2010年06月07日

和歌山 大引・白崎周辺プラス大阪湾近況

大引周辺

oohiki4.jpg

前々回の由良釣り公園から北上して竿を出す所を探し回った。
目安は漁港だが釣り公園からほど近い神谷は磯や有名な神谷スーパー一文字へ渡す渡船の基地港としては有名だ、しかし漁港そのものから竿を出すにはあまりにも殺風景すぎて食指が動かない。しばらく走って岬を大きく廻ると大引のビーチが目に入った、ビーチ南側の崖際から小さな波止が伸びている、実はここは竿を出した事がないが以前から気になっていた。周りを岩礁帯に覆われ、いかにも根魚が入れ食いになりそうな様相であるが潮が澄み過ぎている為全く釣れる気がしない。水深はそう深くはなくビーチ向きにちょい投げすればキスぐらいは釣れそうだ。時計を見ると3時を廻っていた為ここで少し粘って反応がなければまたすぐ移動しょうと考えた。
oohiki8.jpg

oohiki5.jpg

波止にはアオリイカ狙いの人が3名乗っかっていた。だめもとで「メバルはどうか」と聞いたが「は?」とすっとぼけた顔を向けられた。
「ここでメバルのお・・・」と言われ「ガシラやったらおるんやないか」といかにも興味なさそうな返事が返ってきた、それだけアオリに夢中なのだ、実際この一帯アオリは相当に濃いらしい。
エギは持ってきてはいるがどうもシャクる気持ちが起らない。彼らがアオリに夢中になっているのと同様で私は時期はずれ?のメバルに夢中なのである。
oohiki9.jpg
「ま、いいや」と波止から海を覗くと海藻の隙間から結構なサイズの魚がのたりのたり泳いでいるのが見えた。「グレ?」魚種の特定は出来ないがとり合えずガルプ小さくちぎってジグに刺し、放り込んで様子を見た。しかし、ワームには見向きもしないで悠然と海藻と岩の間を移動しているだけ。「見える魚は釣れない」と言う定説があるが「見える魚も場合によっては釣れる事がある」波止から人間の気配を全く無くせばその可能性は高まる、しかし、一度私の存在を見切った魚はそうやすやすと釣れてはくれない。20分間あれやこれや試行錯誤を繰り返したがやはり徒労に終わった、いい気候とあいまって体がどんよりしてもう動くのが邪魔くさくなってきた。
oohiki10.jpg

oohiki11.jpg

先行者のヤエン師の一人がアオリを掛けたらしい、駆け寄って写真を撮らせてもらえばいいものを晴天がもたらすゆえの気だるい波止の雰囲気はいかんともしがたく、堕落しきった脳が自身の体を動かす命令すら出せないでいる。波止に横になり「あかんね」遠目で陽炎にゆれるヤエン師のテキパキとしたやり取りを眺めながら波止の上でぶつぶつ念仏を唱えた「あかん兆候やね」まったく動こうとしない自身を攻めはじめた、今に始まったことではないが他人のことなどもうどうでもよくなってきた。自身引き締める余裕もないほど堕落しているようだ。
oohiki12.jpg
「こんな所でわしゃ一体何をやっとんねや」別に銭になるわけでもないのに見ず知らずの他人に果てしなくタアイない怪しい釣り場情報をくれてやっている俺はいったいナニモンか?たかがブログ更新の為に和歌山くんだりまで来て俺はいったいナニをしとんのか?趣味?けっ、その気になればこんなブログいつでもやめたるわい。もう一度「こんな所でわしゃ一体何をやっとんねや」とつぶやいた、せつないほどシワが希薄な脳みそにむなしいほどの自問自答が交差しはじめた。考えることすら面倒くさくなり、結局あれもこれも全部含めて「天気がよすぎるから悪い」ということにした。「飽きたな、ここに居るのが、場所(カシ)変えるか」
oohiki13.jpg

oohiki14.jpg

大引漁港
oobikigiyokou1.jpg

oobikigiyokou2.jpg

oobikigiyokou3.jpg

oobikigiyokou4.jpg

oobikigiyokou6.jpg

白崎周辺の磯とゴロタ浜

sirasaki4.jpg

白い岩礁帯で知られる中紀の勝景地、白崎へ寄る前に晩飯を調達しなければならない。海沿いに面したこの辺にはコンビニのたぐいは皆無で一旦国道42号線へ戻らなければならない。このぷち山越えが相当邪魔臭い、飯ぐらい抜いたってどうって事ないが釣りしに来て、ボーズ喰らうわ腹すかすわでは死ぬ希望だってわいてくるはずもない。
白崎オーシャンパーク、公園内及び周辺は釣り禁止
sirasaki2.jpg

sirasaki3.jpg

コンビニで夜用に仕入れた焼きそば入りコロッケパン2ケと甘い甘〜い和三盆ふりかけているあんドーナツ、それに、がぶ飲みミルクコーシー500ml。糖尿の恐怖に怯えているヤカラのエサとは到底思えないラインナップ、着実に死地へとあんよへ向けているが食欲、物欲、性欲を制御するぬるくさい本能は「今が気持ちよければそれでいい」とうそぶく自身にはけぶたいお言葉以外のなにものでもない。坊主が先か医者が先かの話だが極力銭のかからない安モンの坊主でお願いしたい。
sirasaki5.jpg

sirasaki6.jpg

sirasaki7.jpg

sirasaki8.jpg

sirasaki9.jpg

釣り場に来て釣りしながら死を考えるのは現実性がありすぎる。目の前にある殺風景な海にルアーを投げる代わりに身を投げれば事は済むのだからして、問題はうさんくさい中年にまっとうな保険がおりるかどうかだ、常に損得勘定前提で死を考えるのは血糖値が不安定だからだ。眼前の白崎のゴロタ浜は根魚の宝庫に見えるが、賽の河原にも見えなくもない。
一時間ほどあれやこれや手を変え品を変えワームをキャストするが根がかり以外何の反応もなし。
sirasaki10.jpg

sirasaki12.jpg

sirasaki13.jpg

暗くなって次の釣り場である漁港へ移動したが立ちくらみするくらいの貧果で港の名前すら未だに思い出せない、やはり坊主の方が先と言う方向で。

大引・白崎へのアクセス

より大きな地図で 和歌山中紀 を表示

大阪湾近況 南港コスモスクエア・北港舞洲緑地・なみはや大橋・南港北防波堤。

5月31日北港舞洲
釣り場が開放された南港コスモスクエア前と北港舞洲緑地公園へ行った。南港コスモスクエア前は車の駐車がネックで今回足を踏み入れるのを見送ったが近々タックルを持ち込んで実釣検分する予定。
北港舞洲緑地公園へはバチパターンだろうと勇んで行ったが満潮の潮止まりと重なり、ボラのサークルを確認したのみ。しかし、潮潮止まり前に54cmのシーバスが釣れたと現場で会ったアングラーが言っていた。足場が海に近く、板張りで釣り易いが私はここで魚を釣った記憶はない。要するに撃沈、ひえ〜!。
hokkoumaisima1.jpg

hokkoumaisima2.jpg

hokkoumaisima3.jpg

コスモスクエア前と舞洲緑地公園のアクセス

より大きな地図で 南港〜平林周辺 を表示

6月4日 なみはや大橋下。
これもバチを意識してガルプのイソメナチュラルを持参、岸壁際をアオイソメの餌釣りの如くガルプのコスリを敢行、しかし、時間が21時を廻っていた為、シーバス1本も上がらずガシラの31Cmがきたのみ(去年も釣った)、釣り方があまりにセコすぎたのか?そして時期的だろう、キビレの小形が増殖中でバイトは売るほどあるがフックアップに至らず、要するに撃沈、ひえ〜!。
アクセス地図はサイドメニューの過去記事を参照。
namihayagasiraA.jpg
posted by マッK at 02:07| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

和歌山 由良町 海釣り公園

w-yura1.jpg

前々回のメバルが釣れないという、みなべ堺港から急いで大阪方面へ逆流並に戻る過程で由良海釣り公園が目に入った。ここは昔友人と何かを釣ると言う目的などなく、あてもなく竿を出せる所なら適当に竿を出そうと車でひたすら大阪から紀東まで南下を企てると言うツアーを敢行し、その最中にここを見つけてここのイカダに乗ったことがあったことを思い出した。遠目に見ると、とても雰囲気がよく何か釣れそうな感じがするが、夕方まで粘ってサビキ仕掛けにSDカードサイズのチャリコの猛攻にへきへきした思い出があった。途中嫌気がさし、移動しょうと思うのが普通だが高い入園料払って入ったからにはせめて小アジでも釣れてくれないかと夕方近くまで粘った、しかし、やはり徒労に終わってしまって「もう二度と来る事はなかろう」と思ったものでその記憶も忘却の彼方へ消えさっていた。しかし、再びお目にかかろうとは。
w-yura2.jpg

w-yura3.jpg

当時の入園料金は高かったとしか覚えていないが今回入園している人に聞いたら「1500円も」すると言っていた。
「1500円も」の末尾の「も」という言葉の意味するところはとどのつまり料金の割にはろくな獲物にありつけていないと推測してもいいだろう。人間銭(じぇじぇこ)がからむと対価要求も至極普通にからんでくるのだ。
駐車場は県道24号線沿いにあり広い。
w-yura4.jpg

エビで鯛を釣るという諺がある、一般ピポの解釈も様々だろうが、釣りとは無縁の一般ピポの言うエビとは伊勢海老クラスを指していると思われる、伊勢海老を針に刺したら鯛ごときが釣れても当然やなかろか、極端といわれれば極端な話すぎるが、釣り施設利用客の基本理念も概ねこれに値する。「高い銭(じぇじぇこ)払ったからそれなりの対価があるのは当然であるまいか、釣れてあたりまえ、釣れないのは今の鳩山政権よりおかすい。タダで波止釣りしているわけではないのだからして」と私みたいな損得勘定優先で釣りかましまくっている釣り人は言うに違いないし、「それが本来あるべき有料の釣り公園の正しい姿勢ではなかろか」と言うアホ丸出し、いけしゃあしゃあ極まりない返事もある。ビンボ人が行くタダの波止でも死んで腐り果てたあげく、とろとろに解け、まったりとした腐敗ガス放っているアホイソメでも鯛釣れるわと言うふとどきもんもいるが。
w-yura5.jpg

何かをするには何かが犠牲になると言う事が釣りには常につきものであるのだ、その何かが魚であり何かが銭(じぇじぇこ)であるということをうっかり忘れることがある。
何かが魚であり、何かが銭(じぇじぇこ)である以上、最初の何かをどうにかしない事には人間どうにもおさまりがつかないこともあると言う事も至極当然のことでもあると言う事を憶えておいたほうがいい(長くない!)例えば最初の何かがどうにもならなかった時、管理棟に行って「最初の何かがどがいにもならん」とそのままどなりこんでも管理棟の管理人も「最初の何かがどがいにもならん」とどなりこまれても「最初の何かが水モンである限りどがいにもならんこともある」としか言えないのだ。しかし怒鳴り込んだ釣り人も「それもそですね」とニコニコ馬鹿まるだしの顔しておいそれと引きさがるわけにはいかない、何せ最初の何かの魚の次の何かが銭(じぇじぇこ)なのだから。
w-yura6.jpg

しかし、ここで行っておく、肝心なのは最初の何かの魚ではなく二番目の何かの銭(じぇじぇこ)なのである。二番目の何かが銭(じぇじぇこ)である以上とことん食下がるのがおろかな消費者である釣り人なのだ。しかし最初の何かが銭(じぇじぇこ)であろうが最初の何かが落語家の桂ざこばであろうが、ただ雇われている管理人にはどでもええことと言う事を「二番目の何かが銭(じぇじぇこ)である」事を理由に怒鳴っている釣り人は肝に銘じておかなければならない。管理人にしてみれば釣れないのは「おどれの悲しくもおろかしすぎる腕」だし、わしははよ仕事すませて家帰って「クレヨンしんちゃん見て飯喰って、風呂入って、嫁といやいや夜な夜な蚊が血ィすするようなセクスするの」と言いたいのをがまんしているのだ、要するに釣れる釣れないで釣り有料施設を語るにはナンセンスなのだ。快適に釣りをする環境を提供しているのが有料の釣り施設であって、その対価として料金接収を行っていると言うのが正すい解釈なのだ、そしてこれは近年各地で増殖する海上釣り堀もあてはまる。
その気になれば小磯で釣り可能、根魚が釣れるだろう。

w-yura7.jpg

ま、あれやこれやガタガタ書いたが要するにボーズでも楽しければ有料施設も捨てたものではない部分も多々ある、普段いそがしくてできない家族サンビスしかり、友人や会社の同僚とのアルコール注入しながらの親睦など有料釣り公園を大いに利用すればよいと思う、公園でカメラぶら下げてうろうろしていたら警察に職質受け、うろたえまくった今日この頃のぼくちん。
w-yura8.jpg

この釣り公園がユニークなのは陸から簡単に桟橋でアクセスでき、イカダの上で釣りが出来ると言うことだ、その気になれば団子で本格的なチヌ釣りもできるし、アオリイカも期待できる、水温が安定すればチョィ投げでキスが釣れる、もちろんサビキでのアジ、イワシなども出来るのでファミリーにうってつけ。但し、水温が上がる夏場のフグやチャリコの猛攻も視野にいれたほうがいい。餌、飲料は県道24号線沿いの管理棟で調達可能。

w-yura9.jpg

w-yura10.jpg

w-yura11.jpg
この桟橋から釣り座のイカダへアクセスする。
w-yura12.jpg

w-yura13.jpg

w-yura14.jpg

w-yura15.jpg

w-yura16.jpg

w-yura17.jpg

w-yura18.jpg

w-yura19.jpg

w-yura20.jpg

w-yura21.jpg

w-yura22.jpg

w-yura23.jpg

w-yura24.jpg

アクセス

より大きな地図で 和歌山中紀 を表示
posted by マッK at 16:58| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

和歌山中紀南部・堺港と大阪谷川のメバリング

tanabe1.jpg


いやあ、みなさんお久しぶりです、お元気ですか(水爆)。
プロバイダのトラブルやPCの不具合が重なり全く更新ができませんでした。パソコンががポツコンになってしまいスペックがかなり落ちてしまいました、静止画はなんとか読み込み、補正できますが動画は重くなり編集不可能な状態となってしまいました。マッディウオーターの他に新たにサイトを立ち上げたはよかったですが記事一つエントリーしただけで糞詰まり状態が続いております。しばらく落ち込んで釣りに行ける状態ではなかったのですがこのままではマッディウオーターの消滅に繋がるやもと言う危機感を感じて久しぶりに釣り場へ赴き、親のカタキみたいに写真をバシバシ撮りまくってきました。これから順次、だましだましエントリーして行きますのでご安心下さい(ほんまかえと思いの方、ご安心下さい私自身そう思っております^^)本当に申し訳ありませんでした。


和歌山中紀南部・堺港(南の釣り場)


tanabe2.jpg

久し振りの更新一発目はまだこのマッディウオーターでは紹介していない和歌山の南部にある堺港。正直突っ走りすぎた感がなきにしもあらず、兎に角無目的かつ盲目的に南を目指したら脳内で釣りをする時間、帰る時間を計算したらここへたどり着いたわけで、ここでなくとも釣りさえ出来たらどこでもよかった。しかし、この堺港、ここで紹介しているのはほんの端くれの釣り場に過ぎない。メインらしき波止が数本漁港を覆うように東西ににょきにょき伸びてかなり大きい釣り場なのである(私にはとうてい特定しょうがない)したがって新参者がここはこうなどと一言で魚種その他釣りに関してもろもろに能書きたれるのは単なるよだれたれのうわべたれの能書きたれにすぎない。まっここに限らずいつもいいかげんだが。
tanabe3.jpg


ここへ来る前メバリングをおもくそしょうとワームやら何やらアイテムをごっそり仕入れて意気込んで来た、しかし、スカ喰らった、スカ喰らったと言うのは釣れなかったと言う事でもあるのだがしかし、それ以前の問題があるのを知らなんだ。この漁港の近くにある有名なエサ屋さん「釣太郎」にメバルの釣況を聞いてみると「いない」という。「いない」というのはどういうことか、言葉がたらないか言葉が違うかどっちかだが?やはり大阪近郊同様気候が温暖になった原因でシーズンは終わったということなのか?と聞いたら店員さん「違う」私「?」店員さん「いないのです」私「??」店員さん「もともといないのです」私「???」店員さん「ここにはもともといないのです」私「????・・・み、店に・・」店員さん「店ではありませんこの田辺一帯にもともとメバルなどいないのです」私「?????」店員さん「早い話ここには棲息していないと言う事です」私「????????」

こんなきれいな海にメバルいないて知ってたか?

tanabe5.jpg


なかば方針状態で氷を買い、浮浪者のようにふらふら店を出て真昼間ぼ〜としながらつぶやき始めた、あ〜知らなんだ、知らなんだメバリングのない地域があるのをあ〜知らなんだ、知らなんだ。サイクリングあるのにメバリングないでやんの、サニクリーンあるのにメバリングないでやんの、イカリングあるのにメバリングないでやんの、アイスクリンあるかどうか知らんけどとにかくメバリングないでやんの。
車のそばからすぐ竿が出せる、しかし、この日大潮の干潮潮止まりで誰も竿を曲げていなかった。
tanabe4.jpg


tanabe6.jpg

塩分濃度の違いか生態の違いかわしにはわからんが、投げ釣りのカレイもそうだ、大阪を基点として言うならば南に近ずくにつれ、その棲息が希薄になる。中紀あたりが棲息域分布のボーダーラインにあたるらしい。メバルが果たしてそうなのかは不明だが久しぶりにお勉強した気分だ。しかし気合い入れすぎたメバリングが出来ないショックも少なからずある。
tanabe7.jpg

「ガシラなら・・・」エサ屋の人も現地の釣り人も一様に同言したがガシラならと言われたらガシラかぁ・・と思わざるを得ない。
しょうがないから買ったばかりの穴釣り用タックルセットしてテトラのある波止に上がった。しかし、大潮の干潮潮止まりらしくテトラの穴を覗くと地獄があらわになっておるわ、地ベタがクチをぱつくり開けて私を「ワルあがきやめてそろそろみっともなくズリ落ちてズタボロになったあげく、いさぎよく死になさい」とさそっっておる。波止からの高さがかなりあり恐ろすいのとむなすいいのとで決定的にここにいる理由が無くなった「移動しょ」。
今思うとガシラでもいいのだが時間が・・・・
tanabe8.jpg


時間が・・・・
tanabe9.jpg
前述したとおりエントリーした釣り場はほんの南側の一部分でしかない。西側にはかなりの規模の大波止がありサビキなどのファミリーなども多い。しかし、写真にあるここや隣接する田辺特有の平らで低い磯や波止は大物も数多くあがるらしい、フエフキやイシダイやコロダイなど大阪ではなじみのない大型魚が腰を据えて狙えるがやはりここでもアオリ狙いの人が目立つ、家財一式並みの道具を波止上に並べて泊まり覚悟できているヤエン師もいた。ガシラなんぞそこらじゅうゴミみたいにいるらしい、しかし、ここまで来てガシラはないぞ。


穴を覗くと死神が・・・・
tanabe10.jpg


エギンガーだの
tanabe11.jpg


竿釣りだの
tanabe15.jpg

この後大阪側へ戻る形で中紀の釣り場を廻ったが(今後更新予定)和歌山ではシーズンオフのメバル目当てであった為すべてサクサク行動であった。そしてやはりエギでもヤエンでもアオリイカの人気は凄かった、ファミリーのサビキ片手間でエギを投げる光景など当たり前なのだ。気になったのは本格的な投げ釣り師の姿は皆無に近かった、GW利用して早場のキス目当てで遠征しているのだろうか。
tanabe12.jpg


中ほどにある波止、本来ならばここを紹介しなければならないが、ほれ、時間が・・・
tanabe13.jpg


穴を覗くとほれ、死神が・・・
tanabe14.jpg

GW初日であったが行き帰り全く渋滞にあわなかった。私が高速を全く使わないで一般道を走っているせいもあるが、多分多くがETC最後のかけこみ消費で普段高い高速料金の淡路や四国に集中したのだろう、信じられないくらい和歌山はガラガラだった。


イカ狙い、しかも大型があがるらすい
tanabe16.jpg


tanabe20.jpg


寝とる、死神がほれ、そこに・・・
tanabe17.jpg


tanabe18.jpg


漁港
tanabe19.jpg


tanabe21.jpg


おまけ・深日、谷川でオフ直前のメバリング


tanigawamebaru4.jpg

昼飯などで狙いの食い物を想像するともうクチがその食いモンの味を欲してくるのが常でたこ焼きだったら、たこ焼きのクチになりラーメンだったら、ラーメンのクチになる。たこ焼き喰いたいクチなのにタイ焼きしかなかったら、ラーメン喰いたいクチなのにソーメンしかなかったら誰もが終末的な怒りに達するに違いない。
和歌山へ行く時からメバルのこぎみよい引きが脳裏に焼きついていた為メバルのクチになっていた。南へいくほどデカイメバルに会えるに違いないと言う単純にして無知なる煩悩はエサ屋の店員が言い放った冷徹な言葉にいともた易く崩れ果ててしまった。メバルなぞ居ない中紀の徘徊をそこそこに大阪深日へ車の鼻を向けたのは当然の事だったが深日に着いたのがすでに22時を廻り、満潮上げ七分真っ只中であった。「メバルのクチ、メバルのクチ」と自身をせかしながら早々とタックルの準備を済ませスロープ前にグロー系ネジワームを放り込んだ。ゆっくり引いてくるも反応無し、「メバルのクチ、メバルのクチ」と呪文を唱え船だまり波止際攻めるがゴミ引っ掛からんだけましかと思った途端、係留ロープにネジワーム引っ掛け、おつさんあせるのなんの。深夜のおつさんあせるのなんの。
「メバルのクチ、メバルのクチ」とボケボケ老人みたいに呪文を連発し、ここでの攻防を断念、第二戦場の谷川へ。

