2007年10月21日

尼崎のびのび公園

Ahonobono2.jpg

『尼崎のびのび公園』と言ってもピンとこない人も多いはず。実は私も知らなんだ。YahooやGoogleの地図にも載っていない。各検索サイトを『尼崎のびのび公園 釣り』と検索しても公園紹介記事は出ていてもこの公園での釣りとなると詳しくは出てこない。中島川右岸を散策していて、ついでだからとことん港まで見てやろうと思ってたどり着いたのがここだった。なんでも3年前には一般市民に開放されたらしいのだが過去この辺りをぶらついた事もないので、釣り人に知られているかどうかの判断もつかないまま写真を撮ったのだが、この公園を前からご存知な方は「何を今更紹介して」とお思いでしょうが知らないものは知らないのであるから仕方ないのである。ちょうど釣りベランダでサビキ釣りやサヨリ釣りをしている釣り人達に遭遇した。サビキではイワシが爆釣していた。きっと夕方になればハネなどの回遊が見られるだろう。太刀魚に関しては釣り人に聞いても「来るんとちゃう?」とあいまいなご返答。要するに未知数であります。しかしハネは間違いなくいるだろうからルアーや青イソメを持ち込んでみてはいかが?広大な埋め立て事業である尼崎フェニックスの一環だと思うがなかなかきれいな足場のいい公園(当たり前か)であります。
かわいい


3年前開放されていたのびのび公園。知らなんだ〜ああ知らなんだ〜
Ahonobono1.jpg

公園内から立ち入り禁止の貨物岸壁を望む。
Ahonobono3.jpg

足場良好のベランダ風釣り護岸。各地の釣りベランダ同様画一的なデザイン。少々飽和気味だが。
Ahonobono4.jpg

日曜日だが人が少なくいたって静かだった。このボール遊びの若者のほか後一組のグループがいた程度。
Ahonobono5.jpg

釣り客もまばら、結構キャパシティはある護岸だが夜はどうだろうか。
Ahonobono6.jpg

訪れたのが昼頃である為、サヨリやサビキが多かった。
Ahonobono7.jpg

Ahonobono8.jpg

イワシが連で来た為はしゃいでいた孫と老夫婦。
Ahonobono9.jpg

日がな一日のんびり出来るいい公園ではなかろうか。
Ahonobono10.jpg

Ahonobono11.jpg

この二人、仕掛がどうのお前の釣りはアカンと大きな声でもめていた。
Ahonobono12.jpg

北を望む。ハネ釣りで知られる丸島水門方面はパナソニックテクニカルセンターのもう少し北西にある。
Ahonobono13.jpg

釣り護岸から休憩場の東屋を望む。
Ahonobono14.jpg

トイレはこの無料駐車場にある。
Ahonobono16.jpg

アクセス
んもう〜まだクリックしてないの〜?あ・お・い・い・ち・じ・く・か・ん・ち・ょ・う。早く〜ん!
拡大地図を表示
posted by マッK at 23:39| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前にコメントをしました、ひろしです

いつも拝見し参考にさせて貰っています。
先日紹介していた中島のポイントでチヌを
釣り上げました。また良い結果が出れば
報告します。
Posted by ひろし at 2007年10月24日 00:56
ひろし様お久しぶりです。チヌを釣られた
中島のポイントとは神崎川先端の中島付近ということでしょうか。前打ちか落とし込みかルアーなんでしょうね。実は三日前の日曜日に中島川本流を紹介しょうと散策いたしました。そこで竿を振ったのですが、やはり、駄目でした。今、その記事を作成中ですので楽しみにして下さい。それでは有難う御座いました。
Posted by マッK at 2007年10月24日 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61763549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。