2008年04月28日

深日港・赤灯/白灯2008【動画あり】

fukeseisiB9.jpg

釣り番組も見ないし、釣り雑誌も見なくなって数十年になった。ブログなど一番情報が早いインターネットしかり、理由は釣果情報自体に興味がなくなった事と従来からの斬新性のないありきたりのコンテンツにぶらさがり、抜け出せないで要るメディアに面白さを見い出せないでいるからだ。雑誌などに掲載されている釣行記やエッセイはともかく、よくある最新釣果情報と言うのは私自身の肥やしになった過去がない。どうしてかと言うとよっぽどの事でない限り、季節になると現れる魚が決まっているからで今更メディアに頼るほどの事ではないからだ。情報によって釣れる人と釣れない人の差はあるにしろそれが自身に天地をひっくり返すほどの影響を及ぼす事でもないではないか。大阪湾で通年釣れるチヌやハネなど果たして情報など必要なのだろうか。南港の新波止や北港の各ポイントへ上がる常連さんは他人の釣果情報を見て渡船に乗っているのだろうか。今日はチヌが何枚上がっているとかハネがスズキまじりで何匹釣れたとかの情報は一応の目安となるだけで本人がこれから釣り上げる結果ではないのだ。刻々と変わる状況を自己判断に委ね、対応を取るのがベテラン釣り師である(えらそうに言っているが私のことではない)。今更ながらの情報は必要などないのである。要は渡船が出るかどうかの天候にある。メディアが発する釣果情報はしょせんは他人情報なのである。釣果情報は個人差があるが釣り場情報に個人差はない。多少の変化はあるものの毎日変わる事がないのが釣り場である。しかしネガティブな部分がないではない。メディアが発する釣果情報に踊らされ釣り場が混雑して釣り座が確保出来ない釣り場もある。人気のある武庫川一文字などポイントに逃げ場がない釣り場は特にその例は顕著で、魚が一生寄ることのない開いているスポットに我慢して入り散々な結果と相成る事(私自身昔あった)となリ得ない事も無きにしも非ず。インターネットも含めTVなどの各釣り情報など80%割り引いて釣行した方がいいと私は思うがどうでせうか。


どうでせうかてオマ、無責任な・・・・ちゅっキスマーク

fukeseisiB13.jpg

深日港・赤灯/白灯


fukeseisiB14.jpg

連休になると人は加太や魚釣り公園など人気スポットへ足を運ぶが終始釣り座の確保に奔走するはめになりかねませぬ。電車釣行可能な深日港は案外空いているのではないのではないのではないでせうか。まっ加太の方がサビキなどは釣果の確率が高い事は周知の事実だが・・・。しかし、加太ほどではないにしろ深日港内のサビキでも足場もいいし車から近いし(駐車料金無料)ファミリーにうってつけ。投げ釣りのカレイや根魚なども穴釣りでいいかも。私は竿を出して坊主だったがメバリングにいいかもしれない。近くの食堂も結構うまいと評判らしい(私は入ったことがないが)訪れた時釣り人はパラパラ見える程度で去年より少ない気がしたが気のせいだろうか。テトラをひょいひょい渡り歩いていた釣り人が印象的であったが、一体何を狙っていたのでせうか。臆病な私はその釣り人に「どーでっか」と聞くことも出来ずひたすら写真を取り捲っていた。「どーでっか」と聞いて「何がや」と返答されたらどすべか、その対応が怖いので聞かずにいた。へたすりゃ「ぼこぼこ」にされかねないではないではないのでせうか。写真とりに行って「ぼこぼこ」にされた日にゃああた拙者立つ瀬がないではないのではないのでせうか。野糞していてたまたま通りかかった腹空かしたライヨンにうんこもろとも食われるようなもんではないでせうか。もちろんそんな人いないと思うし、そんな目にあったこともないが

腹の空いたライヨンに食われそうになっても決して腹を割って話し合おうなどと無駄な事を言ってはいけない、だまってても腹を割ってくれはるのだから。ちゅっるんるんキスマーク

赤灯周辺


fukeseisiB2.jpg

深日港赤灯近辺の港内。
fukeseisiB15.jpg

fukeseisiB17.jpg

訪れたのが夕方近かった為つい夕日にレンズを向けてしまう。
fukeseisiB16.jpg

赤灯
fukeseisiB18.jpg

根魚がねらい目
fukeseisiB21.jpg

赤灯港内南対岸。サビキスポット。
fukeseisiB23.jpg

fukeseisiB20.jpg

後ろにおなじみの食堂が見える。
fukeseisiB26.jpg

fukeseisiB19.jpg

何を狙っているのでせうか。チヌだろうか根魚だろうか、テトラを探り歩いていた。
fukeseisiB32.jpg

fukeseisiB27.jpg

ここから楽に投げ釣りができる。キスやカレイ狙いの人をちょくちょく見かける。
fukeseisiB28.jpg

釣り場近くの深日の町。
fukeseisiB31.jpg

餌屋も近くにあるので便利だが、以前よりさびれて見えるのは気のせいでせうか。
fukeseisiB25.jpg

fukeseisiB22.jpg

fukeseisiB5.jpg

赤灯と白灯の中間にある旧南海フェリーの跡地近辺。車からすぐ竿を出せる。(南海フェリーの建物は撤去されていた)
fukeseisiB1.jpg

fukeseisiB4.jpg

fukeseisiB6.jpg

白灯周辺


fukeseisiB3.jpg

fukeseisiB7.jpg

夕方の時合にも関わらず釣り人の姿はまばら。
fukeseisiB11.jpg

fukeseisiB12.jpg

なんか、さびしいの〜。
fukeseisiB36.jpg

駐車スペースから白灯波止を望む。
fukeseisiB33.jpg

白灯波止へのアクセス道。以前と変わらず。
fukeseisiB34.jpg

旧深日漁港方面に伸びるテトラ。根魚がいいらしいが私は駄目だった。
fukeseisiB35.jpg

旧深日漁港
fukeseisiB37.jpg

深日港の釣り場の動画です。
画像がきたないときはプレイヤー右下のHQボタンをクリックして下さい。

この動画を携帯プレイヤー・携帯電話にダウンロードできます。
こちら

アクセス

大きな地図で見る
posted by マッK at 18:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94882508
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。