2008年05月19日

武庫川河口・尼崎魚釣り公園【動画】

武庫川河口
amaS49.jpg

尼崎魚釣り公園
amaS11.jpg

北港舞洲夢舞大橋近況。
今回紹介する武庫川河口近辺の尼崎魚釣り公園の帰りに北港舞洲の夢舞大橋で竿を出そうともくろんだ。
なぜせっかく武庫川近辺まで行ってそこで竿を出さないのかと言う疑問が沸いてくるだろうが、性分として最も家の近くで竿を出した方がなぜか安心するからである。もう一つの理由は北港周辺は以前とにかく毎週のように通った言わば私にとって精通した釣り場なのである。バチ真っ只中のハネ釣りで今は入れない倉庫前の爆釣劇は今思いだしても興奮する。何せ、アオイソメで一人で30分の間で50cm前後のハネを30匹も釣ったのだから。毎日判を押したように夜7:30にハネの集団がやって来て8:00に忽然と姿を消すのである。潮の関係などへったくれもなしに8:00を過ぎると魚がバッタリ釣れなくなるのであるから不思議でしょうがなかった。最近の状況を知る為ももちろんあるが、しばらくこの場で竿を出した事もなかったのでチェックを兼ねての釣行とあいなったが夢舞大橋周辺から緑地公園のボードウオークは私の要求には答えてはくれなんだ。つまり、おきまりのボーズであるが。しかし、不思議に思ったのは夢舞大橋から緑地公園のボードウオークの間にある未造成区域は夢舞大橋完成直後から魚影が薄いにも拘らず今だに釣り人が絶えていない。雰囲気からして釣れそうだが橋完成直後ここで魚の顔を見たことがない。疑問を解くための釣行が今後も読きそうでげんなりしている今日この頃のボクチン。


武庫川河口・尼崎魚釣り公園

車を停めて目の前から竿を出せる武庫川の最河口であるが、訪れた時、落とし込み師とブッコミ師とウキ釣り師と見学師がパラパラいた程度で土曜の午後なのに混雑はなかった。ここでは上流と違って直下にテトラが置かれている。満潮時でないと高い高い堤上から魚が掛かった時の取り込みが難儀ではないか?テトラ上にはハネ狙いかチヌ狙いのウキ師とシーバスアングラーがいたが取り込みに関して言えばこちらの方が正解と思うが、まちがった事いってるのかしらボクチン。
amaS50.jpg

amaS48.jpg

amaS46.jpg

ハネやチヌのウキ釣りにいい。
amaS35.jpg

amaS7.jpg

amaS2.jpg
魚釣り公園で獲れたチヌ、ハネが管理事務所の水槽で泳ぐ魚釣り公園も夕方近かったせいか混雑はなかった。後で聞いたら、な〜んも釣れとらんらしい。当然今の時期サビキで上がる魚は皆無で朝のエビのズボでチヌ、ハネの専門分野しか相手にしてもらえないと言うファミリーには残念なご報告であります。それでも行くという人は止めやしませんから行ってください、帰ってからボージュ腹いせに当弱小サイトに丑の刻参りかまして呪術かけたり〜のやサイバー攻撃したり〜のなどしないでくだせえませませ、お願えしますだ。
amaS33.jpg

amaS47.jpg

有料駐車場入り口。
amaS42.jpg

駐車場。
amaS1.jpg

釣り公園料金表。
amaS40.jpg

amaS37.jpg

amaS36.jpg

管理事務所内。
amaS4.jpg

釣果写真。
amaS3.jpg

amaS6.jpg

この通路が釣り場へのアクセス道。
amaS32.jpg

amaS31.jpg

金網の床が特徴。
amaS29.jpg

amaS28.jpg

amaS27.jpg

amaS26.jpg

魚がかかった時の為の網が常備してある。
amaS25.jpg

サヨリシーズンは賑わう。
amaS24.jpg

amaS22.jpg

amaS21.jpg

amaS20.jpg

amaS19.jpg

amaS14.jpg

説明はないのかってか。ない。
amaS12.jpg

なぜ、説明がないってか。
amaS9.jpg

画像見てくれれば、それがすべてでおます。
amaS8.jpg

尼崎釣り公園の動画です

この動画を携帯電話、携帯プレイヤーにダウンロードできます。
こちら

アクセス


大きな地図で見る
posted by マッK at 23:11| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ルアーフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事にも書きましたが、今の時期サビキはきびしいとこの釣り公園の方に伺いました。
しかし、足元狙いのいわゆるシラサエビのズボ釣りは早朝よいそうです。私は過去夕方のアオイソメでハネを上げたことがあります。
武庫川の甘い水のせいかキビレやハネの魚影はかなり濃いみたいですね。しかし、料金体系はなんとかならないものでしょうか。駐車料と合わせればお得といいがたい側面もあります。

動画、お褒めにあずかり恐縮です。今のところ青春時代馴染んだBGM含め趣味的要素がかなり入っていますが、なにせYOUTUBEは汎用PCに合わせた低画質になっておりますゆえ、視覚的に耐えうるかどうか私共疑問視しております。


Posted by マッK at 2008年05月22日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97278755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。