2008年03月11日

貝塚周辺 2008 PartU【動画あり】

ZauberXS2.jpg
今回から、さらに更新遅れの恐れはありますが、よせばいいのに「所持品検査」と称して管理人所有の古いが現役の愛テムの評価、紹介コラムを追加しました。フッター(最後尾)に掲載しております、更新のたび断片的に卑屈かつコソクに小出ししていきますゆえ宜しくお願いいたします。
写真は「リョービ・ザウバーXS1500−LBG/C」

マシュマロマン

浪速区大国町の牛めしの「松屋」で牛めし(松屋では牛丼を牛めしと呼ぶ)並盛り350円の食券を買い、トッピングで生卵50円を注文した。安い、早い、うまい、は吉野家だけではない。安い、早い、うまい、は「すき家」もそうだし、この「松屋」だって負けてはいないのだ。さらにトドメを刺すなら安い、早い、うまいの牛丼のランキング付けでは私の中では松屋がこの一年間の間で一番をキープしつづけている。理由は味噌汁が来店客がどうあがこうと無料で有無を言わさず付いてくるのだ、しかしカレーライスにもついて来るのは食い合わせ的にやりすぎの感あってどうかと思うが・・・。インスタント然とした吉野家の味噌汁と違って「松屋」の来店客がどうあがこうと無料で有無を言わさず付いてくる味噌汁はほんのり家庭の深い味がして、んまい。牛めしもそうだがカルビ定食などの味付けが私好みで最近の私の昼飯の定石となっている。そう言えば吉野家の牛丼は並盛りで380円だったはずだ(最近行っていないのでわからない)生卵を注文すると計430円になってしまう。牛肉はUSA産と謳ってはいるが、企業努力によってオージー産だって結構おいしく出来ると言う見本を松屋やすき家は示している。吉野家よ、社長がテレビ大阪の「カンブリアン宮殿」などで味がどうのこうのとウンチクたれて「本家はわしとこ」などの老舗のあぐらかきをぶっこきまくっているとまた、痛い目に合うぞ〜っ。
早速、牛めしをかきこもうとしたら背後のウインドウ越し(つまり外)で「ガシャン」と大きな音がした。振り返るとケツから自転車が生えている(普通に乗っているのだが、そのように見えた)恐ろしく太った映画「ゴーストバスター」に出てくるマシュマロマンみたいな男が自転車に乗ったままガタイのわりに乳児並に小さく見える足で他の駐輪してある自転車をなぎ倒しまくっていた。「乱暴な!」自分の駐輪スペースを確保しての行動とは言え物騒極まりないが、不思議と自然体に見えたのはその男の表情の所在欠如からくるポーカーフェイスのせいだ(目が細いので見極めきれない)と理解した。安田大サーカスのヒロくんみたいな顔と言ったらわかりやすいだろうか。このような無神経で暴力的な行為はきっと彼にとって飯、トイレ、寝る、オナニー、の延長線にあって至極当然の日常となっているのだろう。店内の客もそのマシュマロマンの行動を肉片噛むのを忘れて目を点にして見据えていた。
不吉な予感がした。わなわなと限りなく不吉な予感がした。この男は私が意図しょうとしまいと絶対私の弱小心臓の中にドスドスとウンコまじりの土足でこじ開けて「ンチャースッ」と入ってくるに違いない。わかるのだ私には、昆虫なみの肝っ玉とラッキョ見たいなチンコと性根しか持ち合わせていない腹の底からどす黒く、毛穴と言う毛穴からこれでもかと親のカタキ見たいに年がら年中悪臭極まりない腐敗ガス放ちまくっている半ば棺おけに片足突っ込んでいる小動物の私には。
自慢じゃないが小動物ならではの警戒心が長きに渡る成長過程において自然に芽生え、出刃包丁のように研ぎ澄まされて今日に至り備わっているのだ私には。だから危機意識と言うのが人並み以上に優れているのだ。早い話が「情けない位のびびり」なだけだが。
「こやつ、店に入ってくる」と思ったらやっぱり入ってきた。と同時に隣にいた客が汗をかきかき食事のピッチを急に早め、カルビ定食をあっと言う間に平らげて逃げるようにぴゅーっと店から出て行った。「はやっ!!高橋尚子よりはやっ!!」「知り合いの死に掛けのオジイのセックスよりはやっ!!」「しょせん奴も小動物だったのか、ふんっわしを差し置いて逃げるとは(全くの赤の他人だが)下等動物めが!」無用な降りかかるトラブルは避けたいと思うのは誰しも同じで数人の客がいつの間にか忽然と店から姿を消していた。「そか、全員下等動物だったのか、そか」
私の牛めしと味噌汁は半分もかたずいていない。不吉な予感が確信になりつつあった。

この話、長くなるので勝手ながら次回につづく。

長くなるので勝手ながら次回につづくのは生意気ですか?キスマーク



貝塚大波止周辺のテトラ帯〜水路(運河)

公園横にあるテトラへのアクセス道。去年から工事中。
tetora15.jpg

去年訪れた時は天候に恵まれなかったが、日頃の行いが災いしてか、今回も去年にも増して横殴りの風雨で最悪の天気であった。平日でもあった為、釣り師の姿もこの大波止周辺のテトラ帯では皆無であった。
特記する事もないが唯一の変化は大波止横の波止が完成したことぐらいか。足場がよい為ファミリーのサビキによいだろうが車での進入は現時点では工事関係車以外不可である


