2007年11月30日

舞洲常吉大橋下周辺 再更新【動画あり】

maisima6.jpg
前回から追加した動画コンテンツの導入理由は、単純なレイアウト、画像とそれに伴う記事だけのシンプルな構成に少々飽きてきてきた嫌いがある私がいたからである。で、何か無いかとウエブを物色していてめっけたのが動画サイトの【YouTube】だ。著作権や知的所有権など、数々のライセンスの絡む問題提起が山済みのサイトだが、私的には個人で無料利用できるありがたい動画サイトである。映画やTVとゲームからの映像の無断引用や卑猥なアダルト映像などがひしめき合う状況の中、デカイ魚が釣れたと言う興味を惹く映像もなく、ただただ釣り場の状況を延々と映像散策しているだけの一般人には理解しがたい特異な映像。オカルトとは異質な不気味さが際立っているのではなかろうか。パイプだらけの工場などの建物だけを撮ったグラフィックが出版され、バカ売れしている世の中だ、こんな人畜無害でくだらない映像もあっていいではないか。

ちゅっキスマーク


maisima1.jpg
「何したはるんですか?」傍らの釣り人からふいに声をかけられた。
私「しししし写真、ととととと撮っとるんですわ」
傍らの釣り人「何の写真撮っとるんですか?」
私「いや、あの、その・・ふふふふ風景の・・・」
傍らの釣り人「はあ・・・」
最近釣り場で声をかけられるのが多くなった。南港でも鳶職風の若者から「おっちゃん何撮っとんの?」と声をかけられたことがある。
そのつど「ふふふふ風景の・・・」などと申し訳なさそうな言い訳めいた返答をしているのだがそこから発展する釣りに関連する会話など皆無に等しい。釣り場で竿も持たず日本橋のオタク街もどきにデジカメ首にぶらさげて徘徊しまくる中年の容姿は彼ら釣り人にしてみれば常人ではないのだ、私は。むしろ、不気味きまわりない疎ましい存在になっているに違いない。今回の舞洲の釣り人達も例外ではなかった。
「目を合わすと死ぬ」とでも感じているのだろうか、全員私との間接的接触すらもこばんでいる様子だった。「私を感じているくせに、知らんぷりして、ふふふ、おまいはもう死んでいる」などとと勝手に妄想しながら醜い中年は撮影を読けたのだった。

現在相変わらずサビキでイワシが釣れていた。サイズも夏場と変わりはなかった。


サビキが多かった。
maisima2.jpg


ううむ。動画も似たような絵なのだが・・・
maisima3.jpg

まっ一応は釣り場の1スナップと言う事で・・・
maisima4.jpg

車のすぐそばから竿が出せるので手軽。ファミリーが多かった。
maisima5.jpg

この常吉大橋下を基点に釣り場は東西に広がる。
maisima7.jpg

休日は結構人気があるので混雑するが、どこかで竿が出せる。
maisima8.jpg

釣り場名はヘリポート周辺とも言われている。
maisima9.jpg

動画です。再生ボタンをクリックだけんのう。(ダブルクリックするとYouTubeへジャンプするので動画が重複する場合があります。その際いずれかのブラウザを一つ閉じて下さい)※動画を再生するにはAdobe Flash Playerのインストールが必要です。こちらから

この動画を携帯プレイヤーその他にダウンロードできます。こちら

アクセス

拡大地図を表示
posted by マッK at 21:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。