2012年07月17日

季節はずれの漁港メバリング 高浜漁港【動画もあり舛】

T-neko-meba-3.jpg
「季節はずれの漁港メバリング」のタイトル通り、ゴールデンウィーク時の古い釣行記ですが入院で書くのが遅れてしまいました(獏)
お蔵入りするにもせっかくビデオまで撮ったので、飯食うのとリハビリ以外暇なのと、出来る限り更新したいと言う思いから強引にUPしました。

キスマーク

こういった常夜灯のある漁港は狙い目なのだ
T-neko-meba-9.jpg

いつからかゴールデンウィークの日本海での「極めて遅れた感の強いメバリング」釣行は私事恒例になっていて、行かなければ蕁麻疹が満遍なくカダラ中に出来てしまうのである。
ことわっておくがこの時期の漁港メバルははっきり言って、狙う価値すらない程ちさいのだ。じゃ、何故に狙うのかと言うと一年中メバルを狙いたいからで、それも常夜灯がこうこうと灯る漁港と言う絶対不可欠なシチェーションもパッケージになっていなければならないのだ。大阪の泉南でも子メバルが泳ぐ常夜灯がこうこうと灯る漁港はあるが、釣るのは薄紙貼った金魚すくいより至難の業なのである。
私の遊び相手、ガキメバ
T-neko-meba-4.jpg
私的に京都府の舞鶴や福井など、めちゃくちゃ遠征ではなく比較的アクセスしやすい地域でのこの愚行(メバリング)はメバリング命の私にはもはや、まとまった休みの取れるGWにははずせないエリアなのである。できれば兵庫の山陽、山陰も視野に入れたいがこの時期のメバル生息の絶対確認が出来ない限り博打的要素が高くなりかねない、よって、愚行(メバリング)が成立しなかった日にゃあ、デリケートな視神経を持っている私は落ち込んで数日間家に引きこもるはめになるかもしれんのだよ、だからして未踏での地は必然的に足がすくみ、どうしても安全パイを選択せざるを得ないのだ。
船と船の間にもメバルはいるが、この日は皆無だった。
T-neko-meba-8.jpg

当日は北方面の成生漁港でメバルをやるつもりだったが、雨まじりの風が強く、漁港のメバリングに必要不可欠な常夜灯が皆無であったため断念を余技なくされた。ふと、子メバルイコール鉄板ポイントの認識が芽生えつつある高浜漁港がドタマによぎった。このまま京都の音海まで走ってもよかったが高浜なら常夜灯も何箇所かあり、去年も実績があった為、確実だと思った次第。音海もいいがエリア選択が難儀なのと成生から立地的に行きずらいのですぐさま却下。
成生漁港、見た目はいいのだが常夜灯が・・・
naruoi-503-3.jpg

高浜漁港、画像が青いのは常夜灯の光そのままで撮った為(ビデオより引用)
T-neko-meba-5.jpg
成生にいた時も天候が悪かったが、高浜に向かう途中も雨模様で憂鬱な雲が空全体を覆っていた。去年の今頃もそうだった。もっとも夜を主戦場としている為曇りなんて関係ないが、雨と風だけは避けたい。山間部を通り抜け国道27号線に着いたがまだ明るいので、舞鶴の天一のラーメンで腹ごしらえ。その後舞鶴へ来たらいつも利用する、激安の業務スーパーで夜食を仕入れた。
明るい日中の高浜漁港
201152takahama-9.jpg

係留している漁船群を見ると「自称メバル屋」はいてもたってもいられない。
201152takahama-7.jpg
陽が落ちたのを見計らって漁港の駐車場に車を停め、タックル準備。子メバル相手と知っていながらも腕がムズムズして嬉しくてしょうがない。時計を見ると19時丁度。雨も小雨模様。
お目当ての常夜灯のある漁港中央の突堤まで係留してある船と船の間にワームを通しながら歩いていく。
201152takahama-4.jpg

今回もザコ定番タックル、ヤマブラのブルーカレントとダイワ、インフィート月美2004。PE0.3号
201152takahama-13.jpg
アタリがないままメインである先端部に到着、ビームスティックグローホワイト1.5を放り込むと一発で乗った、ザコなりの小気味よい引きが張りのあるティップを振るわせた為「うい奴」と12せん位の子メバルを見ながら思った。しかし、やはり胸焼けするほどちさいわ。大阪からはるばるこのサイズを釣りにきたから後悔は全くないが、やはりちさすぎるわ。その後もポツポツと退屈極まりない絶妙な間隔でこのサイズが釣れて来る。ちぎっては投げ、ちぎっては投げの旧ソビエト連邦並みの大パージ(大量粛清)を想定していたのに、お持ち帰りがない分何だか損した気持ちになってきた。大阪から来てこの費用対効果はねえだろ・・・ああ、いかんいかん、費用対効果なんぞ眼中にないからこの愚行だ、釣れないよりはましだと思わなけりゃ・・・とほほ。
一投目からこのヘドが出るほどのグッドサイズ(獏)わかっているとは言え、先が思いやられるわ。
T-neko-meba-2.jpg
我ながら「どうだろう」と釣りながら自問しはじめたから始末に悪い。ちさいのは我慢できるが、ちさければ、ちさいなりにそれなりの誠意と言うものを見せてほしい。アタリが頻発しないのだ。思い出したようにしか釣れないのは「どうだろう」と思うほかないではないか。いや「どうだろう」と言うより、「あんまりやで」と言うほうがこの場合ふさわしいかもしれない。
とは言っても、この愚行、やめられるものではない。えぇと・・・・あれだあれ、ポテチ! そうポテチと同じで一度喰い始めたら親の死に目にも会えないぐらい喰い続けてしまう。・・・
T-neko-meba-11.jpg
枝豆でも例えとして悪くないかもと思い始めた時、ルアーローテを忘れていたとはたと気がついた。いい機会だから大阪でチヌで試みた加太のチョクリと言う鯛のビニール釣りをここでメバルで試そうと思った、しかし、放り込んでしばらくしても全く無反応。考えてみたらこのビニール、半透明の上ぺらぺらで薄い。見た目からして闇夜に弱そうなのだ、そうデイゲーム向きと言っても過言ではない。
こいつは闇鍋では全く問題外だと一時間しぶとく巻き続けて初めて気がついた。
T-neko-meba-6.jpg
スルメも噛めば噛むほど味が出るからこれもこの釣りの例えの候補として引き出しにしまっておこうと思い始めた時、重いケツに決別を託した。「移動しょう」移動したらどうにもならなくてもどうにかする努力を自身で思いつくかもと思い始めた。メバリングは常にポジティブでアグレシッブで動体志向(ランガン)がなければ釣果に恵まれない・・・と思う。東隣の和田漁港ならそう時間もかからないし、和田漁港も自身の実績鉄板ポイントとして脳内ブクマしてある。
和田漁港、サイズは高浜とタメ張るがここの方が退屈しないほど釣れた。
T-neko-meba-12.jpg
和田に着いた時点で22時を過ぎていた。だらだら高浜で時間かけていて後悔していた、体力的に限界が来ているようだ。ここは北側に防波堤があり風に強い、しかし着いた時点で雨が少し強くなっていた。何だか心なしか潮も低くなっているように感じられた、腹が減っていたのでいそいで業務スーパーで買ったロールケーキとアンパンを立て続けに車の中で喰った、腹の中が砂糖工場が火事になっているようでパン喰った後不安になってきた。よりによってどうして菓子パンなんぞ買ったのか、ハンバーガーや焼きそばパンなどの惣菜系があったろうに、今更ながら食いモンに無節操な自分に嫌気がさしてきた、これで血糖値が今夜でぐんぐん上昇するのは間違いないだろう。
T-neko-meba-13.jpg
釣り開始。サイズ的に高浜と大差ないがワームを放り込む都度に子メバルがかかって退屈しないで面白い、場所を少し変えただけでこの釣れっぷりはどうだろう。不思議だ、潮のタイミングが当たったのかもしれない。しばらく釣っているとここの先住民族が「くらぁ!誰のシマで釣りしとんじゃい」という顔して近ずいてきた。
先住民族、挨拶がわりにメバルを釣るごとにくれてやるとしばらく離れなくなって私のツレになってしまっていた。
T-neko-meba-1.jpg
釣りをしている最中、目がしょぼついてきて睡魔が襲って来た。体力的に限界が来たようだ。今夜帰る予定だったが危ないので明日の朝にしょう。もう十分子メバル釣ったし、思い残すことは何もない。今年の愚行も今夜で終わりだ。、できれば今年の冬も来て、どのぐらいのサイズが釣れるか試したいがここはタイヤチェーンなど冬の装備がいる、さあ、どうすべか・・・。

どういう訳か動画が終了しても尺あまりが随分出ている、UPの仕方間違えたか???


アクセス

より大きな地図で 若狭周辺(福井県) を表示


posted by マッK at 22:53| 大阪 ☀| Comment(25) | メバリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする