろう。

一方、港内日昼のサビキなどの小物釣りに関してもそれほどいい釣果は期待出来ない。ポツリポツリ、イナ(ボラの幼魚)やママカリ(岡山ではいいオカズだそうな)などが釣れる程度。しかし肩が干渉する程釣り人が密集する他の釣り場に嫌気がさし、釣果度外視の釣り人の少ないこう言った環境でのんびり竿を出したい人にはいいかもしれない。


しかし南港は夕日がきれいだのう。


明るいうちから港内でルアーを引いていたアングラー。夕方近かったがシーバスは夜釣れるという概念は捨てた方がいい。実際私も明るい内からHITした経験が何度もある。
nankoubrige1.jpg

nankoubrige4.jpg

南港大橋。
nankoubrige2.jpg

船がシーバスのストラクチャー。少しの可能性も見逃さないのがHIT率を高める要因。
nankoubrige3.jpg

港内北側にある柵。隙間から入れる。
nankoubrige5.jpg

nankoubrige6.jpg

nankoubrige7.jpg

nankoubrige8.jpg

フェリー発着場近くの波止。のんびり竿が出せるが釣果は知れてる。
nankoubrige9.jpg

nankoubrige10.jpg

対岸の橋近くの船着き護岸。ビッグシーバスの実績場らしいが。
nankoubrige11.jpg

駐車は路上。
nankoubrige12.jpg

橋の真下。昔、この先のコンテナ波止で60UPが釣れた。
nankoubrige15.jpg

橋下の護岸入路。トラ柵の両横の隙間からアクセス可能。
nankoubrige13.jpg

巡視艇?通いなれた人には見慣れた風景。
nankoubrige14.jpg

のんびり竿が出せるのが魅力。
nankoubrige16.jpg

アクセス
ほ〜らな〜んにもこわくないよ〜。貴方はただ青〜いイチジクカンチョウをクリックするだけ。おててカーソルもダブルクリックしてごらん。
な〜んにも怖くなんかないのだよ〜。チュッキスマーク

拡大地図を表示
posted by マッK at 02:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。