公園からもアクセス可能
tetora16.jpg

tetora14.jpg

南を望む。
tetora13.jpg

北を望む。説明が単調すぎますか?しかしこれ以上説明しようがないのです。
tetora12.jpg

新しく整備された波止への入り口だがまだ整備中で車での進入はX。
tetora11.jpg

大波止近辺。テトラではグレ、チヌ、メバル、ガシラなどが釣れる。
tetora10.jpg

tetora7.jpg

立ち入り禁止の大波止を望む。
tetora9.jpg

完成された新しい波止。コンクリート道路が初初しい。いずれ車も入れるかもしれない。
tetora8.jpg

tetora2.jpg

大波止。過去転落事故死があって完全に閉じられてから久しい。
tetora4.jpg

tetora1.jpg

新貝塚埠頭(新港波止)と呼ばれている運河向きの東に面した波止。
sinkouhigasi1.jpg

風裏になるのか、ここでは常連の釣り師が数人竿を出していた。
sinkouhigasi2.jpg

sinkouhigasi3.jpg

sinkouhigasi4.jpg

sinkouhigasi5.jpg

ハネ、カレイなどでお馴染みの水路ポイント。
suiro7.jpg

suiro6.jpg

やはり、特筆すべきことは何もない。遊歩道なので足場がいいことは確か。
suiro4.jpg

路上駐車だが遊歩道から近い為、安心。夏場は停めるところがないほど
人気がある釣り場。
suiro3.jpg

suiro2.jpg

貝塚人工島大波止〜水路の動画。再生ボタンをクリック。
※動画を再生するにはAdobe Flash Playerのインストールが必要です。こちらから

この動画を携帯プレイヤーその他にダウンロードできます。こちら

セッ
アクセス
前回からの読き
オネエタマ「管理人のバカ、更新に苦労しているみたいよ」
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「あ、甘い液体、糖尿」
オネエタマ「性懲りもなくコラム記事追加したんだって!ますます、更新遅れると言うのに全く学習能力ゼロのほんとバカタリな管理人!」
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「あ、甘い液体、糖尿」
オネエタマ「あんた、なにうなされてるの」
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「甘い液体、糖尿」
オネエタマ「あんた前回からそればっかりじゃないの!」
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「け、健康診断・・・」
オネエタマ「うなされるぐらいやったら、はよ病院行きさらせ!」
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「糖尿・健康診断・・・」

「明らかに釣り場へのアクセス紹介の範疇を超えていると今さらながら気づき、「こやつら今後どう料理しょう」と悩む管理人であった。

大きな地図で見る

眼鏡所持品検査

【リョービ・ザウバーXS1500−LBG/C】


ZauberXS3.jpg
リョービと聞いてもピンとこない若い人は多いだろう。
かつてはシマノ、ダイワ、などと並び証されるほど有名な釣具の大手メーカーであったと同時に電動工具などのパワーツールでもその名を馳せていた。しかし、釣り事業に関してシマノ、ダイワなどの圧倒的な商品力やブランド力に適わず徐々に資本主義の競争原理からの離脱を余儀なくされ、リョービグループ内のアキレス腱となり、不採算事業清算と言う最悪な結果と相成った。2000年遂にリョービグループは上州屋に釣り事業部をリョービブランドごと売却してしまった。上州屋に移管される前はリョービの釣具はどこの釣り道具屋でも見られたがしばらくして上州屋以外その姿を見ることはなくなった。
私の所有するこの「ザウバーXS1500−LBG/C」は事業売却前の物で池田のフィッシング・エイトでバーゲンで買った。
当時の私はシーバスフィッシングから徐々に餌釣りに興味を持ち始め、磯釣り師の持つレバーブレーキに羨望の眼差しを投げかけていた。
京都にある野原の磯に渡礁する機会に恵まれ、これを機に磯専用のリールを探し始めた。しかし、シマノのBBXシリーズやダイワのトーナメントISOLBやエンブレムISOLBなどのレバーブレーキ付きリールは資金面で躊躇し、安くて性能のいいブツを探し廻ってコストパフォーマンスに優れたこの機種にやっとたどり着いた。
最近ブレーキレバーに不具合が生じ可動しなくなったがグリスを差すと以前並に動くようになった。一発ON/OFF機構のカチッカチッと言う指に伝わる軽快な操作音が実に心地よく、必要なくてもビニール製の梱包材のプチプチ感覚で常にカチカチしていた。これはシマノやダイワにはない手ごたえだと思う。磯竿には必ずこのリールを取り付ける、今でも立派な私の現役のモデルだ。
上級のVS、中級のXS、普及のSSと3種類ある内の私の所有する中級クラスのXSがこれだ。
ZauberXS1.jpg
値段も手頃で糸巻き数の異なるチヌ用Cとグレ用のGのスペアスプールがいずれのタイプにも付いている。今でも上州屋で販売されているのかどうかは知れないがYahooオークション以外ネットで購入は不可能なようで、ほしい人は直接上州屋に出向き確認したほうがいいだろう。しかし上州屋も折角、歴史あるブランドを手に入れたのだからもっと他店での壁を乗り越え、販促に力を入れたらどうかと常に思っているが、リョービはどうやらどうやら譲渡先を誤ってしまったのだろうか。
2000年のサイトだが詳細が出ている。こちら



posted by マッK at 18:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。