2007年11月23日

小島漁港

kojimaG3.jpg
とうとう釣り師にはつらい北西風の厳しい季節が到来した。
とりわけその難儀をもろに受ける関西の釣り場、特に泉南方面寄り南の加太にかけての各釣り場には風裏の釣り場というのは皆無に近い。
仕方なく風を遮れる防波堤を背に波止の内向きに竿を出す人も多いと思うがサビキメインのファミリーはともかく単独釣行の人は釣魚種の限界と人の多さに嫌気がさし、日頃鬱積したストレス解消の為の釣行が逆にストレスを背負い込んだまま帰宅の路につく人も多いはず。
小島漁港も例にもれず冬場にはつらいレイアウトを持つ釣り場だ。
風のない天気の良い日を選ぶか完全な防寒対策をして挑んだほうが良い。外向き北西は根魚豊富なテトラが積まれ、ベテランなどはそこからカゴ釣りで良型アジや紀州釣りなどでチヌなどを狙っている。アオリイカも濃い。内向きはやはりもっぱらサビキのアジ、イワシ目当てのファミリーが目立つ。駐車場から竿を出せる魅力はあるのでズボラ釣りが好きな人にはいい釣り場だろう。漁港南には有料の(小島漁港も釣りをする場合有料だが)釣堀桟橋がある。


キスマーク


kojimaG5.jpg

有料駐車場から竿を出す人。
kojimaG4.jpg

有料駐車場。
kojimaG9.jpg

駐車場にテント張っても怒られない珍しい釣り場。
kojimaG1.jpg

kojimaG17.jpg

kojimaG11.jpg

北西角のテトラのある護岸投げサビキやカゴ釣りの人が多かった。
kojimaG6.jpg

上記をズ〜ムアウトした画像。落っこちないように。
kojimaG7.jpg

UNKNOU。
kojimaG8.jpg

内向きと外向きの釣り場。先端付近の金網周辺は外向きでもテトラはない。
kojimaG10.jpg

テトラの切れる所。
kojimaG19.jpg

kojimaG13.jpg

内向きの向こう側に釣堀の桟橋が見える。
kojimaG14.jpg

kojimaG16.jpg

kojimaG18.jpg

ボートスロープ
kojimaG12.jpg

北西側のテトラ帯
kojimaG15.jpg

kojimaG20.jpg

kojimaG21.jpg

アクセス

拡大地図を表示
posted by マッK at 16:28| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。