2012年05月13日

舞鶴 成生漁港

naruoi-503-24.jpg

naruoi-503-19.jpg

naruoi-503-11.jpg
毎年GWになると私事恒例の日本海参りをしねければマラソンに嵌るランナーズハイとまではいかないがウズウズしてしまう。この時期何故か京都府の舞鶴や福井の高浜周辺へ足が向いてしまうのは比較的人の出入りがまばらで釣り易い為でもあるが(夜など極端に少ない)もうひとつ、小さいながらも常夜灯に照らされた漁港メバルが小気味よい引きをみせてくれるからである。紀北や大阪湾南部(泉南)でも小型のサイズは目視できるのだが釣るのは至難の業でいつもスカ食らいまくる。わざわざ子メバル血祭りに上げるため日本海くんだりまで行く価値はあるのかと言われれば「ないかもしれない」と答えるだろうが、何故か日本海を電機クラゲさながらに彷徨ってしまうのだ。しかしもちろん、釣果優先の旅ではない。
naruoi-503-10.jpg
上記以外の理由もある。以前にも書いたと思うが日本海に限らず、どこでも漁港の雰囲気が好きでしょうがない。日本の魚食文化を担ってきた基地であるわけだから、見なけりゃ損と思ってしまう。できれば全国各地の漁港をうろつき、スナップしたい。すがすがしい空気感とむせるような磯の匂いは私にとって旅情を書きたてる素材としては十分である。
漁港の他に美しい海岸も特筆すべき物である。なんでもない小さい砂浜でも「キスが・・・」とそこに自分を仮想投影しながら思いに耽るのもおつなもんであるし、わくわくする。
成生漁港手前にある小さなビーチ。投げのキスにもよさそうだし、手漕ぎゴムボートにはもってこいだ、いつかここから漕ぎだしたいと思った。ただし、訪問時点でビーチ近辺の波止直前までの車の進入できなかったので周辺道路での路駐からのアクセスしか確認できなかった。ひっょっとしたらシーズン時、海水浴場として開放するかもしれない。
naruoi-503-0.jpg

どうせ行くなら日昼は漁港散策して、夜はメバリングと言うのが私のいつものパターンなのだが、いかんせん、この日は雨まじりの強風で夜のメバリングさえ危うい状況であった。散策したその漁港でメバリングするのが効率がよいのだが、風向きがライトゲームのさまたげになっているのだ。
naruoi-503-1.jpg
成生漁港に行こうと思ったのは、このブログでまだ紹介していないからだ。前から行ってみたいと思っていたがルートがこの周辺だけが中途半端に離れていたせいもある。成生漁港の手前にある田井漁港も行ったが散策を断念してしまった。清掃協力金が必要と漁港入り口の村人であるおばちゃんに言われたためである。せこいと思われるだろうが費用対効果がドタマをよぎって「もし、夜にもつれこんで常夜灯がなかったりしたらメバリングする気もおこらない」と思った。ましてやこの悪天候、田井に留まる理由など全くもってない。
こじんまりした漁港で背後の山が北西風を防ぐので冬場はよさそう、しかし、この日北風にも関わらず波止にたつと思いのほか風を感じた。
naruoi-503-6.jpg

naruoi-503-2.jpg

国道27号線から北に伸びる県道21号線は大浦付近の中田から田井方面の561号線に枝分かれする。田井からまた21号線が現れ成生方面に伸びている、つまり21号線は北の野原方面と北東の成生方面と2箇所に存在するので気をつけなければならない。両道、けもの道での干渉はあるかもしれないが、少なくとも目測による(地図上)車道の繋がりはない。天候が荒れると崖崩れが発生しやすい険しいダートエリアが数箇所あるがスピードを出さなくとも田井から結構短時間で行ける。
北東側の21号線の北端がこの成生で行き止まる、ここから先は他府県の車は漁港内でさえ進入できない。
naruoi-503-20.jpg

naruoi-503-3.jpg
漁港内はそれほど風の影響はなかったが、気温が15度をきっているこの日は肌寒さを感じた。
naruoi-503-4.jpg

漁港の村を散策しょうとしたが、いつものことながら、小心者の私はプライベートを干渉しそうなので断念した。
naruoi-503-17.jpg

naruoi-503-16.jpg

naruoi-503-15.jpg

メインになる波止には釣り人がいて、カゴ釣りやフカセみたいなことをしていた。グレが釣れていた。
naruoi-503-5.jpg

naruoi-503-6.jpg

naruoi-503-7.jpg

漁港内の砂地でキスが釣れそうだが。
naruoi-503-8.jpg

海を照らす灯台はあるが常夜灯がないのでナイトメバリング魂が萎えてしまった。
naruoi-503-22.jpg

naruoi-503-10.jpg

naruoi-503-11.jpg

naruoi-503-12.jpg

naruoi-503-21.jpg

アオリの墨跡、ここもエギンガーが多いらしい。そらそうだわな。
naruoi-503-24.jpg

漁港の人に話を聞くこともなく、こそこそとこそ泥のように事務的かつマシンの如く、写真をバチバチ撮りまくり未知の地でのメバリングを断念した小心者は行きなれた高浜和田へとナイトメバリングしょうとこの地を逃げるように離れたのだつた、だからファミリーやアベック釣行に欠かせないトイレの確認なんぞ、しとりゃあせんがな。

アクセス

より大きな地図で 舞鶴周辺 を表示
posted by マッK at 20:22| 大阪 ☀| Comment(3) | 釣り場散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

福井高浜町 西三松

nisimitumatu-1.jpg

難波江の南に位置する難波江と同様の投げのキス場と言ってもいい。遊歩道にある磯、テトラ、波止からの釣りになるが磯からの釣りは少し難しいのでベテラン向きと言える。アオリイカも釣れるらしいが実績は未知数だし、手前に磯が阻むので釣りずらい。根魚も釣れるが概ね小型が竿を賑わすのみ。やはりここは波止やテトラ帯をメインに据えた方が無難と言える。テトラならチヌや根魚も釣れる。以前私が盛夏ここへ訪れた時、西三松側の波止と対岸にある三松海水浴場沖一文字テトラの水道にキス仕掛けを投げ込んでキスを入れ食いにしたことがある。ピンギスだが結構楽しめる。ファミリーフィッシングに最適だが外向き、内向きに限らず全体的に水深が浅いのでアジなどのサビキは辛いものがある。
手漕ぎゴムボート釣りは西三松より西側に無料の駐車場があり、そこから出廷できるが海水浴シーズンになると陽が高くなるにつれ浴客が増えるので帰艇の際注意が必要。波のある時はかなりわずらわしくなる。その駐車場の南にある関谷川では夜間シーバスが狙える。
俯瞰から捉えた釣り場、遠くに三松海水浴場のテトラ帯が見える、そこを目がけてキス仕掛けをフルスイングで投げ込めばキスが釣れる。
nisimitumatu-3.jpg
テトラ際に仕掛けを投げ込めば小型だがガシラ、アオハタなどが釣れるがフグも多い。
nisimitumatu-5.jpg

以前この浜の後ろに無料の駐車場があったが、今はどうだろう。以前ここから手漕ぎゴムボートを出廷したのだが・・・。
nisimitumatu-4.jpg
三松海水浴場方向、ここも周辺の浜と変わらず遠浅なので波が立ち易い。
nisimitumatu-7.jpg
釣り場周辺の遊歩道
nisimitumatu-8.jpg

料金小屋近辺
nisimitumatu-9.jpg

nisimitumatu-10.jpg

nisimitumatu-13.jpg

nisimitumatu-11.jpg

ここからもキスが狙えるが足場がゴロタなので不安定。
nisimitumatu-12.jpg
難波江側に通じる遊歩道、この辺り結構荒い磯が林立する。
nisimitumatu-15.jpg

nisimitumatu-16.jpg

nisimitumatu-17.jpg

nisimitumatu-18.jpg

アクセス

より大きな地図で 若狭周辺(福井県) を表示
posted by マッK at 10:27| 大阪 ☀| Comment(2) | 釣り場散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

日本海 福井 難波江 投げキス 手漕ぎボート場

nabae-13.jpg

今日、(7月18日)台風の影響で久しぶりに雨が降っておりますが、皆様はいいかがお過ごしでせうか?
淀川などの河口域では所によって数(キビレ)は上がっているみたいですが、湾奥はしばらく雨が降らなかったので酸欠状態に陥って、シーバスどころかボラ以外にキビレさへクチを使ってくれません。更新が遅れたのはその為でもあるのですが・・・。
福井 難波江

nabae-1.jpg
ここは投げの有名ポイントなので遠投しての引き釣りになるが、十年前の早朝、バスロッドで石ゴカイの餌で波のない日を選んで投げ込んだら、近投でピンギスだが入れ食いになった事があった。しかし、砂浜まで車の乗り入れが可能であるため、陽が高くなるにつれてジェットスキーの発着天国と化して、とても釣りどころではなくなった記憶がある。そして手漕ぎや2馬力ボートでの良型キスの好釣り場としても知られている。
nabae-2.jpg
おまけに海水浴場であるため早朝をはずすと投げ釣りは危険であるため禁止となる。ここは波に敏感な地形のため、福井での数あるサーフスポットの一部で、波のある日も釣りはむずかしい。ま、波の高い日はキスは近場に寄らない為、危険なのでここでの釣りも諦めはつくが。
nabae-3.jpg

車両侵入可能な入り口付近。訪れたのが春先だったので閉鎖されていたが海水浴シーズンになると砂浜は満杯状態となる。
nabae-4.jpg

nabae-11.jpg
結構広いので早朝、あちこち探れるがせわしない釣りにならないよう、適当に。
nabae-5.jpg

南端にあるトンネル横の遊歩道下の磯、この近辺に大型キスがいるらすいし、聞いた話だとここからアオリも狙えると言うことだったが・・・。
nabae-6.jpg

トンネル、側道へ入ると遊歩道。
nabae-7.jpg

トンネル横下の遊歩道
nabae-8.jpg

nabae-9.jpg

nabae-10.jpg

nabae-12.jpg


アクセス 青いカンチョウアイコンをクリックすると詳細が表示されます。

より大きな地図で 若狭周辺(福井県)
を表示
posted by マッK at 19:55| 大阪 ☔| Comment(2) | 釣り場散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする