2008年04月21日

泉佐野・佐野漁港2008【動画あり】

sanogiyokouB18.jpg

漁港風景。
sanogiyokouB30.jpg

前回からのつづき
「ビシュッ」「帰れ!]佐野漁港はすっかり日は落ち、魚の時合の雰囲気満々。一投目から釣れると思わないが気合が入りすぎたせいかキャスティングに力が入りすぎているのがわかった。わかっていながら二投目も力を入れてしまった。「ビシュッ」「帰れ!]というのは前回で解説したとおりキャスティング音が「ビシュッ」でありリグの着水音が「帰れ」である。つまり、「お前みたいな醜いビンボ人になんか釣らせない」と釣り場が言っているのだ。愛がないな、この佐野漁港に限らず私の行くすべての釣り場が同様の語句で私を拒絶しているようだ。私に対しての愛が感じられないのだ。何をケツの青いことを、とお思いだろうがこの数年間の私の貧果がそう思わせているのだ。腕に自信がなくなったのもすべて愛がなくなったせいだ。何をケツの青いことをと思わば思え、何かのせいにしなければ報われないのだ私は。
今回のメバル用に新調したタックル。三代目根魚権三とアブカーディナル
sanogiyokouB11.jpg

「ビシュッ」「帰れ!]港内外向きのテトラの上にいる私は性懲りもなく報われることのない空しいキャストを繰り返していた。愛と言えば3年前の西宮ケーソンでの出来事を思い出した。冬の寒厳気にも関わらず大勢のエビ巻き師達で賑わっていた。その中に愛のないヤングが約一名。ぽんぽん釣り上げたハネを次々に堤上に上げてはおもいっきり足蹴にしてリリースしておじゃった。周りの釣り人達も困惑気味でその光景を眺めていた。逆切れされてトラブリたくなかったのだろう、誰も注意しょうとはしない。釣り上げた魚の依存は釣り上げた者にあるが、あまりにも命をゾンザイに扱いすぎる。愛がないのだ、私のいた西宮ケーソンには。愛がないのだ、魚を釣り上げた者も傍観者も。何をケツの青いことをと思わば思え。愛は必要なのだ、少なくとも私の周囲半径約5メートル以内は、いや、6メートル以内は。そうでないと報われないではないか私は。

sanogiyokouB5.jpg

「ビシュッ」「帰れ!]ううむ、しかし釣れない。移動、と言ってもテトラ一つだが。「ビシュッ」「ボワ」「帰れ!]ん?リグの着水が早すぎるし、「ボワ」と言う語句が一つ加わっとる。ん?ボワ?暗いのでヘッドライトを点け、ロッドを先から付け根まで舐めるように見つめた・・・・・・「!!」ラインが三番ガイドあたりで複雑な玉状になってからんでおる。いわゆる、ばばばばばばばばばつくらつしゅしてやんの!!さらにリールのベール付近でこれまた数本糸が複雑にダランと垂れ下がって見るも無残なあられなお姿に。「ご無体な!テトラ上ですぞ、しかも暗闇ですぞ、!!」HIT!いやSHIT!この佐野漁港で明るいうちに新品のアブに新品の1号の風呂路ラインを巻いたのだが、どうやら巻きすぎたようだ。アブのリールのハンドルのスムーズさと巻き心地の良さでキャパ100メートルのところ、調子こいて123.5メートルぐらい巻いたに違いない。トウシロもいいとこ。当然こうなると釣りどころではない。い、家へ帰って糸直さねば。と、普段の私ならここで逃げるように帰るところだが、どうしても新品の竿とリールでメバルを釣りたかった。この暗闇とテトラでは仕掛け作りやライン補正は二次トラブルになりかねない。一旦堤上にあがって仕切り直し、で、堤上から漁港内に目をやった。常夜灯がええ雰囲気やないの。いかにもと言う感じやないの。狙いを漁港内にしぼり、はやる心を抑えリグを結び直し早速ふるきゃすと!「ビシュッ」「ボワ」「帰れ!」「!!」・・・・・(・・;)バ、バカタリの夜はこうして更けていった。


つくづく釣りにむいてないのぉ ちゅっ!キスマーク


sanogiyokouB2.jpg

対岸も佐野漁港(北側)の先端付近の白灯。ここも釣り人で賑わう。
sanogiyokouB32.jpg

今回紹介している漁港内の灯台。ミオ筋を狙えばいいかも。
sanogiyokouB31.jpg

上記の灯台を遠目から眺める。
sanogiyokouB27.jpg

sanogiyokouB29.jpg

夏場はもちろん、今の時期でも蛸は狙える。むしろ、今の方が型はいい。
sanogiyokouB28.jpg

漁港内。日曜は青空市で賑わう。
sanogiyokouB26.jpg

sanogiyokouB15.jpg

食事も出来る。
sanogiyokouB25.jpg

テトラへのアクセスはここから。
sanogiyokouB16.jpg

堤上から泉佐野港を望む。
sanogiyokouB14.jpg

今回このテトラ付近でも竿を出した。
sanogiyokouB24.jpg

sanogiyokouB23.jpg

地築き一文字。今回はなぜかここで竿を出さなかったが今度挑戦してみょう。
sanogiyokouB20.jpg

上記の地築き一文字へのアクセステトラ道。
sanogiyokouB23.jpg

sanogiyokouB19.jpg

佐野漁港の動画です。

この動画を携帯プレイヤー・携帯電話にダウンロードできます。
こちら

アクセス


大きな地図で見る
posted by マッK at 20:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94021267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。