2008年04月01日

みさき公園裏2008年【動画あり】

misakiP19.jpg

マシュマロマン ラスト

前回からの読き
マシュマロマンがトイレに入ったのを確認し、私は店員に見えないように身をカウンター下に隠した。そして、やにわに鼻に人差し指をつっこんで鼻の中をこねくり廻し始めた。20歳以来封印していた秘技を中年後期になって、しかもこんな所で使う羽目になろうとは思いもしなかった。計画は鼻の中に詰まったありったけの鼻くそを奴の丼の中に入れるのではない。そんな事をしてしまうと隣に座っている私の仕業だと瞬時に見破られて牛飯を丼ごと顔にぶつけられて大勢の人に見られて「さらしもん」のレッテルを貼られかねない。私の所業と見破られないように奴の服にそれとなく付着してやるのだ。そして家に帰って奴が服に付着した私の鼻くそを見つけて驚く様を想像して布団の中で一人悦に入るのだ。高等かつ理知的で姑息でありつつも卑屈で非力な私らしいタクティクスではないか。
奴の席のカウンターのヘリに鼻くそをくっつけてさえしまえば100%このミッションは成功する。太った奴がカウンターに座ったらそれだけで服に鼻くそが自然にこびりつくと言う武器を使わずして勝利を得ると言う自然と環境に優しいリベンジ方だ。「環境汚染が叫ばれている世の中にあってエコに徹した戦法やね、天才やね、わしは」などと思いながら鼻くそをほじくりまわしていると鼻内部奥に一塊のくそらしき固体を指先が感じた。「これだね、これがほしかったもんね」一塊を剥がすようにこねくり回しゆっくり剥がすと生暖かい液状の温もりが指にまとわりつくのを感じた。「!!」さらに「!!」さらにさらに「!!」しまったと思った。「ブロークンアロー、ブロークンアロー、非常事態であります、中尉これは鼻くそではありません!!」ともう一人の私が敬礼しながら言った。「鼻くそではないなら一体何なんだ軍曹!」「デンボかカサブタのようであります、中尉どの!!それに私は軍曹ではなく一兵卒にすぎません」「!!」さらに「!!」もひとつおまけに「!!」「ツー」と指から血が下に伝わる感触を感じた「パンドラの箱を開けてしまったのねボクチン」一塊のくそらしき固体は開けてはならない扉だったのですね、と思いつつカウンターに据えつけてある紙ナプキンをカウンター下に顔を隠しながら手探りでひったくるように取り、一瞬のうちに捻じり右鼻に突っ込んだ。顔を下に向けると血が滴り落ちてきそうなので常に顔を上に向けていなければならない「ああ、あなぐそだんがぼじくだだげでばよがだ」鼻がナプキンで詰まってるのでこうなりました。以下訳(ああ・・鼻くそなんかほじくらなければよかった)鼻に詰めたナプキンの先が扇状に口びるのあたりまで広がりヒラヒラしていた。かゆい、上唇が扇状に広がったナプキンに干渉して事の他かゆい。それにこの体制では残りの牛めしが食えないではないか。奥にいた一人の客が鼻から扇状に広がったナプキンぶらせげている私に気ずいて一瞬驚いて向こうに顔を向けて肩をふるわせていた。「わだでいいどで」(笑っているのね)そう感じて「だだじぼんでぃだっでりるどで」(さらしもんになっているのね私)そうこうしている間に奴が帰ってきた。マシュマロマンは椅子にケツをインサートするように座ろうとして私を一瞥し、一瞬びくっとし、「渡辺美智雄!!渡辺美智雄!!」と思いっ切り咳き込んだ。「ばだぐめじどバーズがどどがらあばれだいどで」(まだ牛めしのパーツが喉から離れないのね)と鼻から扇状ナプキンぶらさげながら私は思った。マシュマロマンが「渡辺美智雄!!渡辺美智雄!!」鼻から扇状ナプキンぶらさげて顔を上向きにしているいる無言の私。マシュマロマンが「渡辺美智雄!!渡辺美智雄!!」鼻から扇状ナプキンぶらさげて顔を上向きにしている無言の私。「だー、あながいぼじわるい、うばぐじびどぅぼかどぅいじ」(ああ、鼻が気持ち悪い、上唇もかゆいし)鼻から扇状ナプキンぶらさげて顔を上向きにしている私はそう思った。「ぐーべじ、ぐいだい」(牛めし、食いたい)。