tanigawamebaru7.jpg
だいたい今の時期大阪で常夜灯のある漁港でメバリングやる奴はいるのだろうか。自身が書いた絵図にだんだんと不信感さえつのらせてきた。「何がメバルじゃ」疑問に疑問が覆いかぶさり「テトラのガシラでもええか」と車の中で寛容姿勢すら見せ始めたから始末に終えん。おつさんはすぐ方向変換するのだ。深夜のおつさんはすぐおいしいところにいともた易く方向変換しても恥ずかしいとも何とも思わないのだ。深夜のおつさんに初志貫徹と言う言葉は無用の長物以外何物でもないのだ。前をとろとろ運転の車が視界に飛び込んできた。「ええい、急いどんじゃこちとら!!」深夜のおつさんはあせると時折江戸弁おりまぜながら暴走する傾向があるのだ。「ケツまくれ、ケツまくったらんか〜い!!」と深夜のおつさんの背後霊がちんぽの先っぽがあこうなったさかりのついた猫みたいに雄叫び狂うておじゃりまするわ。ケツまくろうとした瞬間、○ン中にひし形のエンブレムが目に飛び込んできた。「ま、あせることないわな、こどもやないねんから」深夜のおつさんはすぐにおとなしくなるのだ。深夜のおつさんは○ン中にひし形のエンブレムと○ン中に書かれたBMWには寛容な姿勢をみせる傾向にあるのだ、そうそう最近では○ン中L型マークのエンブレムの車やハマーなる装甲車みたいな車ががぴたりと背後に付かれた時にはすぐさま道をゆずる傾向のある事も忘れていないのだ。
「ま、あせることないわな、こどもやないねんから」

おまた!
tanigawamebaru1.jpg
「あほんだら、あほんだら、あほんだら」谷川に着いたのは23時を廻ってからだった。
「ベンツのあほんだら、おかげで時合いのがしてもたやんけ!」深夜の漁港に苦悶とも取れる呪文が小さくこだましていた。「あほんだら、あほんだら、あほんだら」ぶつぶつ言いながら光に照らされた水を見てため息点いた、「すけすけ」底まできれいにみえとる。

おまた!
tanigawamebaru3.jpg

「すけすけは女のぱんちーだけでえーね!」呪文となえながらとりあえず、ガルプのジギンググラブ1.5を放り込んだ。「あほんだら、あほんだらベンツのあほんだら」呪文となえながらとりあえず、ガルプ引いてきた。「くん」軽い引き込みがあった。「なんかおるで」小さくも軽い喜びが沸いてきた、「なんかおるで」期待込めて再び光の明暗部へキャスト、引いてきたが今度は反応がない。「あほんだら、あほんだらベンツのあほんだら」小さくも軽い喜びが呪文へと変わった。再び明暗部へキャスト「くん」軽い引き込みがあった「なんかおるで」小さくも軽い喜びが沸いてきた、「なんかおるで」キャスト、反応なし、「あほんだら、あほんだらベンツのあほんだら」キャスト、僅かな反応「なんかおるで」

おまた!
tanigawamebaru2.jpg


おまた!
tanigawamebaru5.jpg

「らちかんぞ」とリトリーブの速度を変えた、「らちかんぞ」すぐさまティップに小さな振動が走った。今度は乗ったようだ。ゆっくり海面からそやつを抜き上げた。「おったで」10cmあるかないかの子メバル。「おったで、やっぱり!」元より今の時期型なんぞ期待していなかった、自身の描いたシチエーションでメバルの引きが楽しめたからそれでもうおっさんは満足であるのだ。常夜灯のある漁港のメバリングと明かりの無いテトラでの底近くや底をずる引くメバリングとどちらが好きかと言うと楽しさで言えばは常夜灯のある漁港のメバリングの方がおっさんは好みである。常説通りの釣りもいいもんだ。
おまた!
tanigawamebaru6.jpg

しかし、潮止まりのはずと思ったが僅かにゴミが流れている。帰って潮見表をみなおしてみよう。当然深夜のおつさんは帰って潮見表などみなおす勉強熱心ではない、言ってみただけだ、言ってみただけ。その後ワームやプラグをとっ替えひっ替え8cm〜15cm未満の小サイズを20匹ほど追加したところで潮がぱたっと止まり海から生命反応が途絶えた。
時計を見ると2時を廻っていた「帰って潮見表をみなおしてみよう」おつさんは満足して「次は日本海やで」と嘯きながら帰路についた。


アクセス

より大きな地図で 和歌山中紀 を表示
posted by マッK at 03:55| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする