2008年05月05日

明石・大蔵海岸

ookura29.jpg

GW真っ只中43号線の魚崎付近で渋滞に巻き込まれ悔やんでいた。
行楽日和に恵まれているとは言え、こんなに車が世間から二日酔いの嘔吐の如く溢れ出ているとは・・・
毎年GWは日本海の舞鶴方面へ足を運び、舞鶴湾岸の道路端から投げサビキでアジを狙うのが慣習になっていた。ところが例の福田内閣暫定税率復活の為、ガソリンの急速な値上げにより断念せざるを得ない状況に陥ってしまった。急遽自宅からそう遠くはない明石方面へ日帰り釣行を兼ねた撮影に変更したのだが、実は後々考えるに連休前のガソリンが安い時期に今回の値上がりを予測して舞鶴釣行の為にガソリンを補給温存していたのだ。しかし、私の体の中にある現在も将来も消えることのない貧乏性と言う奴が連休過ぎた後でも安い時期に入れた燃料を少しでも残して後々の釣行に役立てようと言うしみったれたカスみたいな欲望が今回の明石釣行と相成った次第。「燃料暫定釣行、ふっ笑えねえや」別に魚釣りで利益出るわけでも無いので20円〜30円の値上がりでも(かなりきついが)後々の後悔考えれば釣果は別にして舞鶴行ってりゃよかったのだ。車の中でぶつぶつぼやきながら最初の目的の大蔵海岸に着いたのが自宅出てから3時間半後。高速の完全無使用や出るのが遅すぎたと言うずぼらさはさておき、自宅から3時間半後到着と言うのは阪神高速含め、すべての有料道路を使用しないでの舞鶴到着時間とほぼ同時間。つくずく悔やまれてならない。渋滞箇所は数ポイントに分かれて点在していた為思い切りアクセルを踏んで走った記憶がないので果たして自動車できてよかったのかどうかの判断も難しかった。


人工磯付近の道路。路上駐車がめだったが釣り人の車もあるのだろうか。
ookura28.jpg

ookura23.jpg

予定では大蔵海岸のベランダでチャッチャッ撮影を済ませ明石の市役所裏のベランダでサビキなどしょうと目論んでおったのだが前述の道路状況が出竿気分をなえさせたのはゆるぎのない事実。いつものようにちゃちいくせに卑しい精神が疲労困憊疲弊しまくっていたのだ。しかし、釣りサイト標榜のくせして以前釣果報告無いのは今さらながらいかがなものか。まっいいか釣り散策サイトまっとうしてれば。空しい心の葛藤は延々と読くのさ。

ookura27.jpg

潮の速さはハンパない。と聞かされていたが今回たまたま潮止りと遭遇したのか騒ぐほどの潮流ではなかった。風も吹いてはいたが高気温に恵まれた絶好の釣り日和。前方に明石海峡大橋と淡路島と言う贅沢きわまりないロケーションは羨望に値すること十二分だ。
ここへ来る時の交通状況に反して思ったほど釣り客も多くはなかったのも印象的だ。
風呂施設(温泉ではないようだ)龍の湯などの有料駐車場もあり安心して釣りが出来る。サビキの他フカセでのグレや紀州釣りのチヌなど専門的な釣りにもいいだろう。
海峡の為潮流が速いのでカゴ釣りなどは頻繁な仕掛けの打ち返しを要求される。へチ際を探り根魚と遊ぶのもいい。釣りのほか人工の磯場もあり家族連れなどもいいだろう。


予想以上に釣り人は少なかったように見えたが、こんなものだろうか。
ookura26.jpg

潮どまりだろうか慌てふためく人も確認できなかった。
ookura25.jpg

落ち着いたものです。
ookura24.jpg

ookura1.jpg

やはり家族連れが目立った。
ookura2.jpg

明石海峡大橋、淡路島の望める絶好のロケーション。
ookura14.jpg

ookura15.jpg

ookura16.jpg

ookura17.jpg

藻がもう少しあればアオリにいいだろう。
ookura3.jpg

連休だもんなあ。
ookura5.jpg

ookura7.jpg

ookura8.jpg

ookura9.jpg

ookura10.jpg

ookura11.jpg

朝霞川向き。
ookura12.jpg

対岸もベランダ。
ookura13.jpg

ookura19.jpg

ookura21.jpg

ookura20.jpg

GW中の大蔵海岸の釣り場のクリップです

この動画を携帯プレイヤー・携帯電話にダウンロードできます。
こちら

アクセス


大きな地図で見る

眼鏡所持品検査
ツインパワーXT3000

twin-powar1.jpg
シマノのステラより下級、バイオマスターより上級のアッパーミドルクラスの位置に属するリール。高級輸入車でいうとベンツならEクラスBMWなら5クラスという所か。
十数年前当時ひょんな事情でバイオマスターの正規定価より安く手に入れたが使用頻度が極端に少なかった。理由は長年親しんで使用してきた道具としてのバイオマスターに愛着があり自身の中でツインパワーという機種は結構なプレミアム度があり道具としてより嗜好工芸の部類に属していた。
twin-powar3.jpg
緻密かつ精巧に作られたシマノリールのヒエラルキーの上層に位置していると感じていた為使うというより大事にしまって置くという感が強かった為、フィールドに持ち出すには釣り場においてある水準のレベルが必要ではと自身の中にあったと記憶している。しかし、今眺めて見ると結構傷が目立つでないの。私自身使用した記憶が曖昧である為どういう所で傷がついたなどの過程など一考にわからない。確信めいた老いの恐怖が近ずいてきている証拠に他ならぬわ!くう〜。

twin-powar2.jpg

シマノのリールは少なくともスピニングに関して言えばXTでほぼ完成していた。つまりこれ以上の心地良いリールはどう見繕おうと将来においてその必要性は感じられない。
現在装備されているサビに強いベアリングなどと言うのはあって損はないと思うが、長年使用してきたバイオマスターXTなどにはそのような装備などは付いていなかったし現在でも立派に可動している。しかし、こんな事をいっていては商売にならない、ダイワと言う大きな競合相手が存在する限り。

twin-powar4.jpg

twin-powar5.jpg
posted by マッK at 23:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。