喜んで下さい三回も引っ張った記事、もう終わりましたよ、ああかゆい。チュッキスマーク

岬公園裏

misakiP21.jpg
深日漁港へガシラ狙いで竿を出そうと家を出たのだが岬公園の最近の状況がどうなっているのか気になり、道中通りがてら寄り道をくわだてた。やはり、公園裏自体の釣り場の大きな変貌は無かった。特筆すべき事もないのだが、今の時期狙い物を何にしぼるかで釣り人も手探り状態であるらしく芳しい釣果も見られなかった(ド干潮で水深がなかったせいもあるのだが)。南の深日漁港の新波止の延伸工事もまだ読いているらしくこちらの方も去年訪問した時とあまり変わらなかったが、海岸からのアクセスが容易な為釣り人の姿も去年より多く見られた。足場がいい為これから暖かい時期が近くなるにつれ、もっとたくさんの釣り人が訪れるだろうと容易に予測できた。そして、何をとち狂ったか欲が出たのか、あまりにも天気がいいのでここをメインに竿を出す事に変更してしまった。しかし、ド干潮の真っ只中、釣りづらい事釣りづらい事。波止のヘチや前方へグラブをぶちこんでも全く反応がなかった。
公園裏側の波止の付け根のテトラが積んであるあたりで穴釣りで釣果を出しているヤングガイを見つけたのだがキャパ的に多人数が入れる余裕がないので遠めに眺めるだけに留まった。


唯一魚が釣れていた深日漁港新波止付け根のテトラ。工事の波除対策のテトラの仮置き場みたいだが・・・
misakiP23.jpg

この後当初の予定通り、夜釣り目当てで深日港へ足を向けたのだが昔から根魚用に使っているオリムピックのトラウト専用の竿で深日漁港のテトラを攻めるのは7Fの長さでは長すぎた。それで根魚権三と言うメバル専用の竿をネットで購入した。これからこの竿を車に常備して手軽に根魚いじめを逐行してやろうと思っとります。待ってろよ根魚ども!!

