2007年12月26日

忠岡町大津川尻公園再更新【動画あり】

ootugawa-nagisa4.jpg
ガキデカと言う過去大ヒットしたギャグ漫画があった「死刑!」と言う言葉で一世を風靡した。子供のくせに大人以上に女体に執着心を持ち、残虐なほどにひねた性格の憎たらしい子供のおまわりさんが主人公なのであるが、ある話の中で上司(設定は忘れたが、たしかそうだったと思う)である教官があまりにも子供らしくない卑劣なその主人公の性格を叩きなおそうと剣道で特訓して竹刀でしごきまくるのだが普通なら根性を叩きのめされれば徐々に逞しい男に成長するのがあるべき理想の姿なのだが、いっこうに効果がないばかりか日増しに、しごけばしごくほどその卑屈でいじけた性格がひどくなり、その教官にすがりつき泣き出し、許しを請う始末で教官も精神的にも体力的にも疲弊しきってしまって、あきれてしごきを断念すると言う話だが、当時私はその漫画を見て素直に笑えなかった。なぜなら、「俺や、まちがいなくこのエセ警官の子供の主人公は俺にちがいない」とその主人公にいたく共感し、正義感溢れた教官をマジで怨めしく思っていたからである。当時お前の性格は屈折しているとよく友人達から揶揄されたものだ。その頃からすでに私は性格破綻の覚醒と言うのをはからずも自覚していたのだ。
これもご存知「巨人の星」と言う有名な根性漫画があった。夕飯時、何かある事にちゃぶ台をひっくり返す主人公である星飛雄馬の親父星一徹は私には「ちらかしたらかたずけよっ!!」と怒りの罵声をあびせるにふさわしい不快でうっとうしい対象でしかなかった。一徹が寝静まっている間にどこかの知らない不潔な親父の鼻くそのついた金属バットで口のあたりをボコボコにしてやろうと思った事さえある。
で、今の私は性格的にどうかと自問してみれば・・・・・あんまり、変わってないかぁ・・・・。


ええ年こいて変わってないのねんのね〜んグッド(上向き矢印)るんるん


ん、もお、ちゅっキスマーク


ootugawa-nagisa7.jpg
以前紹介済みの大津川尻(なぎさ公園と言うらしい)であるが、変貌いちじるしい各都市近郊の釣り場にあって、相変わらずさしたる変化はなく、今最も私のお気に入りの釣り場である。紀州釣りなどのチヌ釣りにはもってこいの広大な足場のよい環境であるし、沖の西向きの釣り場では投げ釣りでカレイやアイナメなどが釣れるそうだ。もちろん、サビキでのアジもいい。ただ、海への転落防止で設けられているガードレールまんまの安全設備は古くなって錆びてもろくなって危険な為努々体などをあずけないように。
ootugawa-nagisa6.jpg

この先西側の沖向きへは距離があるが潮通しがよい為釣り座にして損はないと思う。
ootugawa-nagisa1.jpg

一段下がった川尻への降り口はこのような階段が設置されているがほとんど扉が閉じられていたが開いている箇所もあった。
ootugawa-nagisa2.jpg

突き当たりの沖向き。アジが釣れていた。
ootugawa-nagisa3.jpg

投げでカレイも釣れる沖向き。釣り人もまばらだった。
ootugawa-nagisa5.jpg

ootugawa-nagisa7.jpg

沖向きの南側の突き当たり付近。沖向き一帯古いガードレールを設置してある。ご注意を。
ootugawa-nagisa8.jpg

動画です。再生ボタンを1クリックだけんのう。(ダブルクリックするとYouTubeへジャンプするので動画が重複する場合があります。その際いずれかのブラウザを一つ閉じて下さい)
※動画を再生するにはAdobe Flash Playerのインストールが必要です。こちらから

この動画を携帯プレイヤーその他にダウンロードできます。こちら

アクセス


拡大地図を表示
posted by マッK at 19:30| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74785035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。