2008年01月13日

和歌山・煙樹ヶ浜周辺【動画あり】

enjyugahama7.jpg

カツオがウジ虫みたいにうじゃうじゃ沸いているらしい。
事前に大分前から情報はキャッチしていたのだが中紀と聞いて二の足を踏みまくっていた。昔ならありあまる年齢的体力とあぶく銭はたいてどこでも高速乗りまくってすっ飛んで行ったものだが、堕落極まる退廃的都会の生活習慣の末の脆弱しきった今の私の体力と低賃金からくる困窮極まる生活では、いかに中紀といえど行くのに相当の決断を強いられるのだ。ガソリン値上げしとるし。しかし、煙樹ヶ浜は十数年前、毎週のように飽きるまでバッコバコ通ったものだ。行くたびに何らかの獲物をGETできた、私にとってハズレのない釣り場なのだ。特に日高川河口のテトラからの投げキッスなどは3月にも関わらず23Cm〜28Cmの良型がバンバン釣れまくったものだ。同じ日高川河口で安モンのチープスプーンでGTの幼魚メッキを始めて釣ったのもここだった。煙樹ヶ浜では夏の照りゴチ狙いでもいいサイズのマゴチを見たことがある。(私はボーズだったが赤の他人が釣ったのを見たことがあると言う事)また、夏のメタジグのヒラメ狙いでもいいサイズのヒラメを見たことがある。(私はボーズだったが赤の他人が釣ったのを見たことがあると言う事)
またまた同じ日高川河口で招待じゃねえや正体不明のバケモンに10分いや9分か8分、いや、5分位かもしれないが格闘の末見事5号の道糸ブチ切られた事もあった。後で判明したのだがエイがウジムシ(こればっかだってか!)見たいに沸いて昼夜問わず河口を遡上するらしい。もんのすご強烈だぞうエイの引きは。
なんやかやと昔の感情が走馬灯のように蘇って(とうと死ぬのかな)にっちもさっちもいかなくなってとうとう行ってきてしまった。煙樹ヶ浜へ。馬鹿が。一人寂しく。4時間もかかって。果てしなくガソリン値上げしまくっとるのに。高速乗らずに。


とりあえず、チュッキスマーク


enjyugahama1.jpg

都会の波止釣りしか経験した事のない人にとってここの浜での釣りスタイルは奇異に映るかもしれない。浜と平行に釣り人が行儀よく整然と並ぶ姿は壮快でもある。煙樹ヶ浜周辺には波止と呼べる物は東側の日高川近辺に漁港が存在するのだが(現在新設中)テトラが大きく危険で釣りに適していない為必然的にこの浜からの釣りになる。
今のシーズンはカツオ狙いのカゴ釣りで埋め尽くされるが、アオリイカもエギやヤエンでこの浜から狙えるのだ。投げ釣りではマゴチなどの大物ポイントとして昔から知られている。
前述の日高川では御坊側の導流堤含めチヌ狙いと見られるフカセ師が数人いた。西側には潮吹き岩などの地磯などがあってグレやチヌ、ルアーではサラシを狙ってヒラスズキなどが狙える。
魚種豊富な為、各釣り場は休日はどこも一杯になる程人気の釣り場である。


浜は丸石や小砂利。遠くから見ると投げ釣り師と見間違うが、すべて、カツオ狙いのカゴ釣り師が浜を埋め尽くしていた。
enjyugahama3.jpg

enjyugahama5.jpg

この人は午後からの竿出しで潮が干潮の為釣れないと言っていた。
enjyugahama6.jpg

enjyugahama4.jpg

こちらは西側のシモリが点在する付近。磯魚が釣れる可能性がある。
enjyugahama8.jpg

浜へも4WD車なら乗り入れ可能だが、浜後方や道路側に駐車できる。
enjyugahama9.jpg

日高川河口付近。この辺りは造成ですっかり10年前と様相が変わってしまっていた。でもキスがよく釣れる。
enjyugahama11.jpg

河口側と防波堤側のテトラに挟まれた何の変哲もない入り江だが過去知人が70cmのシーバスをGETしたあなどれないスポット。
enjyugahama12.jpg

このテトラ最先端でヒラメが釣れる。
enjyugahama13.jpg

向こう側は対岸の導流堤。
enjyugahama15.jpg

煙樹ヶ浜西に位置する地磯群。フカセやカゴ釣りでグレが狙える。
enjyugahama16.jpg

enjyugahama17.jpg

動画です。再生ボタンをクリックだけんのう。(ダブルクリックするとYouTubeへジャンプするので動画が重複する場合があります。その際いずれかのブラウザを一つ閉じて下さい)※動画を再生するにはAdobe Flash Playerのインストールが必要です。こちらから

この動画を携帯プレイヤーその他にダウンロードできます。こちら

アクセス

久しぶりね坊や。イチジクカンチョウまだクリックしてないの?
だめね〜ん、ほら、こ〜んなになっちゃって。うふふ、もう、大人。はやく〜ン。クリックはやく〜ン、あっあっ。
キスマーク

大きな地図で見る
posted by マッK at 00:29| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 毎回更新楽しみにしています。情報ありがとうございます。感謝!感謝!
 煙樹ヶ浜周辺記事カツオを浜から釣るとはびっくり、所変われば浜からでもカツオがつれるんですね。
 近ければ生きたいのですが大阪の北在住の私は今日は西舞鶴でアジ釣り。まだ雪が残っており寒かったですわ。結果は15cmぐらいのが50ほどでした。
 次回の更新楽しみにしてます。
Posted by たこ たらこ at 2008年01月19日 22:27
たこ、たらこさんコメント有難う御座います。カゴ釣りの釣方形態ならば本来、波止、磯からだと言う先入観がありますが、大阪近郊ならば現在車での進入制限で釣行が難しい大川峠のゴロタ浜もチヌをメインターゲットに昔から盛んに行われております。でも、馴染みのない人にはやはり奇異に映るのでしょうね。西舞鶴のアジですか。私の思い描く釣り場と同じかどうか知れませんが、道路端から釣れる舞鶴湾のアジも魅力がありますね。私も何度も釣行しましたが今時、凍結などのネガな部分がありますので敬遠しとりますです。貴重な冬釣行の情報有難うございました。
更新を期待されるとすごくうれしいですが、低スペックのPCでのもろもろの編集作業(ビデオ変換など)がおっそろしく厄介で最近遅れがちになっとりますけんご迷惑おかけしております、ごめんなさい。また、機会があれば遊びに来て気軽にコメント頂ければうれしいです、それでは、釣行の際の事故のないよう祈っております。
Posted by マッK at 2008年01月20日 01:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。