2013年10月29日

チニング・シーバッシング 2013年9月22日〜10月23日

sr-2 320x284.jpg

また更新遅れました、すいません。
釣行はある程度重ねていたのだが、いざ更新となる段になって仕事の再開や親父の死、法要など重なってそれどころではありませんでした。
実は前回諸事情の為、動画を貼り付けませんでした、楽しみにしていたリピーターの事を考えその反省から貼り付け動画を前回チニングで同行した新メンバーで何とか今回の更新で実現しょうと思っていた次第であります。動画の編集もサカナが釣れた画(え)しかUPしないと言う自身が決めた基本理念(ボーズの画を「ようつべ」にUPしてもへんずりにもなりゃしない)がアダとなり、サカナの取れた釣行が少なく必然的に発生した画の尺足らずに耐え、悶々とした日々お送っておりました(ま とりあえず嘘ですが)幸い同行者、私含めた小さいながらも釣魚のガタイが映り込んだ画も搔き集まったところなので「仕方ないのぉ」と思い、重い腰を上げた次第であります。断っておきますがとりたててデカイブツ上げておりませんので期待しないで下さい。

9月22日・チニング
h-6  320x234.jpg

前回同様私的に多勢な3人での釣行である。甘い水を含んだ(汽水域)貯木場は年中手軽にチヌが釣れる絶好のエリアである、しかしながら絶好の潮と読んでの釣行も不可解な自然界の気まぐれで「?」となることが多々あることも事実。「?」が何かわからないがとにかく「?」が作用してしょぼい釣りに終始したのは事実である。今回もそれにあてはまっているに違いない、中潮の下り最中で常に水が動いているに関わらず「?」の為、中々サカナがクチを使ってくれないのだ。
3人で「?」をしょいこんだまま探り歩くがバイトはそれなりにあるが中々実務にいたらない。
「?」の中口火をきったのは前回も好調さを裏ずけたヤマちゃんだつた。「釣れた」と聞こえたみたいなので振り返ると生後何ヶ月かのセイゴをぶら下げていた。サイズと魚種の違いはともかくサカナのガタイをみれただけでもありがたやなのだ。
h-2  320x365.jpg
ライフベストと同色で目視しずらいがヤマちゃんが釣った乳飲み子、とりあえずサカナを見たので今後の期待値とポジティブに無理やり思考した。
しかし、さぐり歩いてもコアタリばかりで一向に女神の降臨は拝めなかった。
数時間後私に木の葉みたいなキビレが針にかかりひらひらしておる(写真撮ったはずなのに何故か重箱の隅をつついても画像が見当たらなかった、ま、いいが・・;)同時期またまたヤマちゃんが竿をひん曲げている。
前回に続いてわしが釣ったひらひらチビレのあてつけみたいな良型46せんのキビレあげてやんの。
h-5  320x416.jpg

h-4  320x390.jpg
その後もバイトはあるが自然界の「?」にまとわりつかされとうとう私とオキちゃんは活躍しないままストップフィッシングと相成った。
h-1  320x402.jpg
オキちゃん・・・


10月13日 シーバッシング
sr-1 320x218.jpg
貯木場でまるでいいことなかった沖ちゃんはシーバスが釣りたくて仕方が無いようだ。それではと行けばそれなりに釣れる確立の高い知る人ぞ知る絶好の運河ポイントへ10月13日の連休最後の夜案内することにした。私もこのポイントは久しぶりに入る、かって知ったるポイントなのだがしかし、着いて海面を見るとあちこちイワシがぴちぴち跳ねてやんの。潮が悪いと判断して多分難しいだろうと予測していたが明暗ポイントにシーバスらしき波紋と航跡が頻繁に目視され、もう釣れる雰囲気むんむん。沖ちゃんにここでのメソッドを伝授するが全く反応がない、そう言えば一年前にも一度入って無反応だったことを思い出した、それ以来来ていない。後から下の方に入った人が入れ喰っている様子が視界に入った。その人のそばまで言って聞いてみると30せんから50せん前後を10匹程度上げているそうな。
sr-5 320x218.jpg
その人のポイントを見るとくっきりと明暗がわかり明の部分がものすごく明るい。
以前はこのポイントはこんな風ではなかったと思うし(少なくとも10年前までは)実際あまり実績らしき物もなかった。
明暗だけ見ると明らかに以前と違う。どうやらここでのヒットポイントがだいぶ前から変わっていることに気がついた。入れ喰った人が帰った後入れ替えで沖ちゃんが入ると図ったように釣れだした。
40ちょいだが久々の獲物にうでしそうな沖ちゃん。
sr-3 320x412.jpg
今回は山ちゃんも同行したがシーバスはあまりやったことがないそうだ。したがって釣る要領も理解できぬままシーバスゲームに突入したようだ。沖ちゃんが何匹か釣った後明朝から旅行に行かなければならない山ちゃんと無駄に歳くいすぎているためにおこる慢性疲労の私はもう終わりにして帰ることに。それに同調してライントラブルをきっかけに終わりにしょうと一旦帰り支度をした沖ちゃんは、シーバスのボイルがドタマから離すことができず、とうとう単独でリーダー組みなおし再びゲームを再開したらしい。その回あってかその夜は続けて数匹あげて帰り、次の月曜夜も再度訪れ、二桁に達するまで釣って、おまけに最近61cmGETしたそう。
沖ちゃん、ほぼ二晩にこのサイズを入れ喰って二桁あげたそうな。山ちゃんもその後めでたく数を釣ったそうだ。
sr-4 320x186.jpg

その後私はその話に触発され、よせばいいのに10月18日の大潮の下げ止まりを狙って同ポイントにシーバス単独釣行したが、47せんの微妙なサイズを一本あげたのみに終った。ちさいサカナならちさいサカナを数上げれば満足するだろうとメバルロッドのライトな釣りに気分を高揚させようと試みたがストレス発散の釣りがストレスマンマンの釣りに変貌した日でもあった。
写真だけでもでかく見せようとでかいサイズでアップしてやった(爆)実際は47せんぢゃ。
sr-6 320x720.jpg

当日のルアー・シンペン60mmRH
sr-8 320x187.jpg

sr-7 320x166.jpg

sr-9-320x238.jpg

こうなったらどうにかしてシーバスのガキドモを束にしていじめてやらにゃと10月23日、別の運河ポイントへ、バチ意識などしないで、にょろx2でも釣れるだろうとメバルロッドひっさげてやったら、ようやく私も二桁達成した。いやぁ、子供をいじめるのはたのすい〜(爆)
メバルロッドとにょろx2
sr-10-320x245.jpg

わいも別ポイントで35せん〜50せん入れ喰った。
sr-11-320x238.jpg


記事連動動画どす。動画内で9月23日〜10月19日となっていますが本記事タイトルどおり9月23日〜10月23日の誤りです。

posted by マッK at 20:47| 大阪 ☀| Comment(6) | ルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

RBB エアーライフポーチ MK-II 14 / Rivalley(リバレイ)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。