安心したまえ、な〜んにも変わっとらんから。
misakiP17.jpg

な〜んにも変わっとらんから安心したまえ。
misakiP14.jpg

投げでカレイが期待できそうだが、しかし、な〜んにも変わっとらん
misakiP13.jpg

・・・・・・・・。
misakiP22.jpg

ド干潮。根魚も難しい。
misakiP16.jpg

な〜んにも変わっとらんから以前と同じような絵になってしまう。
misakiP12.jpg

べんじょの位置もな〜んにも変わっとらん。
misakiP11.jpg

またべんじょ。
misakiP20.jpg

またべんじょ。コメントに困るぐらい平和だのう日本は。
misakiP10.jpg

飽きてきたか。そかそか。
misakiP9.jpg

大物ポイントの長崎の鼻付近だと思う。違ってもコメントしないように。何せこう見えても忙しい身なのだよ。
misakiP8.jpg

眠たくなってきたか、そかそか。退屈か、そかそか。
misakiP7.jpg

ド干潮。こりゃ釣りにならんわの。そ言えば投げ釣り師見んかったの。
misakiP6.jpg

おんなじような写真貼るなってか、そかそか。
misakiP5.jpg

これならどだ、人間入れてみたぞ、チャリ乗っとるぞ、それでもやっぱ退屈か。
misakiP4.jpg

しまいにゃ怒るぞてか。そかそか。
misakiP2.jpg

おこんなよ。
misakiP1.jpg

みさき公園裏の動画。再生ボタンをクリック。
※動画を再生するにはAdobe Flash Playerのインストールが必要です。こちらから

この動画を携帯プレイヤーその他にダウンロードできます。
こちら

セッアクセス

前回からの読き
普段から手がバイブレーター見たいに大きく震えているアル中の医者
「ぶちゅ!!」
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「いたた!!み、眉間、そこは眉間」
オネエタマ「はははははははは」
普段から手がバイブレーター見たいに大きく震えているアル中の医者
「ぶちゅ!!」
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「いたた!今度は心臓!いったい何回間違えるんですか!」
普段から手がバイブレーター見たいに大きく震えているアル中の医者「こここここわくないよ〜ぼぼぼぼぼぼぼ坊や」
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「こわいわ!注射打つとこ皆、死に直結しとるがな!」
普段から手がバイブレーター見たいに大きく震えているアル中でエロ中の医者「きききき気のせせせせせいだよ、こここここわくないよ〜坊や」ぶちゅっ!!
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「そこは家の壁や家に注射打ってどがいすんじゃい!!」
オネエタマ「ほほほほほほ面白い医者」
坊やと呼ばれる推定52歳のエロ親父「も〜笑い事じゃないですよオネタマァ、わははははは」
オネエタマ「ほほほほほほ」
普段から手がバイブレーター見たいに大きく震えているアル中でエロ中の医者「ききききききききききき気にすすすすすすすするなってわははははははははははははははははは」

管理人「はは・・・」

大きな地図で見る

眼鏡所持品検査

【プロッックス 三代目根魚権三6.6MF】

Gon6.jpg
最近メバルなど根魚をむしょうに釣りたくなり、近所の釣具屋で安くて新しい根魚専用のロッドを探していたんだがこれといったのが中々見つからない。ネットで検索して見るとこれまた沢山ヒットしすぎて目移りして対象が定まらず、困惑していたら「アングラーズサライ」と言うショップに行き着いた。失礼な言い方だが商品点数が他の大手ショップより少ないのでお目当ての竿がすぐ見つかった。「三代目根魚権三」と言ういかつい商品名が気に入ってすぐ注文した。と言うことで買ったばかりで実際のアクションなどわかりまへんので外観だけで判断しまっしゅ!

Gon5.jpg
入金してあくる日に商品が到着したのにはびくつりした。次回紹介するアブのリールはナチュラムで購入したのだがこれも即配で入金後すぐに自宅に届いた。車であるかないかわからない商品を探し回るよりネットで検索して見つけるほうが最もロスがなく効率がいいという事に気ずき今更ながら感心してしまった。梱包解いて細部まで舐めるようにアラ探ししたんだが、まず価格以上の質感であると納得した。パイプシートの金属部分がゴールドメッキできらきらしてビンボ心をくすぐられた。ビンボ人ほどゴージャス感にこだわるのだ。裏を返せばヤスモンほどゴージャスに見せたがると言うことに気が付いていないと言う悲しい現実があるが。

私みたいなビンボ人が泣いて喜ぶプレミアム色のゴールド部分。
Gon7.jpg
細部にわたるカーボンなどの結合部分も値段のわりに満足できる出来である。何かと悪い噂の中国製なのだが管理さえしっかりしていれば日本製に劣らない製品だって出来るのだ。別に竿を飯のおかずにして食うわけではないので私は気にしてはいない。送料別で6500円。日本で作るととてもじゃないがこんな値段では済まないであろう。今後、インプレ兼ねて実釣したいと思う、といいたいがここ数年まともな魚を釣ったためしがないので偉そうなことは言えないが。兎に角今後気合を入れると言う事で勘弁願いたい。

これとコンビで使うリールも同じ日に違うネットショップで購入した。
Gon3.jpg

ケツ部分。
Gon1.jpg

ミディアムファーストで食い込みよさそー。久しぶりに釣行が楽しみになってきた。何年ぶりだろうこの感覚。
Gon2.jpg
アングラーズサライ


posted by マッK at 00:35| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マシュマロマン  非常に面白かったです。

ついつい 読みふけってしまいました。
Posted by 花道 at 2010年12月12日 19:44
花道さん、当方記事は成人男性対象に書いており、ところどころ隠語などを乱発記述しておりますゆえ、婦女子には少々抵抗感のある内容となっているのですが、この記事はまぁまともではないかと・・・・・。
色々過去記事など重箱の隅をつつく感じでクリックしていただくと吐き気をもようす記事も雨後のミミズのように出てくるので自己責任と言ふことで^^)
まぁ、それも開けてはならないパンドラの箱を開けると言ふわくわくすると言ふ高揚感にも浸れると言ふ事でもあるわけですが。

特にこれなんか絶対開けて読んではならぬ。
      ↓
http://maddyworter.seesaa.net/article/113566969.html
Posted by マッK at 2010年12月12日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91628855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。